FC2ブログ

「花咲くいろは」第9話

【喜翆荘の一番長い日】
さて、今週もなんかいろいろとやらかしてんなぁと言った感じです。先週はそれなりにいい話にまとまってたんだけどね。果たしてどうなるのかなぁ~


先週は喜翆荘に飛び込みのお客さんから大勢の予約が入ったわけですが、そのタイミングで女将さんが倒れ、同級生の結婚式へ徹が参加していたため厨房は蓮さんひとり。あ、ミンチがいたけど見習いだしな。そこで緒花が徹を迎えに町まで行ったところから今週のお話がスタート。

参ったね、こりゃ。みんなして緒花を全肯定ですかい。旅館が忙しいのに徹迎えに飛び出してっちゃうしさ。その行動を「お前が判断したことだからきっと上手くいく!」って、みんなして賛同しちゃうんだもん。

おまけに女将が作成していたお客さんの特徴を記したアンチョコを見つけ、それをみんなに託した緒花は今ではすっかり「喜翆荘の精神」となってるし。それは女将の努力の結晶であり、それをちょこっと覗き見しただけで旅館のなんたるかが分かってたまりますかいっ!

ちょっと有り得ないことになってます。

飛び込み客の予約殺到に、女将の入院。職人気質で頑固一徹の蓮さんが大量の仕込みにうろたえてしまう。でもって女将さんは一日で退院。翌日にもう旅館に来ちゃった。

都合の良い展開や、キャラの性格改変など、もうなんでもありだね。やっぱり今更シリアス展開はこのアニメには無理なのかなと思いました。

その一方で、徹を向かえに行った緒花はその行動を認められて、どうやらフラグが立った感じ。しかし緒花を思って喜翆荘を訪ねに来ていた幼なじみの孝一とはすれ違ってしまう。更に孝一は孝一で、仕方なく帰ることにしてバイトに勤しんでいたら、そこで一緒に働く年上っぽいお姉さんとフラグ立ててましたからね。彼女はここの店長かな?

遠距離恋愛にはつきものの誘惑と障壁。いよいよどろどろのメロドラマ化して来ましたね。まあこのいかにもな展開がミスリードってことはあるかも知れませんが。

人間ドラマのみで描こうとしてますよね。確かにそこは重要なんだけど、人間ドラマを引き立たせるためのディテールってもんをもっとしっかりさせないと。このアニメで言えば、旅館での仕事の細かい描写だとかね。

理想や精神論だけではいかようにでもなる。そこに「縛り」となるものがあって、それを乗り越えて行く葛藤や努力が描かれないと意味を成さない。単に世代の違いによる印象なのかも知れないけど、ここまで共感できないアニメってのも本当に珍しい。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




タグ : 花咲くいろは

2011/05/30 13:16 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/05/31 | 風庫~カゼクラ~ |

花咲くいろは 第九話『喜翆荘の一番長い日』

今の今まで“喜翆荘”の字を間違えておりました(汗) それにしても今回は…喜翆荘というより孝ちゃんの長い一日だった気が!? 甲斐なく終わった時って長く感じるじゃないですかw 花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS ポニーキャニオン 2011-07-20by G-Tools

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking