FC2ブログ

「人類は衰退しました」第2話

【妖精さんの、ひみつのこうじょう episode2】
ぱっぱっぱらぱっぱっぱら~


衰退の途を辿る人類。物資不足にあえぐ中、町ではどこのものとも知れぬ食材が陳列されて行く謎の事態が勃発。食べられるんだけど、どうやら安全なようだけど、出所が分からないのが不安。これは怪しすぎると言うことで、製造メーカーとなっている「妖精社」へと査察に向かったわたしなのでした。

結論から言うと、犯人は加工済みチキンでした。元は妖精社が運営していた工場を彼らが乗っ取り、世界の頂点に君臨しようとしていたと。妖精たちは「おもちゃ」として梱包されてました。カワイイw

動物たちの叛乱と言うことで思い出される小説に、ジョージ・オーウェルの「動物農場」があります。家畜として虐げられた彼らが人間に反旗を翻すと言う図式は、弱者と強者の対立を示した分かりやすいメタファーでありました。

それがこの作品では、既に生きていない加工チキンだったと言うのがおもしろい。荒唐無稽なものを更に不条理にして描いてある。その真意がどこにあるのかまでは分かりませんが、食品にすらバカにされてしまう人類と言う構図は痛烈な皮肉とも取れます。

人類の生き方が悪かったからなのか。だから加工済みチキンたちは理想の社会を目指したとも言える。地球を運営する人間のやり方がまずかったのだと訴えているようであります。

今回はまた、天下りや企業運営についての風刺が見られました。巨大化した企業は上下左右の風通しが悪くなるもの。しかしそんなお役所仕事的な状況にあって、何の疑問も持たずに就業している人々に対するアンチテーゼを「加工チキンの叛乱」と併せて語って見せたところが見事でした。

国や社会を運営するのも、ひいては「地球を運営」して行くのもまた、企業の運営と変わらぬ手腕が必要とされる。

そう考えると、隕石がぶつかったり2度の世界大戦があった後でも、満々と水を湛え豊かな自然を提供してくれる「地球」は、なかなかやり手の経営者なのかも知れない。太陽系の中では勝ち組だと言えるでしょう。

だから地球と言う会社が好きなら、みんなもっと自然を大事にしよう。別に自然保護団体の回し者じゃないですけど、そう考えると自発的に環境について考えられるでしょw

まあそう言う私自身があまり自然保護に頓着してないんですけどね。文章の流れから、言葉の綾が生じただけです(暴露しちゃった

それで「わたし」の髪についての秘密が明かされましたね。とある案件の失敗によって断髪させられていたと。だから妖精社の毛生え薬(毛生え言うな)を使って伸ばしたのです。

なんとそれが思わぬ事態を招きました。薬の副作用か、髪の毛が勝手に動いてしかもそれが怪力と来ている。でもそのお陰で何度も窮地を脱することが出来たのでした。

正に「神の髪」だったわけですね。お後がよろしいようで。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 人類は衰退しました

2012/07/13 12:38 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(3)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/07/14 | ひえんきゃく |

人類は衰退しました 第2話 「妖精さんの、ひみつのこうじょう」 感想

あれ?サブタイは1話と同じなんですね。 1話に続いて今回も面白かったです。 これは今後も視聴確定でいいかな。 髪の見えざる手も、これからどうなるのか気になりますよ。 配

2012/07/14 | 刹那的虹色世界 |

人類は衰退しました 第2話

人類は衰退しました 第2話 『妖精さんの、ひみつのこうじょう』 ≪あらすじ≫ 出どころの分からない謎の物流。 それに“妖精さん”が絡んでいるのではないかという疑念から、

2012/07/14 | のらりんすけっち |

人類は衰退しました 第2話「妖精さんの、ひみつのこうじょう」

一見メルヘン、中身はブラック^^; シュールと風刺のてんこ盛り! オチまでシュールとは 助手さん大活躍回ということでいいのかな。 紙芝居がブラックなんてえもんじゃない^^;^^; チ...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking