プログレ残骸

わけあって大量のCDを処分することになりました。オークションに出せば多少高値が付くかも知れませんが、労力と費やす時間を考えると普通に買取に出した方が手っ取り早いので。

持っている盤も20年物など少なくなく、そろそろ価値もなくなってしまうのではないかと思ったからです。部屋の整理も兼ねて大英断を下すことにしました。

とりあえずのところ、比較的レアなものが揃っているプログレから手を付けることにしました。まあ今ではプログレ自体が希少という事情がありますが。

先ずアーチストごとに整理などを始めると、これが思いの他大変。いや、予想通りの展開と言いますか、それすら上回る厄介さが付いて回るという事態に。

抱えているCDが千枚を超えてくると、もうどこにストックしたか分からなくなるのですよね。同じアーチストでもよく聴くアルバムとそうでないのとがあり、手元にあるのもあれば、段ボールの一番下に格納されているものもある。

それらを全て寄せ集めて・・・寄せて寄せてボリュームを持たせれば、1stから全て揃っていなくても、なんとなく見栄えが出てくるからです。要するに「盛っておく」ことが大切ということ(なんで新宿二丁目みたいなことになっている

部屋のスペースの都合上、出してはしまっての連続。パズルのように手順が大事になってくる。出しっぱなしだと次の作業が出来ないんです。段ボールを上に下に・・・腰にキますね。

そして何より厄介なのが、私はCDの帯を本体と分けて保存するクセがかつてあったのです。それを仕分けてセットするのが天文学的大変さ。

買った順に帯がまとめてあるのですが、それだと探し難い。だから最初にジャンルごとに大まかに分類。そうしてようやく「プログレ」の中から帯とCDの付け合わせをして行くことになります。

どんだけ大変かは口では言いません。一度、私の家に来てやってみればいいさ!(なぜ怒っている?

トランプでいう「神経衰弱」の「名人向け」バージョンって感じ。だけどそのお陰で「帯があるものは必ずどこかにCDがある」ということが分かる。だから見つからないヤツは・・・また段ボールをひっくり返して探すんですよ!(これで本当の意味でどれだけ大変かが分かるでしょう

ここまで見てくると苦労が絶えないように思えてきますが(実際そうなのだが)、ただ帯を分けて保管していあるために「日焼け」や「シワ」「折れ」などの被害が最小限に抑えられるという良い面もあるかと思います。もっとも保管の仕方が悪ければカビが生えたりするかも知れませんが。

幸い帯に損傷はなく、これなら買取後にCDラックに収まれば、外面だけは「新品同様」みたいに見える・・・はず?

こういったギミックも必要だということ。特に「プログレッシャー」はこだわりのコレクターが多いので、そいつらの目を惹くには同じ気持ちでCDを扱っておかないとダメってことです。

「あ。ここら辺の処分したヤツのCDは大丈夫そうだな」

こんな風に思わせたら成功。こういうのって意外と伝わるものなんです。保管の仕方、あるいは荷物を梱包するようなときにも人間性が表れてくる。なので、みなさん気を付けましょうね。

仕分けをしながら、その作業BGMとしてプログレをセレクト。せっかくなのでパソコンにデータをバックアップしながら、せめて「データ」だけでも残そうと些細な抵抗を試みます。

この三連休中に百数十枚に及ぶアルバムをバックアップしました。「懐かしいなあ」と思う反面、意外と細部まで曲の構成やメロディを覚えていて、自分がどれほどその作品を聴き込んでいたかを再確認するに至りました。

ほとんどが昨日も聴いていたんじゃないか?くらい耳に馴染みあって、ある意味では「いつもの感じ」にしか思えなかったのがほとんど。純粋に「音」という意味では身体に染みついていて特に感慨を覚えるということはありませんでした。

ただやはり「CD」として見た場合、そこにかけた自分の「想い」と言ったものを痛感せざるを得ませんでした。

ムゼオやラッテ・エ・ミエーレ、そして自分が最もインパクトを受けたマクソフォーネはイタリアン・ロックから。

一時期ジャーマン・プログレにはまっていて、そこからアモンデュールだとかコズミック・ジョーカーズなんかを聴くようになった。それが高じてアンソニー・フィリップスやクラスターなんかのミニマムなものまで手を伸ばし、ファウストなんてキワモノの来日公演まで出向いたのは楽しい思い出(会場となったかつての新宿リキッドルームで「煙」を炊いたせいで消防車が駆け付ける事態となり、バンドが「出禁」になったのは更に楽しい思い出w

英国の抒情派はもちろん好き。バークレー・ジェームス・ハーヴェストにルネッサンス。エッグやドゥルイドのシャープな演奏に刺激を受けた。

アメリカにも素晴らしいバンドがいて、カンサス・・・はベタ過ぎるけど、イーソスそしてシンフォニック・スラム(はカナダだけど)なんて生まれる国を間違えたのではないかと思うくらいユーロな雰囲気が満点。

ピッキオ・ダル・ポッツォやラード・フリーのようなアヴァンギャルド。ファンキーなキャパビリティ・ブラウン、ソウルフルなアフィニティではあるけれど、どこか幽玄な佇まいを見せるのはアートワークの成せる業か。

ジャーマン・トラディショナルなエムティディやミソス。フュージョン・オーケストラのハードさ、クワイアット・サンのタイトなプレイ。マニュエル・ゲッチングは私にとって本当に特別な存在だし、だからスティーヴ・ヒレッジ(Khan他)もリシャール・ピナスも敬愛できるミュージシャンであると思える。

グリフォン、クェラ・ヴェッキア・ロッカンダ、イースト、ドゥルイド、エスペラントなどは実に才能豊かな集団である。チェルヴェロ、サーカス2000は本当によく聴いていた。

サグラドにセカンド・ハンド、ヘルダーリン、エルヤーナス・トレッゴード、ブラック・ウィドウ、サード・イヤー・バンドなどなど。
挙げていったらキリがありませんが、特に思い入れの深いフォルムラ・トレの「神秘なる館」を聴いていると、特に1曲目などまるで「別れの歌」のように聞こえてくるから不思議。実際に彼らにとってのラストアルバムがこれ。

U.K.の1stをトレイに乗せたときは、思わず涙が出て来てしまいました。「イン・ザ・デッド・オブ・ナイト」なんて変拍子ですよ。変てこな拍子なんですよ?これで何が悲しくなるのか分からない。

ただね、なんとなく。これでオレの青春が持っていかれるのだなと、漠然と意識したというところはあります。募る思いは間違いなくこの音楽の中にあったと・・・。

かつてはそれこそプログレだけで三百枚くらいはあったと思うんです。だから本当は日記のサブタイを「プログレ三昧」にしようかと思ったんです。でも以前にも売り払っていてそんなに残ってないから「残骸」とした次第。

おいそれじゃ看板に偽りありじゃないか!と指摘されたら、そりゃもう「プログレ三百代言」と銘打って、あえて詭弁を犯そうじゃありませんか!

まったく住みにくい世の中になったもんです。売らないで済むならCDなんて売りたくない。何より手間が掛かるのだから!

「思い出は形じゃない」とはよく言いますが、でもやっぱり「手元にある」安心感ってのは無視できるものではない。「形」があるからこそ「確認」し易いわけですから。

「手触り」とか「匂い」でよみがえる記憶も少なくない。

これで遂に「音だけ」しか残らなくなってしまうわけですが、だけど苦労してバックアップを取ったデータをこうして一覧してみると、それはそれで壮観なものがあります。

これだけで満足できる気持ちになれるのも確か(笑)

手放した「思い出」たちが良い人に拾われてくれることを祈るばかりです。

ボロボロになって傷だらけになってもいいと思うんだ。別の人の「思い出」になって行けばいいのだから。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014/09/15 20:14 | 日記COMMENT(5)TRACKBACK(0)  

コメント

お宝ありそ

今は、U○I○Nの買取りとか安価なんでしょうねぇ。。。

いっそ、こちらにリストを掲げて個人売買なんてのは如何

って、自分の触手(琴線)が動きそうなの一杯ありそうだから提案してみましたw


No:675 2014/09/16 21:53 | きぃた #- URL [ 編集 ]

>きぃた氏

そういう手も考えたんですが、これから始まる買取アップキャンペーンに合わせなきゃならないんで、時間的にも労力的にも余裕がないんですわw

それと意外とヤクラとかのカルトなヤツは持ってないんで、案外趣味に合わないのが多いかも。なんだかんだシンフォニック系が主体になりますからね、プログレはw

CDを売りさばくにはタイミングを逸した気がしますが、盤が劣化して聞けなくなる危険性もあるので、手放には最後のチャンスかなって感じですね

No:676 2014/09/16 23:37 | ちぇっそ #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:677 2014/09/17 07:32 | # [ 編集 ]

こちらもCD大量に処分しようかと思っているんですよね。
引っ越ししてから整理してあってもなくてもいいようなCD、
こちらも500枚くらいあるかも。
主にメタル系で、多少プログレ、フュージョン、ゆかりんや掘っちゃんとか笑
買い取りしてもらうのもいいんですがそれだとちょー安いから思い切ってヤフオクデビューしてみようかと。
気長に楽しみながら頑張って10万くらい目指してみます!
お互い頑張りましょう!

No:678 2014/09/25 18:31 | てっしー #- URL [ 編集 ]

>てっしー

な、なるほどっ!
気長に構えるならヤクオフもありなんだろうね
こっちはまとまったお金が欲しいのであまり時間がないからなぁ~
もうね、CDのバックアップに心が折れそうになってるけどw

No:679 2014/09/25 19:57 | ちぇっそ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking