「ギリシャ・ゾンビ」

原題は「EVIL TO KAKO」と言うギリシャ作品。推して知るべしのB級ホラー(Z級か?)なのですが、日本で紹介されるのが珍しいからって、制作国の名をそのまんま冠した芸のない邦題はいかがなものか。

洞窟の調査に赴いた作業員が、何か得体の知れないものに感染し人々を襲う。彼らに噛まれた者はゾンビと化して、また多くの人々を喰らい始める、と言うお話。だからストーリーなんてなし!とは言え、久々に正しきスプラッタ惨劇を見たと言う感触。

基本的には全て手作り。CGはほとんどの場合、実写と“古来の特撮”を繋げるためのインターフェイスに使われているのみ。メイキングを見ると分かるのですが(本編より面白い)、カール・ゼマンが開発したトリックアニメの手法を見ているようで、低予算をカバーするための涙ぐましい努力に哀れみを覚えます(時々技術的に失敗しているのはご愛嬌。本編で確認できます)。

お馬鹿に徹してはいるけども、その姿勢がクソマジメに追求されているので清々しい。あそこまで血みどろにはなりませんが、時に名作「BRAINDEAD」に迫る血しぶきのサービスにやんやの喝采。ジョージ・ロメロやダリオ・アルジェントに対するオマージュが、実に謙虚な姿勢で表現された作品と言えるでしょう。

最初の感染源がなんだったかなど全く回収されないし、壊滅して黒煙が上がっているのが見えるのに「それでもあそこに行けばまだ希望がある」と言ってなぜ軍の基地へ向かう?とか。途中で合流した女の子が“カンフー使い”だって言うディテールがどこで紹介されていたのか?などなど、いちいち突っ込んでいたらキリがありません。

地中海音楽とヴァンゲリスの故郷と言う土地柄。エキゾチックなテクノ音楽によって、チープな作品にアートでデカダンな彩りを与えてくれます。「ホラーにはセンスのある音楽を!」と思わずにはいられません。



@ちぇっそ@
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ギリシャ・ゾンビ

2008/11/05 17:40 | 映画/DVDCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

これ見たい

レンタルあるかな?
デビッドボウイの「ラビリンス」もB級で突っ込みどころ満載でした。
突っ込み甲斐のあるDVDナンバーワンは「ウルトラQ」ですけどね。

No:41 2008/11/07 13:00 | アラキング #- URL編集 ]

>アラキン氏

おっと、こいつはレンタルで借りて見たですよ。
TSUTAYAでサクっと借りられるはず。
内容はクソだけど、ゾンビの殺し方はけっこう楽しめまっせ~

No:42 2008/11/07 19:51 | ちぇっそ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking