FC2ブログ

「中二病でも恋がしたい!」第11話

【片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)】
よもやこんな鬱展開が待ち受けていようとは・・・。


ねぇこれ鬱展開ですよね?もう鬱展開って呼んでいいですよねぇ!?

勇太の言うことを聞いて中二を卒業した六花。料理修行にイタリアへ旅立つことになった十花お姉さんもこれで安心・・・。

ってのは建前で!

いやもう、頑なになってしまった六花を見ているのが辛いですな。これまでは「中二病」こそが彼女のアイデンティティだったと言えるわけで、それを捨てたいま、六花は話す言葉や自分自身の信じるものまで失ってしまったように見えるわけです。

コミュニケーションすらままならなくなった六花は、勇太との会話も満足に出来ておりません。それが2人の間に距離を作り、言いたいことも言い出せない作り出してしまっている・・・そんな悪循環が続いております。

そう言った状況の中でただひとり、六花を「元の世界(中二の世界)」へ引き戻そうとする凸守ですが、ここでも勇太が「現実を見ろ」とたしなめるに至る。

そこで凸守の言った「そんなの分かってる」の言葉が、中二病の精神構造を表していたではないかと思います。

そう。みんな「分かって」やってるんです!

自分が子供っぽいことは分かっている。一般人がドン引きするのも分かってる。だけどそれに少しでも反応してくれて、自分を構ってくれることが楽しいと言う心境。

中二病患者にとってこれは彼らの「言語」であり、コミュニケーションのツールと言えます。だからそれを頭ごなしに否定されてしまうと、彼らは途端に話す言葉を失ってしまう。

勇太にきつく言われた凸守が泣き出してしまったのは、もはやそうするしか彼女に感情を表現する方法がなかったからでしょう。埒の明かない相手に込み上げる悔しさを抑えることが出来なかったことが想像されます。

この場面は六花以上に辛い場面でございました。凸守の泣き顔なんて、ほんと見るに忍びないです。

そんなわけで次週が最終回。一体どのような結末を迎えるのか、ちょっともう分からなくなって来ましたぁ~(ヤケクソ

さて、これまではサブタイの形式が「なんちゃらの・・・なんちゃら(ナンチャラ)」となっていたわけですが、これは登場人物たちが「中二病」だった場合に適用されていたようですね。

六花が中二を卒業した今回は「・・・」がなかったですから。

この演出がとっても分かりやすいことは確かだけど、なんだか現金なものがあるなぁ(苦笑

もう元の六花ちゃんには戻れないってことなんですかねぇ。いやぁ、辛いなぁ。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 中二病でも恋がしたい!

2012/12/15 21:34 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(4)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/12/15 | ボヘミアンな京都住まい |

中二病でも恋がしたい! Episode 11「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」

アバンで十花が旅立つ前に勇太に礼を言ったシーンとかまではよかったんですけど、進むにつれてBパートとか無駄に誰得シリアスになっていったように見えたのは気のせいでしょうか?

2012/12/16 | Old Dancer's BLOG |

中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使」

 うごh……だb……………ぐ………………………。  …………………………いや。  何でもない。何でもないよ。  ……何でもないったら。

2012/12/16 | ニコパクブログ7号館 |

アニメ感想 12/12/12(水) 中二病でも恋がしたい! #11

中二病でも恋がしたい!第11話『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』今回は・・・いつの間にかあれから3週間も経ってるんですね。六花はすっかり眼帯外しちゃったのか。 ...

2013/04/17 | ぺろぺろキャンディー |

◎中二病でも恋がしたい!第11話「片翼の堕天...

勇太:荷物少ないんですね)トウカ:悪かったな、ほれ、渡そう。言っておく。感謝してる。本当にありがとう))ママもうすぐ帰ってくると思う)飛行機に遅れる・・・)ユメハ:バイハ...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking