fc2ブログ

「Another」第7話

【Sphere joint-変調-】
血の雨が降る・・・。


ホームルームの時間、包丁を取り出した担任が自らの喉笛を掻き切った。「現象」はさらにいびつな形を見せながら惨劇を積み重ねて行く。

うわぁ。このリアルなスプラッタ描写、キテルなあ。

仕事から帰って来て、一本目に見ようとした録画アニメがAnotherでした。いつもご飯を食べながら視聴するのですけど、これはやばいと思って違うアニメに変更してしまいました(笑)

別にこの程度でご飯が食べられなくなるほど繊細な神経などしてませんが、それでもご飯は少しでも美味しく頂きたいのです!

さて、榊原くんをも巻き込んで「いないもの」を2人にした方法も失敗。そこでこの制度も解除され、晴れてみなの存在が認められることになりました。もちろん見崎鳴ちゃんも、もうハブられてません。

これでやっと「現象」を止めるための方法に本格的に着手する形となりました。

それぞれ関係筋を当たって打開策を考案する過程で、災厄の止まった年のことを知っている人物の話を聞いたと情報があったのですね。

その人物は自らが災厄を止めたのだと証言し、その手がかりを残していると言うのですね。

しかしそれきり口をつぐんでしまった。それはまるで何かを恐れるかのような素振りであったわけですが。それとも罪の意識に苛まれてと言った方が当てはまるか。

神社へお参りに行ったと言うことは分かっているのだけれど、そこに何があるのか。そしてどのようなことを行う必要があるのかはまだ判明しておりません。

思いつきで言うなら、そこで生贄を捧げるとか、死者が誰か暴くための魔女裁判でも実施されるのか。そんなことを考えてしまうわけです。

実際は分からないけれど、とてもまともではない、何かおぞましいことが行われたのではないかと、直感的にそんな雰囲気がしますね。

鳴のお母さんは人形作家ですが、この人形と言うのもまた不気味であります。そんなことを言うと人形好きの方には申し訳ない限りですがw

もしかしたら、亡くなってしまった者の代わりに増える「死者」とは、この人形に乗り移ってクラスメートになりすましているなんてことがあるかも知れない。

これは全く根拠のない勝手な仮説であり、今のところ鳴のお母さんと災厄の関連は見出されていない。

しかしながら榊原のことを「あなたは死者ない」と断定する鳴は、やはり何か知っていそうな気がするのです。

鳴のお母さんが事情通なのか、それともかつての3年3組の関係者であったかも知れないことは可能性としてはゼロではないでしょう。鳴を心配して携帯を持たせている辺り、やはりお母さんは何かを知っている?

予断ですが、「いないもの」を2人にして失敗したのなら、いっそのこと「いないもの」を全員にしてしまったらどうだろう。「いないもの」には災厄が降りかからないとしたら、あるいはみんな助かるかも知れない。などと提案してみるのですがどうでしょう?(誰に聞いているw

もっとも「いないものは助かる」と言う根拠がないので、これもまた憶測に過ぎませんけどね。

それとついでに、いつの間にか増えてしまう死者のために、先に人形を置いてあらかじめ帳尻を合わせて死者が入り込めないようにするとか。

まあ、今はいろいろとやってみよう!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : Another

2012/02/23 22:50 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/02/24 | 刹那的虹色世界 |

Another 第7話

Another 第7話 『Sphere joint -変調-』  ≪あらすじ≫ 七月十三日。 何時死ぬか分からない恐怖に耐えきれず、真っ先に狂乱状態に陥ったのは担任の久保寺だった。自らが担任する三組のクラスメイト達の...

2012/03/01 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム |

2012年01クール 新作アニメ Another 第07話 雑感

[Another] ブログ村キーワード Another 第07話 「Sphere joint -変調-」 感想 #Another2012#ep07 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会す...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking