「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21」 -ベスト賞編-

アニメ評価企画、ベスト賞への投稿です!
ベストキャラクター賞
比企谷八幡(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

-まるで自分自身を見ているようでした。いや、私自身はそんなぼっちじゃないですけど。彼の擦れ方、世の中を達観した姿勢に恐ろしく共感出来てしまった。すごく好きになれたラノベキャラでした!次点はチェインバー。人工知能を人間以上に人間らしく描いたところに虚淵さんの人間嫌いを見た気がしました(笑)「悪の華」の中村さんも良かったですね。彼女に萌えられたら本物です(何の?)。-



ベストOP賞
[カニ☆Do-Luck!]あいうらぶ(あいうら)

-謎のカニ推しOPで決定!なに?カニ?えぇー!?という残念感とともに、あの耳に残る麻薬性にノックアウトです。ん?マジメに選んでないだろうですって?いいえ、いたって本気ですよ!後は「北斗の拳DD」のパロディソングもウケたけど、まあ替え歌だったしね。「むろみさん」もインパクトがあった。歌っている人がロシア好きなのもいい。「アザゼルさん」も一期よりインパクトは落ちるけど、よく練られていて聞くほどに味わいが増すんだよなぁ。何気におもしろOPが充実していたクールだったかも。-



ベストED賞
「花」ASA-CHANG & 巡礼(惡の華)

-正直悩みました。歌として一番好きなのは「ヴァルヴレイヴ」の「僕じゃない」なんですけど、やはり作品のインパクトと相俟って、この曲がもたらしたセンセーショナルな衝撃は無視できないものだったので。「百花繚乱」の電波ソングも楽しかった。「天誅でご・ざ・る!」。「はたらく魔王さま!」のメインEDでは、麦わら帽子の女の子いいねぇと思わせるものがありました。-



ベスト声優賞・男性
杉田智和(翠星のガルガンティア〔チェインバー〕他)

-杉田さんに入れるのはこれで2回目かなぁ(つりたま以来か)。正直言いますと、個人的にはあまり起用じゃない人だと思っています。個性で勝負してる分、キャラを選ぶ気がするのですね。でも時々妙にハマる役柄と言うのがあって、チェインバーは杉田さんなくしては成り立たなかったと思っています。他には比企谷八幡を演じた江口拓也さん、「ガルガンティア」でレドを演じた石川界人さんが印象に残ってます。異星語の習得、ご苦労さまでしたw-



ベスト声優賞・女性
阿澄佳奈(這いよれ!ニャル子さんW〔ニャルラトホテプ〕)他>

-ほんとにね、あすみんの声が大好きなんです!ニャル子さん萌えー!です。他には「惡の華」チームの伊瀬茉莉也さんと日笠陽子が素晴らしかった。演技を超えたリアリティ、あるいは狂気がもはや神懸かっておりました。「デート・ア・ライブ」において、久々にマリナさんのデレた演技が聞けて嬉しかったです。俺たちのマリナが帰ってきた!-



【以下、総評的なものへと続きます】

総評的に>
個人的には「ガルガンティア」一強と言った感じでした。単純に私のSF趣味にぴたり合致したことがその要因なのですが、別の見方をしているブロガーさんでは評価が一変。意外に思って、作品を改めて見つめ直してみたりした部分などもありました(笑)でもどの意見も納得のいくもので、そう言った点ででもまだまだ考察の余地のある懐の深い作品だと思いました。
「惡の華」のセンセーショナルさは忘れられませんね。色んな意味ですごかった、あるいは酷かったという印象があります(笑
「はたらく魔王さま!」、「俺ガイル」と、ラノベのアニメ化としては大成功と言って良い作品が2本もあったことは大収穫でした。もうラノベについてあきらめかけていたところだったのでこれは朗報。演出次第では充分映像化に耐えうることを示したことは、今後の可能性に繋がると思います。
「革命機ヴァルヴレイヴ」も色んな意味で話題性がありましたが、同時にスタートした「マジェプリ」とは、分割クールということで真っ向勝負を避けた形となり、なんかつまんねぇなと思ったことは内緒w
「俺妹」の完結があったわけですが、キャラに萌えなきゃいけない作品なのに、誰も好きになれないジレンマに悶々としました。キャラの性格改変がそのまま作品のブレに繋がった。と言うか、それ以前か。当初からキャラの描き方に悪意があったような気がします。そもそも私の肌に合わなかったのかなぁ。
「ちはや」に「うたプリ」今期も安定しておもしろかったですね。とくに、うたプリはストーリーに厚みが出てきた。この調子なら第三期あっても全然イケまっせ!
「クライムエッジ」の気持ち悪さも印象に残ってます。一歩間違えば放送事故だったぜ。
「レヴィアタン」と「北斗DD」良いクソアニメが揃い踏み。でも内海さんがねぇ、最初期の北斗の拳をリアルタイムで見ていた身としてはやはり辛い。
「ハヤテ」はほんと、見るに忍びなかったです。ほんとすいません。
はてさて、「惡の華」、「ヴァルヴレイヴ」それに「クライムエッジ」がほんの少し食い込む形で、歪な作品がいくつか見られたクールでございました。良くも悪くも話題を誘いましたね。まあたまにはこんな刺激があってもいいかも知れない。
そんなわけで6月終了分の評価まとめでした。ピッコロさまにはお忙しいところ、集計のほどよろしくお願いしたいと思います。ではでは!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/09/01 00:50 | 今期終了アニメの評価をしてみないかい?COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/09/30 | こいさんの放送中アニメの感想 |

▼記事▼:「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21」に参加。

久々に「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」ピッコロさん提案の、・今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21こちらに参加です。 いつも誘っていただいたにも関わらず、虫食いでの参加ですいません。この場で御礼とお詫びを申し上げておきます。 RDG(レッドデータガール)ストーリー:2キャラクター性:2画:5演出:4音楽:3総合的な評価:3 デート・ア・ライブストーリー:3キャラ...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking