FC2ブログ

「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」第24話 最終回

【終わりと始まりのプロローグ】
世界を騙す。自分を騙すため、倫太郎はあの日へと飛ぶ。運命を先回りし、そして死をも欺く。マッドサイエンティストの名に恥じぬ、正に狂気の沙汰に興じる・・・。

倫太郎が行ったことは、がちゃポンでまゆりが引いたメタルウーパを先に出し、そして紅莉栖を気絶させその周りを血糊で染め、彼女が「死んだ」と見せかけることでした。まあ、これは予想できる作戦でしたけどね。

しかし全編に渡ってストーリーが緻密に練り上げられていたこともあり、最終回で迎えたカタルシスは最近のアニメの中では格別の感動を持って迎えられましたね。もうこれ以上何も言いたくない(笑)

考察はもうしません。とにかくオペレーション「スクルド」は大成功。倫太郎は瀕死だったけどね(ちょっとしたトラブルがあり、血糊の代わりに自分の血を使ったからw

全員が助かる世界線「シュタインズゲート」へと辿り着くことが出来た倫太郎が、これまで知り合って来たラボのメンバーたちの元を廻って歩く姿が印象的でしたね。

リーディング・シュタイナーを発動している彼にとっては、みんなは見知ったラボメンでもあり、そしてまたこれから出会うことになる新たな仲間たちでもある。

過去と未来が同居したこの不思議な感覚。苦労をともにしたことをねぎらうと共に、新たな出会いに心躍らす感覚が残ります。時空を越えて繋がっている絆に胸が熱くなる。

OPはいつも通りに入りましたが、2クール通してテーマソングが変わらなかったのは最近のアニメでは珍しい。だからこそ、このOPがいつも通り導入されることで期待感が高まるのですよね。作品と見事に馴染んでいたことの証明でしょう。テーマソングの大切さを改めて感じた。大事に扱われた曲であったとも言える。やっぱこれ名曲だわ!

これ以上は野暮なことは言うまい。最終回の感想はこんなところで締めくくろう。


<総評>
と言っておきながら、まとめに入ります(笑)

いやぁ、感動の余韻が収まらない。考察やら人間ドラマやら、抜群に惹きつけられた作品でした。

難解とも言えるSF的なディテール、厨ニ病全開のオタク臭を振りまきながら始まったアニメ。当初はとてもキャラクターに感情移入なんて出来るとは思っていませんでした。

しかし終わってみれば、主人公である岡部倫太郎にこれほどまでシンクロしてしまうことになろうとは・・・。

終盤は倫太郎の心の痛みが本当に手に取るように伝わってきたのですよね。ここへ至るまでの導入がじっくり描かれて来たことが奏功していたと。

倫太郎と共に一喜一憂し、彼が遂に絶望したときにはこちらまで落胆してしまう。

しかし最終回直前に光明を見出し、最初の頃の厨ニ全開の岡部に戻ると見ているこちらもまたわくわくし出してしまった(笑)

正に倫太郎の一挙一動がこのアニメを引率していたと言えましょう。

登場するキャラが厳選されていたのも良かったですね。ひとりひとりがきちんと掘り下げられ、それぞれがとても魅力的なキャラに仕立てられていました。

どのキャラにも存在感があり、そして嫌いなキャラがひとりもいない。と言うより、全員優劣つけ難いくらいに大好きですわ。

だからこの世界を守った倫太郎の功績は大きかったと。

みんながみんなでいられる場所を守った。とてつもないハッピーエンドだったと思います。

本当に素晴らしかった。アニメのスペクタクルを存分に堪能した半年間でした!

さてまあ、番組の終了と共に劇場版の発表がされました。アニメはこれで完結しているといえるので、後は一体どんな話をするのかと思うところですが、しばし余韻に浸る時間が延びるってことでいいのかな?w

総集編になるのか、語られなかったエピソードになるのか、それとも新しい展開を迎えるのか。今後も目が離せないところですね。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

2011/09/15 22:44 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(6)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/09/16 | Spare Time |

Steins;Gate 第24話「終わりと始まりのプロローグ」

『「未来を司る女神作戦(オペレーション・スクルド)」の概要を理解した岡部は、ラボへ戻って未来ガジェット「サイリウム・セーバー」を用意する。この内部には血糊が仕掛けられており、紅莉栖の血に見せよう...

2011/09/16 | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ |

STEINS;GATE 第24話(最終回) 感想「終わりと始まりのプロローグ」

確定した過去を変えずに、結果を変える------------!! さぁ、いよいよ最終回!! 昨晩は、思わず1話を見直してしまったくらい続きが気になっておりました。 サブタイも1話に繋がるというもので、またスタッフサイドのニクイ仕掛けに思わずニヤリでしたわ。 ...

2011/09/16 | 新しい世界へ・・・ |

Steins;Gate 最終回24話「終わりと始まりのプロローグ」

本当に素晴らしいの一言! さらに、映画化決定ですよ! STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray](2011/09/21)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る

2011/09/16 | 一言居士!スペードのAの放埓手記 |

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第24話(最終回) 感想「終わりと始まりのプロローグ」

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、岡部倫太郎は鈴羽と一緒にタイムマシーンで再び過去に戻ります。鈴羽はダルを「父さん」、オカリンを「おじさん」と呼びますが、椎名まゆりには敬意は払いません。 中鉢博士のタイムマシーン講座も飽きるほど繰り返していま?...

2011/09/16 | SERA@らくblog |

STEINS;GATE 第24話「終わりと始まりのプロローグ」

これが シュタインズゲートの選択――。 狂気のマッドサイエンティストにして世界の支配構造を破壊する男。失敗などありえん! 息巻いていた岡部ですが、サイリュウムに入れた血ノリで偽装って作戦上手くいく...

2011/09/17 | サラリーマン オタク日記       |

Steins;Gate 第24話(最終回) 「終わりと始まりのプロローグ」 感想

感動しました!!凄く綺麗な まとめ方をしてくれて大満足ですよ。 一体 どの様に世界を騙すのか、前回気になって仕方が無かったのですけど まさか オカリンが身体を張って紅莉栖を助けるとは思いもよらなかったです。 オカリン、漢だぜ!カッコよかったなー。 では、今…

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking