FC2ブログ

「坂道のアポロン」第3話

【いつか王子様が】
千太郎の恋わずらい。


なんだこのかわいい不良はっ

すっかり乙女の目をして気もそぞろの千太郎がかわいいのです。お弁当のおにぎりを食べるのも忘れて握ったままぼうっと。

それを見た薫がおにぎりを取り上げてみると、すっかりカピカピになってました。

「こんなに『硬く』なっちゃって」

と言った薫の言葉に思わず「じゅんっ」とキてしまいました(この作品にBLの要素は一切ありませんよ

さて気になる女性はユリカさんと言いました。学校の先輩のようです。諜報員としても役に立つ薫が調べ上げてくれたのですね。ネットない時代に大した調査力です(普通に他の生徒に聞いてみればいいだけか

そして更に「デートに誘えばいいじゃないか」と提案する薫。カンペまで用意してあげて、準備万端。でもいざユリカさんを前にした千太郎は完全に棒読みw

今回は薫が根回ししてがんばっております。

さてデートには漕ぎつましたが、そうは言ってもうぶな昭和少年。薫と律っちゃんも交えたグループ交際でありました。

そんな中で自然な形でユリカさんと近づいて行く千太郎がいて、お互いの気持ちが浮き彫りになって、四角関係が形成されつつある状況など。なんだかいい感じでドラマが生まれていますね。

千太郎がユリカさんばかり気に掛けているのが寂しくて、木陰に行って頬をぬらす律っちゃんなんて実にいじらしい。いまどきこんな女の子いないよ!(なんたって昭和だし

そんなこんな、薫的にはやぶへびをつついてしまった部分もありますが、友情を深めるだけではない、自分たちが誰をどう想っているのかを確認させた意義のあるイベントだったと思います。

薫のお節介は千太郎とちょっとしたいさかいを招いてしまいますが、音楽があればこの2人は仲直りできる。

薫も段々とセッションが上手くなって来ました。かっこいい演奏するだけがセッションじゃない。

「おまえ、それ笑えるw」

ってのもまたセッション。セッションとはコミュニケーションの一種でもあるのです。

さて、最後のクレジットに載っていたのですが、もしかしてここでドラム演奏していたのが、坂田学さんじゃなかっただろうか。ピラニアンズとかに参加されてますね。私はあんまり聞いてなかったけど。

こう言う味のあるプレイは上手いだけじゃ出来ない。ユーモアのセンスってのが生きてくる。要するに「粋」な演奏ってヤツ?「音」を「楽しむ」のが「音楽」ですっ

(実は最初に坂田学さんのことを、日本のジャズ親父たる坂田稔先生と勘違いしていたことは内緒。ドラマー界にはなんて「坂田」の多いこと!私の知り合いにもひとり激速ブラストビート達人の「坂田」さんがおります)

とまあ、今週はそんなストーリーでありました。

ユリカさんからもらったハンケチをくんかくんかする千太郎に、多少の変態性を見た気がしたけど、みずみずしい感性に彩られた情景が満載で、自分も千太郎たちと同じ世界で暮らしてみたい!そう思わせる心地よさを覚えました。

全てが輝いていた季節!なんかそんな感じ。

最後に、早くも薫は律っちゃんに告白!?

ピアノを弾いて、「いまの練習でしょ。素敵!」と言った律っちゃんに対し、「いや。これが本番なんだ」と言った薫がかっこよ過ぎw

「福生」辺りで繰り広げられていそうなロマンチックな光景でありました。この演出も実に昭和だ。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 坂道のアポロン

2012/04/28 10:34 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(4)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/04/28 | 一言居士!スペードのAの放埓手記 |

坂道のアポロン 第3話 感想「いつか王子様が」

坂道のアポロンですが、川渕千太郎は一目惚れした深堀百合香をデートに誘います。あのガサツな千太郎が意外にもドギマギしてしどろもどろですが、百合香を積極的に誘っているのは西見薫にしてしまいます。 この男らしくなさに、百合香は千太郎をプチ見下しながらWデート?...

2012/04/28 | WONDER TIME |

坂道のアポロン 第3話「いつか王子様が」

「今度 律っちゃんの為だけにピアノを弾いてみようかな  そして、気持ちを伝えてみようかな」 千太郎のために百合香を誘い4人で出かける事になった薫たち そこで律子の思いを知った薫は…    【第3...

2012/04/28 | ジャスタウェイの日記☆ |

『坂道のアポロン』#3「いつか王子様が」

「待って、千太郎! 忘れたらダメよ。大事なハンカチやろ?」 海で助けた美人さんに思いを馳せる千太郎。 あまりにも分かりすぎな反応に、女性の情報を渡しつつ恋煩いを指摘する薫。 「こ、恋!?これがか……」 なんと、いわれるまで千太郎に恋の自覚はなかったの...

2012/05/01 | ゴマーズ GOMARZ |

坂道のアポロン #3 いつか王子様が(Someday My Prince Will Come) レビュー 

海岸で助けた美女に一目惚れの千太郎。 分かり易い彼の反応に、美女の事を調べてあげる薫。 千太郎が一目惚れした女子は、深堀百合香、同じ学校の生徒だった。 それにしても、恋愛沙汰とか、断然、薫の方がマセてるな。 薫から「完全な恋煩い」と指摘された千太郎は狼狽。...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking