「今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?12」

さて、やっと記事上がりました。この度も参加させて頂きます。
アニメブログサイト、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人でらっしゃるピッコロさま主催のアニメ評価企画、第12回目の開催です。
HP>ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

<評価項目について>
・それぞれの評価項目は各5点満点。全6項目あり総合点は30点満点。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

<評価の指標>
5:とても良い
4:良い
3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル
1:悪い
0:かなり悪い

それではよろしくお願いしまーす!


【レベルE】
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 3
総合的な評価 4
合計 24

原作を読んだか読んでないかで評価が分かれるのだろうが、読んでいない私にとっては総じておもしろいと感じた。性悪キャラの王子は常に作品の中心にいたし、何よりその王子に翻弄されるクラフトの苦悩が愉快だった。きっと彼に共感できるものがあったからだろう。子安氏の演技に惜しみない拍手を!雪隆にもっと活躍の場面がほしいと思ったが、シーズン通してストーリーが繋がっているわけではないので致し方ないか。エピソードによって集中力が切れる部分があったのでストーリーは及第点と言った評価に留まる。


【テガミバチ REVERSE】
ストーリー 4
キャラクター性 3
画 2
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 21

原作と微妙にリンクさせながらも、別ルートで物語を上手く完結させたところが良かった。オリジナルのエピソードでは失敗している部分もあるのだが、全体としてのまとまりを感じさせた。個人的には作画についてとやかく言うタチではないが、原作者が画力の高いこともあって、このアニメに関しては作画の乱れが気になるところがあったか。これについては第一期も同様。再現するのは確かに厳しいかと思うが、画に気を取られてしまうと物語に集中できなくなってしまう。夕方枠で子供たちが視聴するのに適したアニメだったと思うが、人工太陽の薄暗い世界での話なので深夜の方が合うと判断されたのか。まあ、余談ですが。



【Rio Rainbow Gate!】
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 4
総合的な評価 4
合計 20

思ったよりしょっぱい評価になってしまったが、決して楽しめなかった作品ではない。残念なことはキャラの使い方が上手くない気がした点。時折とってつけたようにサブキャラが割って入る程度。特に最初に登場しておきながら、ないがしろにされ気味だったミントが気の毒だった。但し、ハリウッド女優のローザはミザリーが乗り移ってからは良い味を出していた。


【君に届け 2ND SEASON】
ストーリー 4
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 4
総合的な評価 5
合計 27

ワンクールと短いながら、今期もきちんとクライマックスを作って盛り上げてくれた。話を引っ張るためか、爽子と風早の間に邪魔者が介入する場面が意図的に過ぎると感じることもあったが、とにもかくにも爽子と風早が結ばれてくれたのが何よりもうれしい。終盤はもはや名場面の宝庫とさえ言える。


【ドラゴンクライシス】
ストーリー 1
キャラクター性 3
画 3
演出 1
音楽 3
総合的な評価 2
合計 13

そもそもストーリーが完結するわけがないと言うところから、それでも見せるものを作り上げ健闘していたのが「伝勇伝」だとしたら、投げっぱなしで終ってしまったのが「ドラクラ」と言える。残念を通り越して「一体どうしたんだ!?」と言いたくなってしまう。全くどこをどう評価してよいか分からない。「ローズかわいい!」だけで終わってしまってはダメだろう。


【これはゾンビですか?】
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 2
音楽 4
総合的な評価 4
合計 21

ハルナはかわいいし、ユークリウッドの妄想声で毎回CVが変わる演出もとても楽しかった。作品としては好きだが、方向性が迷走してしまった点で高い評価には出来ないところがある。シリアスとギャグの指針をどちらに振るのか?このバランスが悪かったことが原因で、居心地の悪さを最後まで払拭できなかった。こんなにも魅力的なキャラが揃っているのだから、あるがままに遊ばせておけば良かったのかも知れない。


【フラクタル】
ストーリー 2
キャラクター性 2
画 4
演出 2
音楽 4
総合的な評価 2
合計 16

ファンタジーらしいファンタジーを期待したのだけれど、それに反して内容は泥臭いものとなった。作品のテーマやメッセージ性と言うものにこだわってしまったが故に、物語を見せると言う本質的な部分を見失った感がある。主人公の行動が成り行き任せで、彼なりの信念と言ったものが見えなかった。主人公を始め、ストーリーを引率するキャラを排出できなかったのが辛い。


【放浪息子】
ストーリー 5
キャラクター性 5
画 5
演出 4
音楽 4
総合的な評価 5
合計 28

当初から言われていた通り、このアニメは決してトランスジェンダーをテーマにしたものではないことは、最終回での結末を見ても明らか。思春期の少年少女たちの他愛のない戯れとも言えるし、アイデンティティの模索であったかも知れない。非常に考えさせられる物語で、序盤においては心情的にかなりへヴィなことが多かった。主人公が最後、自分なりの答えを出すことができたと言う意味では今期の中では数少ない、きちんと完成されたアニメだったと思う。危うい思春期の少年少女たちにどきどきさせられたと同時に、「ドキッ!」と驚かされることしきりだった作品。個人的には非常に思い入れのあるアニメとなった。


【夢喰いメリー】
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 3
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 21

夢の中を舞台にしたシュールな作品だったが、雰囲気だけに流されずきちんと一本筋を通したアニメであったと思う。キャラが息づいており、その行動に納得もが行き、やるべきことをこなしていたと感じた。確かに不明確な部分はあったが、謎が謎のままにされていたのはむしろこの作品には合っていた気がする。このままで終わって欲しくはないアニメである。


【お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!】
ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 4
総合的な評価 4
合計 25

変態の兄を影から見守るストーカーの妹と言う図式でもって、ワンパターンのギャグ形式で押し切った作品。このテンプレで色々なギャグを見せてくれたことが本当に楽しかった。このまま行くとネタ切れを起こすのではないかと言った危惧も、ワンクールなので気にせず見れた。「兄好きの妹」がリアルで存在しうるか否かかに関わらず、その設定自体をギャグに昇華できたのが成功の秘訣だろう。かくも奇人変人揃いでとてもおもしろかった。


【バクマン。】
ストーリー 4
キャラクター性 3
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4
合計 22

掘り下げて欲しいエピソードなどが意外にあっさりと解決してしまったりと、いささかご都合主義なところが見られ、その辺りは駆け足になってしまったかなと言う印象がある。しかしマンガ編集の裏側などのディテールを含め、ストーリーは非常に良くできていたと思う。特に大きな欠点の見当たらない安定した作品だった。第二期も待ち遠しい。


【みつどもえ増量中!】
ストーリー 4
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 25

第一期と違い、既に作品に慣れ親しんでしまっていることからインパクトはほどほど。しかし全8話と言う短距離走でもって、パワーもテンションも落とさず突き進んでくれたみつどもえは今期も痛快だった。丸井家だけでなく、クラスメートの家族が登場する場面も多くなり、今後も作風の広がりに期待できる。


【とある魔術の禁書目録Ⅱ】
ストーリー 2
キャラクター性 3
画 4
演出 2
音楽 5
総合的な評価 3
合計 19

いつも不思議な魅力はあるのだが、本当におしろいのかどうかがいまいち分からないのが「禁書目録」と言う作品。ラノベとしてはすごく画期的な作品なのだけど、ラノベの良い所も悪い所もひっくるめ、その全てを体現してしまっているところが痛いのだろう。バックグラウンドがこと細かに設定されているからこそ、どっちへ転んでも話が成り立ってしまう点が問題なのかも知れない。思いつきで話が進み、そのまま帰って来ないような印象がある。しかしそれでなんとなく辻褄が合ってしまい、ある程度のまとまりを持って完結出来てしまうので(実際は出来てないのかも知れないが)タチが悪いのだ。


【STAR DRIVER輝きのタクト】
ストーリー 4
キャラクター性 3
画 4
演出 5
音楽 4
総合的な評価 4
合計 24

ロボット同士の戦闘シーンでの斬新な映像が先ずは印象的。毎週終盤に戦闘シーンが設けられ、ウルトラマンを思わせる構成でおもしろかった。各話はそのテンプレに沿って話が進むが、全体的なストーリーでは世界観を紹介しながら、各所に視聴者を引き付けるフックが用意され最後まで飽きさせることがなかった。意欲的な作品だが、それらが概ね成功していたことが喜ばしい。


【フリージング】
ストーリー 3
キャラクター性 2
画 2
演出 2
音楽 3
総合的な評価 4
合計 16

終盤の盛り上がりには見るべきものがあったのだけれど、やはり大半を費やして描かれた学園内抗争が後味を悪くしている。テンプレでよいので、友情を築き上げて行く少年漫画的な図式が欲しいところだった。でないと仲間が倒れたところで、見ている方は何の感慨も覚えない。こんなことならNOVAは出てこない方が良かったとさえ思える。NOVAさえ忘れることが出来れば、女版「ビーバップハイスクール」と言う方向で割り切れたことだろう。


【インフィニット・ストラトス】
ストーリー 2
キャラクター性 4
画 4
演出 2
音楽 3
総合的な評価 3
合計 18

実質、何も生まない作品だった。強いて言えば「シャルかわいい」くらいか。「戦闘用ではない」ロボットで何故「戦闘している」のかが意味不明。あくまでスポーツだと言い張るなら、短距離走とかでいいじゃないか。もっともそこにこだわるとこの作品の存在意義を全否定することになるのでこれ以上は言わない。こう言うシチュエーションのハーレムアニメだったのだと自分に言い聞かせることにする。



【まどか☆マギカ】
ストーリー 5
キャラクター性 4
画 4
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5
合計 28

もはや言葉に言い尽くせないところがあるのだが、話題性やおもしろさについては「まどか」を置いてこれほど惹きつけられるアニメもなかった。最終回については賛否見られるようだが、伏線回収も含めたストーリーの着地のさせ方、もはや第二期は出来ないだろうと思わせる完成度でもって、同シーズン中、他の追随を許さなかったと思う。今後、新たに登場するであろう「魔法少女物」に関して影響を及ぼすほどの「神話」を作り上げたかどうかは分からないが、あらゆるアイデアが出揃ったと思われるこの時代に、これほどのインパンクトをもって迎えられた作品も稀少ではなかったか。既存の「魔法少女物」の常識を取り払い、アプローチの視点を変えたことが「まどか」成功の鍵となった。音楽もとても素晴らしかった。確かに隙はないが、決して優等生ではなく、かなり歪でダークな物語に心底耽溺した。


ベストキャラクター賞
二鳥修一(放浪息子)

「これゾン」のハルナちゃんと激しく迷ったが、とにかく愛しくてたまらないこの子に栄誉を!

ベストOP賞
「コネクト」ClariS(魔法少女まどか☆マギカ)

実は歌詞の内容がストーリーと密接している。やっぱこれしかないなw

ベストED賞
「君に届け...」MAY’S(君に届け)

同シーズンではこれと「For You」Rie fu(放浪息子)が上手く作品の世界観を継いで毎週感動を誘ってくれたのだけど、両方は選べないので断腸の思いでキミトドに栄冠を!アイリッシュトラッドが新鮮だった「Down By The Salley Gardens」AZUMA HITOMI(フラクタル)も良かったのだけど、肝心の本編がいまいち盛り上がらなかったので(笑)

ベスト声優賞・男性
浪川大輔(レベルE、君に届け 2ND SEASON)

バカ王子と純真な風早とのギャップがスゴかった(笑)放浪息子の中の子も絶妙なハマリ具合だったのですけど、今後の動向が分からないから票は入れられない。「声優」と言った意味では弱い部分がありますしね。

ベスト声優賞・女性
野水伊織(これはゾンビですか?)

このシーズンはハルナちゃんくらいですか、出演してたのって?でも一番印象に残りました。来期くらいから出番が多くなるみたいなので、とっておきたかったのですが我慢できんかったw


総評的に>

これで全てとなります。
まどかが最後に持って行ったと言う感がありますが(笑)1話目から惹き付けられましたしね。それまでは放浪息子が一番だと思っていたんですけど、まんまと出し抜かれちゃったと(苦笑)っつーか、忘れた頃に大物が来た感じでした。
声優部門が男女共に悩んだのですが、そう言えば浪川さん良かったなあと思ったのと、これゾンはハルナちゃんに救われた作品だったと思ったので一票入れておきました。
この記事上げる直前になってから「テガミバチ」を書いてないのを思い出し急遽リストに加えました(笑)

「タクト」や「まぎか」などテレビオリジナルアニメが好調なのが嬉しいですね。「お兄好き」、「みつどもえ」はきっちり笑わせてくれました。やっぱギャグアニメはいい意味でバカじゃないと。

一方で「レベルE」や「夢喰いメリー」など原作改変組は評価が分かれたみたいですね。特に「レベルE」は微妙な改変で印象が大きく変わると言う興味深い結果を生みました。

酷いのがラノベ組ですよね。「ドラクラ」と「とある~」はもう末期的とも思える状況に? まあ個人的な印象だけですけど。「これゾン」も失敗してるし。もしかしてラノベってアニメ向きじゃないんじゃないかと。是非、製作サイドには再考察をお願いしたいところですね。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011/05/06 22:15 | 今期終了アニメの評価をしてみないかい?COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking