FC2ブログ

「神様ドォルズ」第7話

【追憶の肖像】
阿機が引き起こした事件の全貌。彼が闇へ落ちた、その瞬間が・・・。


隻のひとりであるアツシとの軋轢があったようですね。隻と言う立場をふりかざす横暴な彼が、外からやって来た先生にちょっかいを出していた。

瀬能千波野(せのうちはや)と言うその教師は、匡平にとっては憧れの女性であったし、阿機にとっては少しだけ彼の救いになっていた存在だったのでしょう。彼女のお陰で阿機は少しだけ人間らしくなれたのだから。

まあこのアツシが卑劣なヤツで、自分が相手にされないからって瀬能先生の悪い噂を流していた。閉塞した田舎の常で、部外者である先生は迫害を受けるようになるわけですね。これが最終的に悲劇を生むこととなる。

遂に瀬能先生に手を掛けたアツシにぶち切れ。彼の操る案山子を乗っ取って、阿機が暴走すると言うシナリオ。まあこの辺りの流れはなんとなく想像が付くでしょうが、阿機の人間性と、それがぶっ壊れてゆく過程が丁寧に描かれて、彼と言う人間にとても感情移入できる構成になっていました。

また一方で、隻でありながらも田舎の風習にとらわれ、結局先生を守れなかった匡平の悔しさも描かれておりました。

匡平は確かに正常な神経の持ち主で、この田舎にはびこる因習に違和感を感じていたのだけど、彼自身がそこから飛び出ることが出来ず(ある意味では彼はそれを言い訳に、思い切った行動を取らないようにしていたとも勘ぐれるけど)、それによって父と衝突することにもなったのでしょうね。「お父さんのわからずや!」ってヤツで。

だけど匡平は本当はやろうと思えばなんでも出来たはずなのです。隻として崇められているなら、それを振りかざしてよいのですから。それは卑怯だと彼が考えていたのなら、そんなのはくだらない美学。若気の至りと切り捨ててしまいますよ。

まあそれを差し引いても、単純に彼の弱さが「諦めること」を容認してしまっている。全てを村のせいにすることで逃げているだけなのですね。

でも阿機はそんな村の風習からいとも簡単に飛躍して見せる。ある意味で彼はとても自由な存在だと言える。もしかしたらそんな阿機に、匡平は憧れ、そして嫉妬すらしていたかも知れない。

そんな2人の関係が明かされたエピソードです。

結論を言いますと、彼は本当はここで隻辞めては行けなかったのですよ。何があっても隻を続けて、自分から村を変えて行かなければならなかった。それを拒否した匡平には、確かにもう隻としての資格はないと言えるかも知れない。

でもこうして阿機と再び出会ったことによって、彼の中で何か変化が起こり始めたのではないだろうか。今はそれに期待したい。

私の考えでは匡平と阿機は表裏一体とのような気がするので、彼らは競合した方がいいのではないかなと思います。

OPとEDを廃してじっくり展開してくれた今週は秀逸でしたね。素晴らしく鬱でもあったけど(笑)

壮絶なる事件のあらましに旋律が走りました。着実におもしろくなって来ている印象があるなぁ


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 神様ドォルズ

2011/08/17 23:10 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(5)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/08/18 | 新しい世界へ・・・ |

神様ドォルズ 7話「追憶の肖像」

予想以上に重い・・・ 神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る

2011/08/18 | 一言居士!スペードのAの放埓手記 |

神様ドォルズ 第7話 感想「追憶の肖像」

神様ドォルズですが、阿幾と先生の過去についてです。ロボット大暴れの封建的因習がドロドロと渦巻く隠れ里ですが、都会からやってきた女先生が爽快な風を巻き起こします。匡平も「あの頃はよかった」と懐かしみますが、幸せな日々は長くは続きません。(以下に続きます)

2011/08/18 | 日々“是”精進! ver.A |

「神様ドォルズ」第7話

“全て”の始まり・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108170000/ 不完全燃焼/スイッチが入ったら posted with amazlet at 11.08.11 石川智晶 flying DOG (2011-07-27) 売り上げランキング:...

2011/08/18 | アニメ徒然草 |

神様ドォルズ 7話

ひどい話だ。 というわけで、 「神様ドォルズ」7話 まったく、ムラ社会は最低だぜの巻。 先生のあれやこれやに関しては賛否両論あると思います。 確かに、モラルに反する行為だったとは思います。 ...

2011/08/18 | SERA@らくblog |

神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

阿幾と匡平、そして先生と…過去編。 隻の座を奪い返しても 篤史の復讐にされされボッチだった阿幾。 犬を庇ってボコされたとこを助けてくれたのが臨時教師の千波野だった。 ▼ 神様ドォルズ 第7話「追...

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking