FC2ブログ

「魔法少女まどか☆マギカ」第12話 最終話


【わたしの、最高の友達】
――関東では3話連続放送。でも感想は全て分けて書きます――

最高で、最良のエンディングではなかっただろうか・・・。

まどかが最終回でやっと魔法少女になるんじゃないかと予測しました。そして全ての魔女をリセットするのではないかとも・・・。
「魔法少女まどか☆マギカ」第6話

それはある意味で当たっていたけど(多くの方も予想されたかも?)、何よりうれしいのは、監督の新房さんや製作のシャフト、関わったスタッフと思いが同じだったことに一番感激したと言うか。祈りが、その祈る方向が一緒だったことにシンパシーを覚えたのです・・・。

まどかが魔法少女になるための願いはやはりひとつだったのです。

それは「全ての魔法少女を元に戻す」こと。それがまさか太古に存在した「魔法少女」の救済に至るとまでは予想だにしなかったですが・・・!

祈りの対価と言うのは、魔法少女になる思春期の女の子の資質に掛かっていると、キュウベエが説明していました。だけど魔法少女の全てを元のとおりに還元するとなると、宇宙の摂理を覆してしまうことになる。この世界では、魔法少女が魔女になることによって発生するエネルギーによって世界を存続させていたのですから。

それを覆すと言うことは、世界を生成する構造そのものを変化させることに等しい。それはとてつもないことなわけで、普通ならキュウベエにすら叶えられない願いであったわけです。

だけど、まどかにはそれを実現できるだけの対価があった。まどかはそれを知り、全てを自分で受け止めて、世界を背負い込んだ。言い換えれば、「自分が世界そのものになった」と言っていいかも。

まどかは全ての時間と空間に存在し、意識はされないけれども、人々の無意識の中になんとなく感じられる存在となった。ある意味でこれは「神」に等しい。

だけど欧米的な一神教ではない。東洋的な八百万の神に近い雰囲気は持ちながら、それともまた違う感じがする。それが何なのかまだ考えはまとまらないけど、この独特の宗教観と言うか、むしろ宗教臭くない宗教観と言ったものに結びついているのだと思う。

「世界系」とかって安っぽい言葉で処理したくない。それとは全然質が違うと思う。色んな宗教をひっくるめて「これだ!」ってところを示したのではないかな。それこそ「魔法少女にしか出来ない」ことだったかと。オールマイティのカードを使うなら正にこのタイミングでしかなかったと言うわけ・・・。

だけどしかし、ほむらは結局戦い続けることになるけど、それも以前とはまた質が変わっている。そこにはまだ希望が見えるから。

希望がある戦いと希望のない戦いでは、また意味合いが違ってくるのではないでしょうか。

まどかが世界を変え、全ての人と、それから全ての魔法少女が希望を持てる世の中へなったから。まどかを感じで戦うほむらは希望を抱くことが出来るのですよね、きっと。

まどかが実現したことは結果的には小さなことだったかも知れないけど、それには大きな意義があったのだと思う。誰も絶望しない世界って、それを実現するのは並大抵のことではない。それだけで世界は変わるってことを、まどかは教えてくれたのでしょう。

でも最後に自分がしたことを、親友のさやかに弁解と言うか、説明できたのは良かったなぁ。もし自分が死んだとして、「あのとき、ああ言ったことは本当はこう言うことだったんだよ!」と言い訳できたなら、それだけで死んだ意義が出てくるよね。それをちゃんと知らせることが出来たまどかは幸せだ。

もちろんあれだけの対価を支払ったのだから、これくらいは当然プライスレスでお願いしたい(笑)

もう圧倒的でした。

さまざま意見はあると思いますが、私は最終回については大いに納得しました!

言い残すことはないです。最終回までまどかは素晴らしかったと思います。ここまで徹底的にやってくれたアニメも他になかった。

関東ではこうして最終回まで3話連続放送となり、最終回までに一週間、考察する時間が欲しいと思っていたところもありましたが、そんな必要もないくらいでした。

感動しました。ほむらが未だに戦っているのが何故か。その姿がやはり不憫なところは悲しいですが、それでも今の彼女には希望があると言うことで納得できます。キュウベエもそんなに悪い存在ではなくなっているようで何より。

「希望」を抱くことが決して無意味でない世界を作り上げてくれたまどかに、惜しみない感謝を捧げたい。

総評はとくに書きません。

「まどかはみんなの心に生きている!」と、そんな言葉で締めくくりたいと思います。

まどかこそは最高の心の友達だ!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト




タグ : 魔法少女まどか☆マギカ

2011/04/22 06:52 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(6)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/04/22 | KAZUの暮らし |

魔法少女まどか☆マギカ  11 12話 (最終回) ・・・・(????)

交わした約束忘れないよ 目を閉じ確かめる 押し寄せた闇 振り払って進むよ 最終回を迎えるまで本当に長かったですね! 震災とか色々あったけどちゃんと放送してくれてありがとうございます。...

2011/04/22 | 失われた何か |

魔法少女まどか☆マギカ 12話(最終話) 「わたしの、最高の友達」 (感想)

  まどかが願ったのは全ての魔法少女を救済する事。 世界の改変、魔法少女というシステムを壊す事でした。 しかしシステムは壊しても、 魔法少女は夢と希望と与える存在であると まどかは言い切りました。 魔法少女モノとして、最後は締めくくったと思います...

2011/04/23 | アニメ徒然草 |

魔法少女まどか☆マギカ 12話(最終回)

リボンと弓矢が、二人の絆。 というわけで、 「魔法少女まどか☆マギカ」12話(最終回) 少女よ希望となれの巻。 全ての因果を肩代わり。 断ち切るのではなく、引き受けるという結論に感じ入った。 ...

2011/04/23 | 一言居士!スペードのAの放埓手記 |

魔法少女まどか☆マギカ 第11話 「最後に残った道しるべ 」、最終回「わたしの、最高の友達」の感想

魔法少女まどか☆マギカですが、時空遡行者・暁美ほむらにより鹿目まどかの因果律や魔法エネルギーが莫大なものになっています。インキュベーダーはまどかに、人類との歴史を語りますが、人間と家畜との関係を引用し、知的生命体として交渉し十分に譲歩していると嘯きます...

2011/04/23 | SERA@らくblog |

魔法少女まどか★マギカ 第11話・第12話「最後に残った道しるべ / わたしの、最高の友達」

これは私の祈り、願い――。 一ヶ月。 ほむらが何度も繰り返した同じ「一ヶ月」。 まどかを助けたいってその一心で。 だが、それが世界の因果をまどかにコネクトさせ。 最強の魔法少女=魔女とすることにな...

2011/04/24 | 明善的な見方 |

魔法少女まどか☆マギカ 第11話&12話

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] ついに完結! 良かった!良かったよおおおお! ・11話「最後に残った道しるべ」 ・12話「わたしの、最高の友達」

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking