fc2ブログ

「世界一初恋2」第9話

【Love is blind.】
「雪名皇、21歳!北海道札幌市出身、油絵専攻3年!……好きな食べ物なんでも好き!嫌いな食べ物とくになし!……それから、好きな人は木佐翔太・・・!」


「オレ、お前のこと何にもしらないから・・・」

と言った木佐さんに向かって、突如雪名がまくしたてた自己PRにずっきゅん来ちゃったぜ!

先週のこと、女の子と一緒にホテル街に消えて言った雪名に嫉妬したと言うか、その姿があまりにはまっていたものだから、自分は分不相応だなと自己嫌悪に陥ったのは木佐さんでした。

仕事が忙しいのはしょうがないけど、素直になれないその性格が更なるすれ違いを演出してしまう。そんな関係に終止符を打とうとしたのだね。

だけど木佐さんが下した決断は自己完結してしまっていて、それは相手から嫌われるのが怖くて逃げ出したに過ぎない。

でも雪名は自分でも「けっこうしつこい性格」と言っていたように、木佐さんの本心を暴くまではかなり往生際悪く詰め寄っていましたなw

木佐さんは恋に対する不安を告白し、雪名は初めて木佐さんに向かって本気で怒ってみせた。こうやってお互いに本音でぶつかり合ったことによって、よりを戻すことが出来ました。

「ボクは木佐さんのことが大好きなんだ!」
「(でもオレはお前のことが好き過ぎて怖いんだ・・・)」
「好きだ好きだ好きだ!」
「(怖い怖い怖い!)」

この攻防に悶絶してしまったよ・・・。

お互いを好き過ぎる2人。男と女の組み合わせなんてもうつまんないな。

やっぱり恋愛は男同士じゃなきゃおもしろくないやい!

今週のセカコイを見ながら、つくづくそう思いました(いやいや、戻ってこーいオレ!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 世界一初恋2

2011/12/08 23:15 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/12/09 | 本隆侍照久の館 別館 |

世界一初恋2 09話『Love is blind.』

乙女部内での会議。 木佐はぼんやりとしてしまっており、話についていけず。ここのところ集中力がなさすぎることを高野に指摘されてしまう。 原因は木佐自身わかっているのだ。雪名のことだって……

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking