FC2ブログ

「Fate/Zero-2ndシーズン」第21話 第22話

【双輪の騎士】【この世全ての悪(アンリマユ)】
うむ?なんだか急に難しくなったぞ。


(※肝心なことを書き忘れていたので最後の方に追記しました)

アイリをさらって行ったかに見えたライダー・・・でしたが、真実はバーサーカーがライダーに扮していたのでした。バーサーカーは変身の属性を持っており、巧妙に偽装し、アイリの誘拐及びセイバーの陽動に成功したわけですね。

しかし最大の問題はそこではなく、バーサーカーのマスターである雁夜を、言峰綺礼が従えていたことであります。あのとき雁夜を助け、恩を売っておいた甲斐があると言うもの。

この事が何を意味するのか次のエピソードで明らかとなるわけですが、そこへ至るまでのインフラの敷き方があまりに非人道的だった綺礼に背筋が凍りました。

任務もひと段落した雁夜を夜中に呼びつけ、遠坂時臣との会見を設けたと伝えた綺礼。しかしそこにあったのは時臣の死体。これはもちろん、以前に綺礼が殺したものであります。

そして会見の場に呼びつけられたのは雁夜だけではなかった。少し遅れて遠坂葵が到着する。時臣の妻であります。その現場を見た彼女は、雁夜が自分の夫を殺したと勘違い。葵は雁夜を攻め立て、逆上した雁夜が彼女を絞め殺してしまうと言う展開へ。

なんとも残酷な仕打ちと言わざるを得ない。この惨状を前にして「酒が美味い」と言った意味の言葉を述べる綺礼は、完全に闇へ堕ちたと言って良いでしょう。例えるなら、人の悲劇と慟哭を糧にして生きる「魔物」のよう。

もはや「快楽」としてだけではなく、殺人が単なる「生理現象」であるとでも言った様子ですらあり、こうなるとキャスターのマスターであった雨生龍之介など、まだまだ可愛く見えてしまうから恐ろしい。

まあここで少し苦言を述べるなら、葵があまりに短絡的に「殺人の勘違い」をしてしまったことに違和感を覚えてしまいました。視聴者を納得させられるように、もう少し慎重に描いて欲しかった。これじゃ葵さんがただのおっちょこちょいで死んじゃったことになるのでね。

その他、ライダーとセイバーのカーチェイスや、綺礼と間桐臓硯の謁見などがあったのが、第21話の出来事でありました。

さて、いよいよ最終決戦へ!と言うのが第22話。

とその前に、ウェイバーの心温まるお話がありました。彼が魔術で仕組んだ偽りの家族でありましたが、実はおじいさんそのことに感づいていて、それでもウェイバーを本当の孫のように思っていたと言う感動的な場面。最近の殺伐とした展開に心が荒びきっていたところへ、一服の清涼剤をもたらしてくれました。

さて、捕らえたアイリと会見する綺礼であります。アイリが語る切嗣の悲願、それは「恒久的な世界平和」であると。

ひどく厨二な理由ですが、これこそが切嗣の本質。しかしいくら尽力しても、自分の力だけでは及ばない事実に直面してしまった。そこで聖杯を頼りに、正に「神頼み」に近い想いで今回の戦争に参加していると言うのがその経緯。

志しは立派だが、これを聞いては綺礼でなくても「どんな茶番だ?」と憤慨、あるいは失笑してしまうかも知れない。

「この甘ちゃんが!俺が大人の世界を、現実の厳しさってやつを教えてやんよ!」

この期に及んで、綺礼が求めていた「戦う理由」がここに決定されました。要するに、「ガキンチョの切嗣に先輩面してみせたい!」この理由もどうかと思うのですけど。

まあ、もっと複雑な心境もあるのでしょうけど、なんとなくヤンキー同士の抗争に近い様相を呈して来た感があります。もっとも男同士の戦いには、これはこれで立派な理由になるのですがね。

しかし何もアイリを殺すことまでしなくても良かったのに。綺礼にして見れば「これが俺の本気だ!」と強気なとろを見せたつもりでしょうが、登場人物がひとりひとり丁寧に殺害されて行く場面を見るのは、やはり耐え難いものを覚えます。

そして死んでしまったアイリが、精神世界の中へ。そこは聖杯の中でありました。

実はアイリ自身が聖杯の「器」であることが示唆されており(それがいつごろ語られていたのかさっぱり記憶から欠如しているのですが)、彼女の死によって扉が開くと言うか、封印が解除されるような感じを表現していたのでしょうかね。

それともアイリの娘であるイリヤに、聖杯の器の権限が移行する段階を描写したものであったのか。

ライダーとセイバーの真っ向勝負とは違って、やはり精神世界のお話は難しい!と言うところで。

(追記)
綺礼はもはや聖杯戦争など眼中になく、誰が勝つのか。その一点だけに集中して、全面戦争を仕掛けて来ました。そこで綺礼自身の最大の駒となるのが、雁夜だと言うことですね。

雁夜を完全なる兵隊にするために、彼の手によって遠坂葵を殺害させ、人としての感情を奪ったと言っても良いでしょう。これで雁夜は生きる意味を失ってしまったのですから。

今の雁夜はまるでゾンビのよう。すっかり殺戮機械ですね。

分かりきっていることですが、綺礼にとって雁夜は捨て駒でしかない。回避のしようがない雁夜の死亡フラグ。

ここまで非情になれる綺礼の残酷さは目に余るものがありますな。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : Fate/Zero

2012/06/04 23:18 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(5)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/06/05 | 日々“是”精進! ver.F |

「Fate/Zero」第22話

アイリ、聖杯に取り込まれる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206030001/ to the beginning(アニメ盤)(DVD付)Kalafina SME 2012-04-18売り上げランキ...

2012/06/05 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |

(アニメ感想) Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

投稿者・ピッコロ oath sign(期間生産限定盤)(DVD付)(2011/11/23)LiSA商品詳細を見る ☆Fate/Zero 第21話 「双輪の騎士」の感想をポッドキャストにて収録! 雁夜の悲劇・・・綺礼とはいい酒が飲めそ...

2012/06/05 | 明善的な見方 |

Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」

Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]『終わりはすぐそこまで来ている』 制作 : ufotable 監督 : あおきえい 衛宮切嗣:小山力也   セイバー:川澄綾子   アイリスフィール:大原さやか 遠坂時臣:速...

2012/06/06 | くろ with life~今を楽しめればそれでいい~ |

Fate/Zero 第22話 『この世全ての悪』

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああ もう毎度の事だけどさ…w 今回はウェイバー君の話が良かったな! まじでライダー陣営主人公にしろwww ※以下ネタばれあり

2012/06/09 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム |

2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第22話 雑感

[Fate/Zero] ブログ村キーワード Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」 #Fate2012 #ep22 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking