FC2ブログ

「戦姫絶唱シンフォギアG」第1話

【ガングニールの少女】
最強の歌姫たち、再臨!


すごい。作画といい、モンスターの造形といい、前期とは見違えるようにハイクオリティになってるじゃないですか!(技術的なことはよくわからんが、たぶんねw

技名に「ほにゃららツェッペリン」とか「メガデスなんちゃら」とか「なんとかメイデン」とか付いているのが、往年のBASTARDを彷彿させたことはご愛嬌。その内「ジューダス・プリースト!」とか「クリス・インペリテリ!」とか出てくるよ、きっと。

個人的には今期一番期待しているアニメとなりますが、その期待に違わぬ出来栄えとなっておりました。

新シリーズに当たって、まずは新キャラが登場しましたね。

マリア・カデンツァヴナ・イヴ。世界的アーチストで、今回は水樹さん声の風鳴翼と競演を果たしております。ところがちょっとわけありな人物であり・・・。まあそれは後ほど語るとして。

シンフォギアに登場するモンスターは「ノイズ」と呼ばれる神出鬼没な化け物のわけですが、これまでは本能の赴くままに破壊行動に勤しんでいたのが、今回の行動では何か組織だった動きが見られるようになりました。

ノイズの組織化。これが今回のストーリーの肝となって行きそうな気配です。

そんなノイズを迎え撃つのが、今作のヒロイン立花響と相棒のクリスちゃん。前期では対立する場面が多かったのですが(もともと敵同士だったし)、今やすっかりこなれたコンビネーションを見せるに至っております。

前期の、日高のりこさん声のキャラと、水樹さん声の翼とのコンビを彷彿させるものがありました。日高さん声のキャラは亡くなっているのでなんだか嫌な予感がするのですが、今のところそれは忘れておきたいと思います。

だけど響きは日高さん声のキャラから力を授かっているだけに、余計に危惧してしまうことは否めませんが。第一話のアバンに繋がることのないよう・・・。

さて、ノイズの目的は「ソロモンの杖」を奪うことにありました。

ここでウェル博士と言うのが登場しそれの運搬に関わっていたのですが、一時は安全圏へ辿り付いたものの、間もなくノイズの奇襲を受けてソロモンの杖は奪われてしまいました。さらにウェル博士の消息が分からないと言う。

明らかに作為的なものを感じるわけですが、そもそもこのウェル博士が一癖あって、彼が一瞬見せた狂信的な仕草にどこか信頼のおけない様子が伺えたのですよね。彼が何に関わっているのか、その辺りの繋がりが気になります。

ではここでまたマリアへと話を戻して、彼女と翼がステージで競演していたときのこと。突如ノイズが現われ、会場を包囲しました。だけどすぐに人を襲う気配はない。ここでもまたノイズが組織だった行動しているのですね。

とここで、マリアが中継カメラに向けて口上を述べ立てます。

彼女は言う。「自分はフィンと言う組織のメンバーで、例え世界を敵に回しても・・・」と実質の宣戦布告。

さらにはシンフォギアを発動し、なんと「ガングニール」になってしまいました。

本来シンフォギアはひとつしかないもので、ガングニールは響が所有しているものなのですよね。ただしマリアがまとったガングニールは黒い色をしており、響のそれとは趣きが違います。

先ず何故マリアが宣戦布告を宣言したか。それは翼に対して少し語っていましたが、彼女は今の世界がこうなってしまったことを憂いているようです。これのヒントとしては、アバンで幼少期のマリアが絶望をまとって災害地を歩いていた場面。

恐らく彼女はここで全てを失ったと言うことなのでしょう。マリアは宣戦布告をし、何らかの方法で世界を変えることを目的としているのかも知れません。

そして黒いガングニールの秘密ですが、これを検証するにはまだまだ情報が足りませんが、失踪したウェル博士がこれに関係しているような気がします。恐らく博士がソロモンの杖を持っているので、そこから黒いガングニールを精製したと考えることも出来るかと思います。

博士がもともとマリアと関わりがあったのか、マリア(または彼女の組織)が博士を引き抜いたことで、後天的に関わることになったのかも知れません。

ガングニールが2つあるということで、もしかしたらこれで世界が改変できるということがあるとすれば。タイムパラドックスと似たような原理で、同じものがこの世に2つあってはいけない法則なんてのがあったりするかも知れませんね。

だからまた別の見方を加えるなら、マリアは別の世界線の人なのではないかと言う予想。まあでもその線はない、かな。

アバンで映っていた2人の少女。片方はマリアで、もう片方が誰なのか。まさかマリア、死んだ大事な人を生き返らせようとでも考えているのだろうか。

と言った感じで、第一話から伏線ばりばり張りまくりの第二期がスタートを切りました。

前期以上に歌に力が入っていましたね。バトルのスピード感も素晴らしかった。前期は見ていくうちに「あれ?これもしかしてすごくね?」と思いながらの視聴でしたが、今期は最初っから期待させてもらいますぜぃ!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 戦姫絶唱シンフォギアG

2013/07/07 00:01 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/07/07 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム |

2013年03クール 新作アニメ 戦姫絶唱シンフォギアG 第01話 雑感

[戦姫絶唱シンフォギアG] ブログ村キーワード 戦姫絶唱シンフォギアG 第01話 「玩具にールの少女」 #symphogear2013 人類を脅かす認定特異災害ノイズと、シンフォギアシステム

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking