FC2ブログ

「フリージング ヴァイヴレーション」第5話

【Noblesse Oblige】
なんて・・・ことだ!


人工的にパンドラを生み出すために開発されたMk4は未だ完成度が低く、その危険性を訴えようと独自に調査を進めていたエリザベスさんの計画がシュヴァリエ統括本部の知るところとなってしまいました。

これは明らかに組織に対する反逆であるとして、エリザベスさん本人は拷問を受け廃人と化し、メイブリー家はシュヴァリエからの報復にあい、あるはずのない汚職をでっちあげられてしまうという展開。

悪を暴こうとするエリザベスさんの尊い行動がこのような悲劇を生むことになるとは。拷問後のエリザベスさんの姿には本当にショックを受けてしまった・・・。

今回、このエリザベスさんを見舞った事態から、改めてパンドラとそのバディであるリミッターとの関係性と絆の深さと言うものを実感することになりました。

エリザベスさんのリミッターであるアンドレは、彼女に無償の忠誠を誓い主人と行動を共にすると宣言する。だからこそ彼の慟哭と言ったものが伝わって来るのであります。

ここまでしなければならないシュヴァリエのやり方。組織の本性とは一体どのようなものなのか。Eパンドラが単なる人体実験のモルモットに過ぎないとしたら、パンドラそのものはどのように位置づけられているのか。彼女らが本当に戦わなければならない相手は、果たしてノヴァだけだと言えるのでしょうか。これまでにも増して物語が緊張感にみなぎっております!

さて、エリザベスさんから受けた攻撃で療養を余儀なくされた我らがサテライザー先輩。エリザベスさんは自分の身にこのようなことが降りかかることを予想して、サテラさんを傷つけたことが分かります。まあでも手足打ち抜くなんてやっぱり酷いけどw

自分のリミッターであるカズヤと共にバリ島へやって来ました。でもただのバカンスじゃない。姉が経営するホテルへ赴き、そこで今後の作戦を立てる見積もりのようです。エリザベスさんがなしえなかったことを今度は自分がと考えているようです。

ところが、ここにいたのは姉だけではありませんでした。サテラさんの兄に当たる人でしょうか。ルイスと言うのが登場しました。サテラさんはこの人物が苦手なようですね。何か不穏なことが起こりそうな予感。来週も楽しみです!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : フリージング ヴァイヴレーション

2013/11/03 23:49 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking