「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」 同時上映「巨神兵東京に現る 劇場版」

いやはや、これは・・・。

上映終了と共に、後ろの座席から「難しい」「3回見ても分からないだろうな、多分」と言う絶望にも似た声が聞こえて来ました(笑)冒頭から矢継ぎ早の展開。専門用語や新語の羅列。それらを理解する間もなく流れて行くストーリー。正直言って、私自身ほとんど話を理解出来ていません。

が、ストーリーの概要をまとめておくのは無意味ではないと思うので、僭越ながら私なりに思ったことなどを語ってまいりましょうか(私が認識間違っているところがあったらすいません。今ネット通信が調子悪くて調べものできないのでむしろ教えてくださいっ


-以下、ネタバレありますのでご注意くださいませ-
 (鑑賞済みの方は続きからどうぞ)

舞台は14年後。かつて綾波を救出した碇シンジは、初号機の中でそのまま眠り続けていた。葛城ミサト率いる新組織「ヴィレ」がシンジを救出することになるが、目覚めたシンジに誰もが冷たい視線を送る。かつてシンジが成し遂げたことはサードインパクトの引き金となり、世界は滅亡寸前に至った。今や碇シンジは「世界の敵」であり、厳重な監視のもとに彼の動向が管理されることになる。

このようにして始まる物語はもはや我々の知らないエヴァと言ってもよく、14年間の眠りから覚めた主人公と同様に私もすっかり浦島太郎状態でした。

もっとも世界が一新されたとは言え、基本路線は以前と変わりないようにも見受けられます。ミサトさんまでも碇シンジを「要注意人物」と見なしている辺りが無情ではありますが、結局のところ使途の殲滅をもって、サードインパクトあるいはその次に控えるであろうフォースインパクトの阻止こそが目的となっています。そう言った意味では碇シンジの存在が現在最も懸念される事項であるのは明白だからです。

とまあここでミサトさんの新組織について少し説明しなければならないでしょう。と言っても情報が少ないので語ることは多くありませんが。

「ヴィレ」と名乗る組織は、NERVから独立したミサトさんたちが立ち上げたもののようです。それと言うのも、NERVの大将であった碇ゲンドウの方針に反発して懐を分けたことによります。

どうやらゲンドウは世界を新たなステージに向かわせることを目論んでいる模様。そのためにはこれまでいた人類を壊滅させる必要があると感じている(あるいは信じている?)ようで、そのためにサードインパクトや、その後に続くであろうフォース、フィフスを利用しようと考えているのではないかと推測されます。

「人類保管計画」とは恐ろしいサボタージュだったと言う事実が、今回明るみに出た形となりました。つまり人類の大量殺戮、そう言って良いのではないかな。

果たしてこの大量殺戮が何を意味しているのは定かではありませんが、「人類を糧にして」みたいな意味の言葉も聞かれたので、例えば人を喰ってその記憶や文化を継承出来るのかも知れません。

あるいは、人類がいるからこそ新たな種族が誕生しないと言う事態も考えられないわけではないので、単純に人類の抹殺を考えているだけかも知れないことは否定出来ませんね。

ただ作中では「生物には寿命がある」と言っていて、そうなると人類は長く生き過ぎており自然の摂理に反していることになる。いずれは滅ぶ種族だとしても自然に絶滅するのを待つのは時間がかかり過ぎるので、そこで今回はサードインパクトで人類にはお亡くなりになってもらいましょう、と言うことのようです。

一見して非人道的なように見えますが、人為的であれ自然災害であれ、この「世界」に存在する以上それは全て「自然」の一部なのだから、どのような形で絶滅しても「自然の法則」の内にあると考えることが出来ます。かく言う私自身がそのような考えを持っています。

「自然」と言うものを「会社」に置き換えれば、それを「運営」する人(この場合は「神」か?)がいたっておかしくない。会社の体質改善をするために、腐りきった上層部に退陣願うなんてよくある話。つまりこれは壮大な「人類リストラ計画」と言って良いのかも知れません。

では誰が「世界を運営」し、今回のリストラを実行するに至ったのかと言えば、あれですよ。ゲンドウさんと一緒に暗黒会議を開いていたNERVの幹部たちの存在がそれに当たるのではないでしょうか。

それを示していると思われる場面がありました。シンジが復活したことで再びサードに続くインパクトを引き起こす可能性が見えて来たことから、NERV幹部たちが「もう我々の役目は終わった」と言った発言をしていたところです。

当初、彼らは自分たちの支配を継続するためだけに色々計画していたのかと思っていました。ところが今回のことで、幹部たちはもっと広い視座でもって世界の大局を見ていたことになります。

もっともそれが良いことなのか悪い兆しなのかは全く分かりませんが、とにかく今はそれがいよいよ始まりを告げたと言うこと。ここから世界の本当の終わりが始まることになるのでしょう。地獄はこれからです。

そこでこのような方針に否を突きつけたミサトさんとそれに賛同したNERVの仲間たちが離脱し、新組織を立ち上げるに至る。そして「使徒」対「NERV」対「ヴィレ」の三つ巴の状況が生まれたのが、現在の状況であると。

それでは失われた14年の間に何があったのでしょうか。

それはまだ情報が少なくて作中の描写から推測するに留まるだけですが、実はサードインパクトは途中で停止させられていたようで、それは暴走したリリスを6号機がロンギヌスとカシウスの2本の槍でもって仕留めたことによる。そのとき6号機を駆っていたのが、恐らく渚カオル。以前の劇場版において、6号機のパイロットととしてちょっぴり登場していましたよね。

今回は13号機に乗ると言うことでしきりにシンジを勧誘していました。何故なら13号機は2人乗りだからです。
恐らくはシンクロ率を高めるためでしょう、シンジに迫るカオルの図がほとんどBLと化してました。しかも石田さんですから。いつシンジが食べられちゃうか気が気でなかったです。いや、むしろ期待していた・・・それはともかく!

カオルも実はゲンドウの方針には納得していない様子で、リリスに刺さった2本の槍を引き抜こうとしている。彼なりの予想があって、槍を抜いてしまえばもうインパクトは起こらないと考えている模様。しかしながらリリスが停止している現場へ訪れて見ると予期せぬ事態になっておりました。

本来は別物である槍の形状が同じになっていたのですね。この変化が意味するものとは。14年の間に何があったのか?

もちろん現状では全く分かりません。エントロピーの拡散でも起こって、繋げた2本のビーカーの水圧が同じくなるように質量が移動したとか?勝手に予想してみますが、そのことから何が導き出せるのか、事態との関連性には繋がりが見出せません。そもそも物理的なものなのかどうかすら判然としないところですから。

何より渚カオルが最後まで素性の知れぬままだったのが心残りです。そもそも彼って何者?ひとつ分かっていることは「美少年喰い」の良い石田さんってことだけ(マテ

ところで綾波レイはどうなったのでしょうか。なんと彼女は初号機の中で眠り続けており、ヴィレの主力船である「ブンター」(もしくはブンダー?)の原動力となっていました。これまたエグいデザインの機体なのですが、エヴァの力を使って「神殺し」を成し遂げるべく建造された巨大な飛行艇です。

シンジは綾波を助けたと思っていましたが、それは叶っていなかったと。ここでも残酷な事実を突きつけられることになるシンジであります。ところが彼をヴィレから連れ出しにやって来たのが、なんと綾波レイでありました。

しかしこれには裏があって、この綾波は数多いる綾波のクローンのひとつと言うオチが待っています。お察しの通り、「人類保管計画」に必要な人材であるシンジを確保するためにゲンドウが送り込んだのですね。

この事態を受けてシンジがまたウジウジと始まってしまうわけですが、このヘタレっぷりにアスカじゃなくても「ガキシンジ!」と叫びたくなりました。あ、ちなみにアスカさんも元気です。14年経ってますが、「エヴァ効果」とかなんとか言うので見た目は老いてません。シンジも同様です。

綾波はシンジの知る彼女とは別人だし、当然アスカもサードインパクトの「トリガー」になった存在としてシンジを忌み嫌っており、この3人はもはやかつての関係ではなくなってしまった。

とまあ、作品冒頭ではそのように見えたわけですが、最後のシーンで少しいつも通りな雰囲気を見せたところにほっとしたものを感じました。彼らも決して本質は変わってないのかも知れない。

他に語るところとしては、NERVの副官(でいいのかな)であるおっさんがシンジを誘い、2人で停電した部屋の暗闇の中で将棋を差すシーンが、ウルトラマンティガが桜吹雪の中で怪獣と戦った場面を彷彿させたことです。特撮好きの監督らしいオマージュですね。まあところどころで結構そう言った演出があったのかも知れないけど。

こんな感じだったわけですが、映画を見てない方にはちんぷんかんぷんな記事だったかも知れません。何よりこの記事を書いている私自身がちんぷんかんぷんなのだ。

今回の劇場版については、新しくなった舞台のそのクライマックスをいきなりぶつけて来たと言った感じでしょうかね。なので、次回から時間を遡る形で失われた14年間が語られて行くのだろうと思います、恐らく。

説明が一切ないので今回のストーリーが分からないのは当然。難しいのではなく、知らされてないだけ。いろいろ分かってくるのは次回以降となるのでしょう。そう言った意味では次が楽しみになる作りになっていたと思います。

だから「難しい」と思ったそのあなた、諦めちゃダメだ!(笑

そもそも考察できるほどの情報量が与えられていないので、とりあえず今回だけは難しいことを考えずに、今まで以上にスピード感溢れる映像を楽しむのが良いかと思われます。とは言え、その映像も凄まじくグッチャグチャでめまいを覚えましたが・・・。

ちなみに同時上映である「巨神兵~」は、エヴァ本編の内容に一部リンクしているところがあります。精神的な面で本編を補完している感じですかね。「巨神兵~」も映像に迫力があって良かったです。個人的には、震災以降の作品だなと言った印象を受けました。

そんな感じでエヴァ新作の感想でございました。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

2012/11/26 18:40 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(6)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/11/26 | 日々“是”精進! ver.F |

劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」

全ては、シナリオ通りに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211170004/ Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0”YOU CAN(NOT)REDO.サントラ 鷺巣詩郎 キ...

2012/11/27 | うつけ者アイムソーリー |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想

当然の如くネタバレ注意。

2012/11/28 | おぼろ二次元日記 |

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想

11月17日から公開されている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q/『巨神兵東京に現わる劇場版』」を見てきました。公式HPはこちら♪ニアサードインパクトから14年後の世界におけ...

2012/12/02 | 失われた何か |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qはガキシンジを完璧に描いた大傑作!(感想)

ヱヴァンゲリオンQを見てきた。 ずっとテンションが高鳴りっぱなし。 私は序や破では、今までと違ったエヴァを見られたことで 「おぉこれが新しいエヴァかぁ」と思ったのに対し、...

2012/12/02 | にきログ |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

さて、映画を見たのは先週なんですが今更ながらに感想です 私自身はエヴァは旧アニメ旧劇場版は大学時代に1度、序・破も1回見たぐらいですね なので熱狂的なファンの人に比べた

2013/01/13 | David the smart ass |

映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をやっと見た!~劇場で

あけましておめでとうございます。 今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわ

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking