FC2ブログ

「たまこまーけっと」第5話

【一夜を共に過ごしたぜ】
プール回と海回を一度にこなすなんて・・・。なんてレベルの高い演出をしてくる、さすが京兄ィ~!


臨海学校です!

泳げないたまこのために、みんなで市民プールで練習したのだね。だから前半はプールで後半が海と言う演出。

たまこの着ている水着が、スク水がちょっと競泳用入った感じデザインで全然色気がないのが、逆にリアルでそそると言う趣向ですね(そこか?そこなのか?

先日、某「修羅場になる」アニメーションでもヒロインが溺れていましたが、あちらに負けず劣らずたまこの溺れ方もかわいい。まあ正確には溺れてはいないけど、水が苦手なので顔を上げたときに必死すぎてグチャグチャになっている表情が良いのですね。この辺りに作画力を割いてくる辺りが京アニの憎いところだ。

さて臨海学校と言うことで、ようやっともち蔵が告白する気になりました。だけどやっぱり決心が足りないのですよね。そこへちょうど彼の独り言を盗み聞きしていたデラさんが、仲介を買って出る流れになりました。

これまで商店街の人間関係を取り持ってきた(鳥「取り」だけに)デラさん。果たして今回は恋のキューピッドとなれるのか!?

なれませんでした~(結果言うの早いオレ

これにはみどりによる妨害があったのですが、彼女の言い分ももっとも。「人(鳥)の手なんて借りないで、自分で言いなさいよ!」ははぁ。お代官さま、平身低頭でございます。

しかしながら実はみどりこそもち蔵のこと好きなのでありますから、ここにはたまこに対する嫉妬が介在していることは容易に想像できます。友達は好きだけど、それと恋とは別の話。しかも当のたまこはもち蔵をただの「もち屋仲間」としか思ってないから、「そんなむくわれない恋なんてやめて、私にしなさい!」って言ういじらしい気持ちが支配的だったと思われます。

このように、みどりの普通の女の子らしいところが実に可愛いのです。

デラさんのお節介によって、誰が誰を好きで、誰は誰をどのように見ている?と言う構図が見えてきたのがおもしろいですね。

ところで、ときどきはっとさせられる場面があるのですよね。今回はデラさんがもち蔵の部屋に掛かっている風鈴を、「これは招待の合図だ」と言っていました。

他にも「くしゃみ」をすることがデラさんにとっては「求愛」の印だったりして、こう言った人間界における何気ない仕草や習慣などが、デラさんの世界では違った意味を持っていることが伺えます。

デラさんのいた世界がどんなものなのか、わたし気になります!(使い続けて行きますよ?

まあでも、そこら辺の設定についてはあまり作りこんでない気がするので、デラさんの出生等が明かされるかどうかはほとんど期待してませんw

夏は短し恋せよ男女!もちみたいに粘っこく行け、もち蔵!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : たまこまーけっと

2013/02/07 21:35 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/02/10 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム |

2013年01クール 新作アニメ たまこまーけっと 第05話 雑感

[たまこまーけっと] ブログ村キーワード たまこまーけっと 第05話 「一夜を共に過ごしたぜ」 #tamako2013 #ep05 京アニの新作、絵の雰囲気はけいおんっぽくて、キャラクタも好感も

2013/02/11 | Old Dancer's BLOG |

たまこま―けっと 第5話「一夜を共に過ごしたぜ」

 毎度、思うんですがね。  灼熱の、とは言わないまでも、そこそこにアツいナツの描写をですね、何でこんなに冷え冷えとした真冬のど真ん中にですね、愛でなくてはならんのか、...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking