FC2ブログ

「STARDRIVER輝きのタクト」第25話 最終回


【僕たちのアプリポワゼ】
ザメクが復活するとき、世界の終わりが訪れる・・・。

ヘッドの目的が明らかに。時間軸の中を自在に航行できるザメクを駆り、世界を滅ぼした後に自分だけが過去を行き来し存続し続けること。そんな野望を持っていたヘッドこそが、やはり一番の黒幕だったわけですな。

そしてスガタが綺羅星十字団入りした理由もまた明らかに。彼はザメクのドライバーで、そんな風に世界に危険をもたらすザメクと共に封印されるようとしていたと。ヘッドのような悪人物に利用されないようにね。

ヘッドの野望は、その息子であるタクトが文字通り「一発ぶん殴って」阻止したわけですが、ザメクは今まさに封印されようとして沈んで行くわけですよ、スガタもろとも。

スガタを救うためタクトが下した決断は、皆水の巫女であるワコのサイバディを破壊することでした。これによってゼロ時間が崩壊し、仕組みはよく分からないけど、通常の時間よりも比重が軽いためか、浮き上がるようにしてザメクが上昇してくるのですね。そしてザメクとタウバーンが最後の死闘を繰り広げることになる。

これはタクトとスガタの対決と見ることも出来るけど、ここにはもうスガタの意思はなかった気がします。ザメクと一体化してただろうから、自分へ向かってくる敵に対し本能的に反応していただけなんじゃないかな。

でもこんな巨大な敵にもやっぱり拳ひとつでぶん殴りに行ったタクトの根性は見上げたもの。眠れる森の少女ならぬ、眠れるスガタを叩き起こしたのは王子さまのキスではなく、銀河美少年のパンチだったとw

そしてサイバディを破壊されたワコも、巫女としての縛りから解放されたのかな。ここら辺は回収されなかったけど。


<総評>
まあ、見る人によってさまざまな思いが交錯する結末だったと思いますが(笑)

最後はもう「ガキーン!ジャキーン!ボカァーン!」って感じで勢い任せなところがありましたからね。ロボットアニメらしいラストって言えばそうなんだけど。

尻切れトンボな感は否めないし、決してバランスが良いアニメとも言えなかったけど、テレビオリジナルアニメだったので原作の縛りがなく、そのお陰で実現出来たフリーダムな演出が見る者を楽しくさせていたと思います。

伝説が残る島で、太古の巨人像がパラレルワールドで一騎打ちを繰り返す。この世界観はとっても魅力的でした。

このバトルはいつも最後の3分くらいで戦われますが、さながらウルトラマンシリーズのような構成を感じさせるもの。テンプレートみたいなもんで、あえて余計なことをしないところが分かりやすかった(見やすかった)と言えるか。まあ、中盤で弱冠マンネリとしてはくるのだけど(笑)

結局サイバディって何の目的で作られたものなのか、それと巫女の存在と。そこら辺の根本的なところはよく分からなかったのですけど(私が見落としていただけか?)、まあ変に小難しくしないでそれはそれとしておきましょうか(笑)

まあそれでも充分に楽しいアニメでありました。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト




タグ : STARDRIVER輝きのタクト

2011/04/04 20:20 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking