「サクラクエスト」第18話

ミネルヴァの杯

ひとつところに根を下ろす

わらびや集落で興った「在宅クーデター」。鈴原教授が企てた策略の顛末とはいかに。

「路線バス廃止反対!」

チュパカブラ王国からの離脱を試み、遂には「わらびや共和国」の看板を掲げるに至ったクーデター。そのスローガンに共感した国王はすっかり馴染んでおりました。最初は「人質」だったはずなのに(笑)

ただまあそれ以上に馴染んでいたのはサンダルさんでしたけどね。ドクが発明した外でこたつに入りながらセンサーで車の到来を察知し自動で避ける居間でもって、みんなとみかんを食べておりましました(うーむ。言葉だけだとどんなシチュエーションかまったく理解不能だw

それはともかく。国王のこの行動には王国の大臣たちも困惑。特に早苗さんはご立腹の様子。祭りの復活という大仕事を控え、何ゆえこんなところで油を売っているのかと。それに何より、自分とは師弟関係にある鈴原教授の思惑が分からない。

そこで国王を一喝するついでに?(いやそういうわけじゃなかったけどw)教授と腹を割って話をすることになった早苗さん。そこで聞かされたのは思いがけないことでした。

そもそもバス路線の廃止は止められないだろうと思っていること。ただわずかな希望だけは抱いている。それよりもこの集落の風習や伝統、あるいは文化を残したいという思いが教授には先にあったのですね。

伝統料理の伝授。雪囲いの様子。「かかげ灯篭」という風習では、夜間、玄関先に灯篭を掲げる。町の風景が雅になるとともに、灯篭が灯っているうちは家内の人は健在だと知ることが出来る。そんな風流な習慣。

これらを残したいと考えた教授は、古来の風習を現代の技術でもって保存することを考えていたようです。

デジタルアーカイブとしてのSNSの存在。ネットワークが普及し、今や在宅しながら隣人とコミュニケーションを図れる環境が今のわらびや集落にはある。これを利用することによって日々の暮らしの様子が映像で残せるようになっていたのですね。気が付けば、ね!

鈴原教授は初めからこれを画策していたのです。つまりこれを構築した早苗さんたちは教授に一杯食わされたというわけ(笑)

わらびや集落に越して来てから20年。その伝統や文化に触れ、それがみな人によって作られて来たものであると教授は知ったのかも知れません。

北国での厳しい自然環境での暮らしは人の助け合いがあって初めて成立するもの。その中でこの土地の風習は培われて来たもの。それをもう一度思い出してもらいたい。教授の想いはそこにあったと言えます。

そしてそれは独立を画策した共和国へ対する支援が途絶えないことが証明していたと言えましょう。

しかしてバス路線は新たな形で継続することとなりました。運転手の高見沢さんが会社に掛け合い、タクシーと路線バスの中間的な役割を担うべく乗り合いバスとして復活。まだ試運転状態ですが、ネットで簡単に予約できるし、乗り場も玄関から玄関なのでお年寄りにも優しい。

実は以前にも同様の提案をしていたそうですが、そのときはコストの問題で蹴られてしまった。だけどネットワークの整備によってそれが解消された。かつての情熱を甦らせて行動を起こしてくれた高見沢さんの英断のお陰でありますw

これにてめでたく問題は解決。当の鈴原教授でさえ、ここまで成功するとは!とのお墨付き(笑)これで独立宣言は撤回され、大団円のうちにクーデターは鎮圧されたのでした。

みんなでひとつになって町を復興させよう。

言葉でいうのは簡単だけど、これはそれを実現するためのひとつのヒントにもなっていたような気がします。アイデアがなかなかにぶっ飛んでいたことは否めませんがw

騒動もひと段落したあと、ウィスキーに入れる氷を取りに台所へ向かった鈴原教授は、そこで突然ばたりと倒れてしまいました。国王がそれを聞いたのは訃報としてでした。

葬儀は滞りなく行われ、またしっかりとした遺言も残されていたことから、それは正に立つ鳥後を濁さずの図そのものであったと言えます。

ただ教授が残して行ってくれたものがある。それはわらびや集落へ来てから1日足りとも欠かさず書き続けた研究ノートでありました。そこには集落の一部始終が書きつけられていた。それは教授が人を見て暮らしを見て来たその全てであったと言えます。

文化人類学者としての使命がそうさせたのか。それとも・・・

ただひとつ言えることは、そこに住む人、その土地そのものが好きでなければ20年もの長きに渡って続けられるものではない大仕事であるということ。

「根を下ろす」

その言葉の意味を深く受け止めた早苗さん。どうやらまだしばらくは間野山に身を置くと決意した模様ですw

さて、そうは言っても祭りの復活も大事!肝心の三種の祭具はどこに!?と思っていたらSNSに書き込みがひとつ。

なんと教授の暮らしていた蔵の中にひとつ眠っていたのですねぇ。まあこれは視聴者には周知であったわけですが。

教授に踊らされ・・・いやいや。教授の願いを叶えることになった国王たちに対する教授からのご褒美と思って受け取るがいいさ!w


@ムハンホウちぇっそ@

<a href="http://animation.blogmura.com/"><img src="http://animation.blogmura.com/img/originalimg/0000055533.jpg" width="140" height="112" border="0" alt="にほんブログ村 アニメブログへ" /></a><br /><a href="http://animation.blogmura.com/">にほんブログ村</a>

スポンサーサイト

タグ : サクラクエスト

2017/08/03 22:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking