FC2ブログ

「さんかれあ」第12話 最終回

【あの瞬間…俺は…】
死んでからだって、悔いは残したくない。


なんだかこう、それぞれ思うところを残して終了した感がありますね。

自分はもう死んでいるからと、千紘に対する気持ちに素直になれない礼弥。そんな彼女を、恋のライバルとなる蘭子お姉さんが励ますと言う図がありました。

蘭子お姉さんの性格からして、こんな展開になるのは当然でありましょう。しかしながら、こうして奇しくも「男を争ってしのぎを削る」状況が作り出されたことは、礼弥にとっては「普通の女の子」であることを経験する良いチャンスと言えます。

楽しいことも辛いことも全てひっくるめて、それが普通に生きるってことですからね。蘭子姉さん、良い仕事したです。

こんな友情が生まれた一方で、礼弥の今後を心配する千紘がちょっと鬱に入ってますね。腐敗防止にまだ完全な打開策が見えない。そして何より、一人の女の子の人生を預かってしまった重荷が彼に圧し掛かって来ている。

決して安請け合いをしたわけではないけれど、やはり大変なことが実感されて来たわけですな。これまではなし崩し的にゾンビを囲うことになってしまっただけで、ここへ来て少し冷静になって考える時間が出来てしまったと言うことか。

ほんとに、最終回に及んで思い悩むかお前!とか思っちゃいましたけど、このことは末永く付き合って行かなくてはならない問題なので、見逃す(描かない)わけには行かなかったのでしょうね。

そして礼弥は礼弥で、学校へ復学するために実家へ荷物を取りに行ったところ、義理のお母さんと少し険悪な感じになってしまいました。義理のお母さんがね、ちょっとアレな人なので礼弥さんも大変なのですけど、「好きにしなさい」的なことでやんわりとお許しが降りたようで何より。

でも、最後に一瞬だけ、礼弥を引きとめようとした素振りを見せたお母さんの真意が分からない。少しだけ情が芽生えたのでしょうか。しかし礼弥に心を許したような場面は今まで描かれてなかったと思うので、やはりあの行動には腑に落ちないところがありました。

そんなわけで登場人物の心理的な面が必ずしも解決しないままだったので、いささかすっきりしない終わり方を迎えてしまいました。

実はその関係を一番すっきり解決していたのが、千紘と礼弥のお父さんである団一郎さんだったと言うのは、なんとなく皮肉なものを感じます。堅物で変態のお父さんが一番厄介だったのですけど、それを解決したら他の問題が浮き彫りになったと言う面があるのでw 団一郎さんの影になって諸処の問題が隠れていたのですね。

まあしかし、これもある意味リアルと言えるわけで、問題山積の状況がむしろ「物語は続いて行く!」みたいな雰囲気を作り出した感があったので、意外にも余韻を残すエンディングになっていたかと思います。

決してまとまりが悪かったとは思いませんが、保留にされた事項が多かったのはある意味で斬新でしたw


<総評>
最終回については人によって見解が違うでしょうが、全体的にはすごく良く出来た物語だったんですよね。

まずゾンビと言う設定を上手く生かしてあること。腐敗したりなんだりってその辺のことなんですけど、それについて詳細に分析するって感じじゃなくて、作者のゾンビに対する愛情が感じられたのが何より大きな意義があったと言うことです。

これが根底にないと付け焼刃的になってしまって、ゾンビであることの「重み」が感じられなかったと思います。これによってヒロインである礼弥の「ゾンビであることの希少性」が際立つことになりました。

次にドラマの作り方ですね。礼弥がゾンビになる場面は斬新でしたし、何より彼女の境遇と、ゾンビになることの必然性が強く結びついていたところ。要するに、たとえ死んでもいいから束縛された生活から解放されたいと望んでいた礼弥の心情が、現実の出来事と奇妙にリンクして行ったことです。

実際にはこの後、自由を獲得したものの、そこから先もずっと自由でい続けるための苦労と直面することになるわけですが。

これは現実にもなかなか難しい問題であります。そんな風に、ともすれば生々しくなりそうなお話を、風情ある物語に仕上げてくれたなあと感銘を覚えた次第。言い換えれば、腐って臭い立つ話を、女の子の良い臭いが漂ってくるような、ゾンビ萌える作品になっていたと言う次第です。

何こんな可愛い子が生きてるはずないじゃん!ですよね~。

確かに死人には興味が尽きませんが(何せ私はデスメタル業界の人間ですからねぇ)、絶賛生存中である幼なじみの蘭子お姉さんもまた、実に魅力的なキャラであったことを付け加えておきましょう。

死者VS生者の恋のライバル対決は持ち越されましたが、果たしてどちらが栄冠を手にするのか。

これからのお話の方が大変気になりますが、これにてひと段落と言うことで。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : さんかれあ

2012/07/22 23:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/07/24 | Spare Time |

さんかれあ 第12話「あの瞬間…俺は…」

『壮絶な決闘の末、「治療方法が見つかるまで」という期限付きとはいえ、礼弥を連れて帰ることを認められた千紘。これでまた降谷家に平和な日常が戻ってきた。そんなある日、花火を...

2012/10/28 | ぺろぺろキャンディー |

◎さんかれあ第12話「あの瞬間…俺は…」

|あのキモイ親父からレアを預かることになった。|嬉しさより、責任の重さを実感している。Δメロ:アジサイの葉のおしたし、炒め物、煮汁。:やれるだけのことはやたのだが、限界...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking