fc2ブログ

「アクセル・ワールド」第24話 最終回

【Reincarnation;再生】
厳しい試練も、苦しい戦いも、今は全て報われたのだと・・・。


最初期にちょろちょろと感想書いてただけでそれ以降はご無沙汰しておりましたが、やはり最終回は語らねばならないでしょう!

さて、黒雪姫の参戦によって事態は一気に形勢逆転。見事、能美を打ち倒したハルユキでありました。

先ず驚かされたのが、チユリの能力でした。「治癒」能力かと思っていたら、「時間を遡らせる」能力であったことが判明。

それによって、能美に奪われたハルユキの翼を「奪われる前」に戻すことに成功したのですね。

自らの正確な能力に気付くまでに、チユリは時間を要してしまったと言う経緯がありますが、ハッキングを恐れて秘密裏にしながら、ハルユキを助けるタイミングを見計らっていたチユリは、やはりよく出来た幼なじみであったことが分かって一安心。すっかり能美に肩入れしていると思われていたので、ほんと肝を冷やしたものです。

しかしそんなチユリも作戦を成功させるためとは言え、真実を告げられず一人で苦しんでいたわけで、良い結果を出せたことは本人が一番ほっとしていることでしょう。

そして瀕死となった能美をどのように扱うのか?ハルユキの動向に注目が集まったわけですが、以前に親友のタクムと対戦し勝利したときのように、能美に対しても救済の手を差し伸べるかと思ったら、今回は容赦なく一刀両断にしてくれました。

まあ、それが多くの視聴者の望みであったとも思います(笑)それほど能美は憎たらしいヤツでしたからね。さすがのハルユキさんも「情状酌量の余地なし」と判断したのでしょう。かくいう私も最後はほんとにもうスッキリしました!

現実に戻った能美は、アクセルワールド(以下、AW)へのアクセス権限がなくなって、そして同時に記憶もなくしました。これが完全敗北したプレイヤーの運命であるわけです。

作中でも記憶の改ざんについて言及されましたが、確か大戦中にドイツとかで研究されてたりしましたよね、確か。それは薬物などでしたが、AWの世界では神経とネットワークが密接に絡みあっているので、電気信号としてシステム的に処理されている可能性はありますね。

個人的な予想で言うなら、文字通り「記憶を消される」と言うよりは、AWでの記憶をプールしておく場所があって、そこへアクセスできないようにしているだけかと思われます。

可能性としては、AWでの活動については脳そのものに記憶されるのではなく、外部接続しているサーバーに仮想メモリとしてプールされていると言うこともあり得るかなと。要するに外付けHDが設定されてるんじゃないかってことです。

となると、それを管理している人間がいるかも知れないってことですが、それはまた別のお話と言うことで(笑)まるで人類補完計画じゃないか。

まあ色んな可能性が考えられるのですが、私はそんな風に予測してみました。っつーか、何故記憶改ざんについてこんな真剣に語ってしまったのかw

それから最後の場面、黒雪姫とスカイ・レイカーが現実世界で友情を取り戻したシーンは胸を熱くさせるものがありましたね。

まあそこら辺はまとめて総評で書くので、今はさらっと流しておきますが、2人が抱き合ったシーンは泣けました。

そして我らがハルユキさんは、黒雪姫に向かって「お嫁さんになってください」と実質告白。まったくリア充爆発しろ!みたいなハッピーエンドでしたが、がんばったハルユキにはそれくらいの権利はあるw

アフターケアのしっかりした最終回。こんなに感動的に仕上がるとは思わなんだ。よい最終回でした。


<総評>
AWと言う世界はゲームでありながら、現実と密接にリンクした要素を持っております。各人が抱いている問題やトラウマと言ったものが反映され、それが各自のパラメータを司ることになるのです。

ある意味で人を数値化してしまう恐ろしい装置であると言えるわけですが、そこにどのような意味を見出すかによって、自分が成長し進化する方向性が分かってくる。つまりそれが自分の欠点の克服に繋がると言うこと。

自分を気付かせてくれるシステム。それがAWであると思うわけです。と同時に、その仮想世界の中では自分以外の他人もまた、自らの欠点を明らかにしているわけです。

要するにAWの中ではお互いに赤裸々で隠し事のない一番恥ずかしい姿を晒しあっていることになります。嘘偽りのない真の姿で対峙すること。それこそがAWの本質ではなかったと思う次第です。

他人との間に起こる摩擦。実はそれを乗り越えることで、自分の中の問題をも乗り越えることが出来る。他者との間に起こる問題は、そのまま自分の問題へと繋がるわけですね。ハルユキとタクムしかり、黒雪姫とスカイ・レイカーしかりと言った具合。

AWの作品世界は技術が発達して、高度に管理化された社会であります。そのような社会では、人同士の本音でのぶつかり合いですら許されていないではないでしょうか。無駄な争いを起こさないために、絶妙なところで回避されていると考えたら?そこには思想統制があるかも知れないし、もっと悪く言えば洗脳と言うことだってあり得る。

そう言った馴れ合いの環境で人が本当に成長できるでだろうか?越えるための壁すら用意されていない社会。それに対抗するために編み出されたのがAWだったりするのかも知れない。

そこで少年少女たちは鍛錬され、大人への階段を登るためのイニシエーションを得る。AWとは成長を促す場であると共に、現実よりも生々しい世界であったと思いました。

何事も「身体で覚えたことは忘れない」ですからねぇ。

現代人の病巣を暴くような作風で、毎回興味深く視聴させて頂きました。能美にはムカついたけど、最後まで本当に良いアニメでした。

で、そう言えば誰もまだレベル10には達してなかったですね。これは次期への布石なのだと思います。そこら辺は大いに期待していいのかな?w

と言うわけで、今後の動向にも注目が集まりますね!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : アクセル・ワールド

2012/09/23 20:31 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(6)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/09/23 | ボヘミアンな京都住まい |

アクセル・ワールド 第24話「Reincarnation;再生」

やっとこさ能美編も終わり。清々したというのが正直なところですが、能美役の小林沙苗さんは本当にお疲れさまでした。物語上では嫌な役回りでしたけど、小物的なヒールっぷりはよく...

2012/09/25 | 破滅の闇日記 |

アクセル・ワールド 第24話「Reincarnation;再生」(最終回)

アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)(2012/08/10)川原礫商品詳細を見る  最終回だけあって、熱血バトルで締められました。ちょこまかと出てくるハルユキ・ヌードには、勘弁し

2012/09/25 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム |

2012年03クール 新作アニメ ソードアート・オンライン 第12話 雑感

[ソードアート・オンライン] ブログ村キーワード ソードアート・オンライン 第12話 「ユイの心」 #swordart2012 #sao_anime #ep12 アクセルワールドの原作者による、サイバーパンク作品...

2012/09/26 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |

(アニメ感想) アクセル・ワールド 第24話 「Reincarnation;再生」

投稿者・鳴沢楓 アクセル・ワールド -銀翼の覚醒- (初回限定生産版)(2012/09/13)PlayStation 3商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニ

2012/09/27 | 明日へと続く記憶 |

アクセル・ワールド 第24話「Reincarnation;再生」

「アクセル・ワールド」最終回。 面白かった! 綺麗な終わり方で、理想的な第一期だったと思います。 憎き敵役との迫力あるラストバトル、かけがえのない友情、取り戻した絆。

2013/01/02 | ぺろぺろキャンディー |

◎アクセル・ワールド#24Reincarnation;再生

クロユキ:キミはダスクテイカーをたおせ!ハル:はい!能美:この手のゴッコをいつまで続ける気なのか、まとめて殺してあげますよ!※フリーザ様みたいだ。ハル:お前は間違...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking