映画泥棒ファン垂涎のハッスルプレイ!

久しぶりに開催のスーパードラマー列伝!です!

今回ご紹介するのは映画館でおなじみの「あの人」www



普段から著作権×2とうるさく言っている人だからあえて伏字にしておきますが、むしろ本人が盗みまくりですw

有名な映画音楽を叩き倒し!いやもうここまで来るとネタと言うより、ひとつの芸として風格すら漂います。

ただし普段はこの方、先日復活を果たした龍の玉にご出演のFさん?・・・という噂が飛び交っているのですが、定かではありません。

まあ私も時々チェックしており、新作が出る度に楽しいプレイに抱腹絶倒させて頂いております。

いやぁ、映画って本当にいいものですね!

それでは今回はこんなところで。バイナラ、バイナラ~


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/06/06 18:01 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ニュー・ウェーブ・オブ・バンジョー・カヴァー・メタル

久々のこのコーナーですね。ご存知の通り、もう全然ドラムのコーナーじゃありませんけど。

まずはこの演奏を聴いてみてください。



はい。バンジョーによるアイアン・メイデンでした。

なんかすごく和む演奏で18世紀くらいにメイデンがいたらこんな風だったかも知れません(もっともバンジョーが登場したのは19世紀になってからみたい

続いてはこちら。



大人メタリカですね。グループサウンズみたいで美しいコーラスまで付いている。

なんだか懐かしい気分にさえなってきます。もっとも曲自体、私はもう25年もの間聴いており、懐かしいというより既に飽きてしまっているくらいですが。

ここまで来てお分かりのとおり、いまバンジョー界ではメタルの波が来ているのでょうか・・・その辺りの事情は全く存じませんが、こうしてよく知った曲が味わい深くアレンジされているのを聞くのはなんとも楽しいものです。

それでは最後にこちらをお聞きください。



バンジョーでデスメタル。しかもスポーン・オブ・ポゼッションなんてマニアック過ぎて私でさえ名前くらいしか知りません。激速ブラストのバンドですね。

今回ご紹介した人たちは他にもスレイヤーとかAC/DCとかのイカしたカヴァーを演っているので、興味ある方は探してみてはいかがでしょうか。

Image1731.jpg
バンジョーにはネコの皮を張らないから安心だね


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2015/02/28 23:37 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

衝撃!軽く引くほどの壮絶ドラミング!

久々に開催のスーパードラマー列伝コーナーですが、いきなりですが今回は閲覧注意です。心臓の弱い方は今すぐお帰りください!



笑撃・・・じゃなかった。いままでドラムソロを見てきてこれほどショックを受けたことはありませんでした。

端正なジャズを奏でていたと思ったら一転、すさまじく激しいドラムソロへと移行。衆人環視総出が軽くと言うか、かなりドン引きしている様子がお分かり頂けるでしょう。

何かに取り憑かれたかのようなスティックワーク。エクソシストでも憑依されたのかと言う壮絶さがあります。
しかし本当のショックはこの後やって来ます・・・。

なんと、ヴォミット!

ありえない・・・。何が彼をここまで駆り立てた!?

激しいツーバスに足がつったドラマーは見たことがありますが、胃の中のものをぶちまけた人は初めて見ました。
衝撃の映像に動画に寄せられたコメントには気のきいたものも見られました。

「ジャズだからwww」
ジャズかんけーねーし。

「うまいwwwww」
ゲロは酸っぱいだけですよ?(あくまで演奏に対して贈られた言葉であることは分かっています

正直、軽くトラウマになりそうなほど笑い転げました。

すごい。世界は広いですね。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2013/11/16 22:38 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

SLAYERのすごいカバー!



久しぶりに開催するスーパードラマー列伝ですが、久しぶりなのに番外編をお送りします。

アコギで演奏されるSLAYERが凄かったのです。

ときにギターをパーカッションのように叩きながら、「Seasons In The Abyss」を披露しています。

ご覧になって分かる通り、まあとにかく凄いんです。

原曲は重量感溢れるナンバーなのですが、このパーカッシブなギターのアレンジが、デイヴ・ロンバードの奔放なドラムの雰囲気をよく表しています。

この人、歌まで歌っちゃうのですが、こうして聴いてみると、スラッシュメタルの帝王の曲がアコースティックに上手くはまっていることに気付かされます。

誰かが、多分伊藤正則氏辺りだったと思いますが、「良い曲はアコースティックに耐える」と言う言葉が思い出されました。

SLAYERって実は曲そのものが良く出来ていたってことですね。素晴らしい事実です。

今度は「Crypts of Eternity」とかやって欲しいなぁ。ちなみに無闇に選曲しているのではなくて、ちゃんとパーカッシブなアコースティックアレンジに合いそうなのを選んでるつもりですよ?

SLAYERじゃないバンドなら、DESTRUCTIONの「Mad Butcher」辺りも良さそう。

なんか勝手にリクエストしてます。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2013/03/23 21:38 | スーパードラマー列伝!COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

ロシア式ドラムテクニックの最高峰

今日のお昼は近所に出来た新しいラーメン屋さんへ行きました。今日開店したてホヤホヤ。

「徳福」と言う徳島風ラーメンを出すお店で、都内でも既に何件か展開されているようです。

徳島ラーメンって何?って話ですが、言ってみればスキヤキ風の感じだそうです。口コミ検索した。

なので具がチャーシューじゃなくて、豚バラ肉になってます。スープは豚と鶏ベースだったかな。

スタンダードな中華そばを注文。こってりスープが中太麺によく絡んで、なかなか美味しいじゃないですか。

豚バラ肉とスープの相性も良い。これがチャーシューだったら、チャーシューの風味が消えていたかも知れない。納得のコンビネーションでした。

オープンしたてなので、まかないのおばちゃんたちが全く段取りできてなくで、しっちゃかめっちゃかだったのはご愛嬌。

スープは馴染んでたし、ときどき利用させてもらおうと思います。



さて、久しぶりに開催する「スーパードラマー列伝コーナー」です。

今回はロシアから、マスタークラスを担当するアレクサンドル・ブロワさんをご紹介致します。

誰なんですかね。このおじいちゃん?私、全然知らないんです。

でもなんかすごいドラムが達者でホレボレしてしまったので、是非ごらん頂きたいなあと思った次第です。

完全に力の抜けきったフォーム。普通は達人レベルだと、スティックが綺麗な軌道を描いてヒットするのですが、スティックの先端を見ていると分かるのですけど、常にブレブレなんですよね。

だけど全くミスショットがないのが驚異的。ドラムの真髄を捉えているようで、無理のないストロークでもってディナーを楽しむように演奏してしまう。まるで焼き魚を食べるのが上手なご年配の方を見ているようです。

ツーバスのテクニックもすごくて、キックでのダブルストロークとかも平気でこなしちゃう。ドリームシアターのオーディションにも参加したトーマス・ラングでさえ、おじいちゃんの前にはまるで赤ちゃんのように見えます。

4WAYコンビネーションやポリリズムだってお手の物。ドリームシアターに加入したマイク・マンジーニですら真似できないような(したいと思わない)だろう凄さがあります(基準が全部ドリームシアター

果てはグラヴィティ・ブラストまでぶちかまして、しかもフロアタムでやってしまう。これならドリームシアターのオーディションに参加したマルコ・ミネマンに替わってネクロファジストにだった加入できるかも知れない。

しかしこれほどのテクニックを擁していようとも、どこかドンマイに見えてしまいます。例えばハイハットのシャフトにスプラッシュシンバルがセットされていて、なんかダサイとか。

叩き出すフレーズがなんかアレだとか。耳が遠いのか、途中バスドラだけのソロをしているときに聞き耳を立ててしまうとか。

向かっている方向が、やっぱりバカテクなんだけどよく見るとただのおもしろい人になっているボビー・ジャーゾンベック(この人はドリームシアターのオーディションに参加していない)に近い雰囲気があって、なんか微笑ましいです。

とってもかわいいおじいちゃんです。大好きです。これからは師匠と呼ばせて頂きます。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2012/09/15 22:03 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

偉大なるドラマー先生


久しぶりに開催します。スーパードラマー列伝コーナーです。

今やいろんなドラマーのプレイがヨウツベとかで見れますから、よっぽどでないと衝撃を受けることがありません。

しかし久しぶりに私の感性にビビっと来るドラマーがいらっしゃったのでご紹介します。

ロシアのショタドラマー君です。名前は知りません。説明文の中に「ウダルニコフ」と書いているのがなんとなく彼の名前っぽいですが、アップしているお父さんの名前と言う可能性も否定できません。でもファミリーネームだしね。

丁寧にシンバルとかタムとかの説明までしてくれます。でもライドシンバルがないみたいで、「ほんとはここにライドシンバルがあるんだけどね」みたいなことを言っている気がします。まあそこまでロシア語分からないので、実際は分かりませんが。

タムの角度がメタリカみたい。ロシア語風に言うなら「メタリーチカ」とかになるのかな(なりません

なんかテイク2っぽいんですけどね。テイク1はもっとカメラ位置とか直したりしてグダグダでした。

いやぁ、カワイイなあ。ずっと見てたいです。偉そうな態度がまた良し。

こんなドラマー先生に私も習いたいですね。授業中はもうニコニコしながら先生のお姿を愛でていたいと思います。

「先生、そろそろおやつの時間にしましょうか」
「うん。そうだな。君が言うなら仕方ない」
「これは日本から持参したチョコボールです」
「なかなかイケるじゃないか。あれ、君は食べないのかい?」
「ええ。チョコボールの代わりに私は先生をいただくので結構です」
「き、君!なにをする!?ア"ー」

いえいえ。私はお疲れの先生にマッサージをしているだけですよ?

カワイイなぁw

ちなみにロシア語でドラムのことは「バラバーン」と言います。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2012/07/22 17:41 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

なんか急に思い出しちゃった


いやぁ、職場には変な人が付きものですが、我が社にもいますよ。

「じゃあ、これやっといて!」とか言って丸投げしてくるのだけど、「いや。それそっちでやってもらわないと、わかんないんで」と断ろうとするのだけど、「アタシ今から出なきゃいけないからさぁ」とかって、仕事をぶん投げて行くこと前提で押し付ける人がね。

なんか宗教屋の家に生まれて、その信仰が結構厳格らしくて食事制限とかまであるそうだけど、こんなろくでなしに育つんじゃオレそんな宗教なんて信じねぇからな。

宗教なんて所詮「かつて最大の商売だった」だけでしょ。企業と一緒で今は廃れる一方。

そんな「宗教と書いて『糞』と読む」みたいなちっぽけな話はどうでも良いんだけど、思想とか信念とか言う前に「ひとりの人間」としてどうなのかね?

宗教家ってこんなもんなの?って思われちゃうよ。


でもってちょっと思い出したことがある。いや、宗教は関係ないんだけど。

私の親父は大工だったのですが、生前最後に仕上げた仕事が確か郵便受けを作ることだったと記憶している。

もともとは建具屋なんだけど、基礎を作るとか大掛かりな作業でなくて、割と手先の器用さを生かした仕事をしていたのですね。

だから建具の範疇を越えて依頼が入ることもあった。

「にし(主)の腕が良いすけに是非仕事をしてもらいてぇがぁども、建具ははぁ(もう)別の業者に頼んじまったがぁだて。だども、にしの仕事はステイタスになるすけに(からに)、ポストなんか作ってくんねい(くれないか)」とか言われて取り組んだ。

しかし今までポストなんて造ったことがない親父は、方々の家々を廻ってどんなポストがあるのか観察して、そこから自分独自のポストを仕上げたのでした。

いつだったか忘れたけど、そんな話を聞いたのを覚えている。

このジェーンズ・アディクションのドラマーがポストをドラムに見立てているのを見て、ふと思い出しました。

いくら腕があってもさ、否。腕があるからこそ適当な仕事は出来ない。自分の知らない分野でも果敢に挑むのがほんとの仕事ってもんじゃないかな。

頑固親父だと思ってたけど、意外にフレキシブルなんだよな。それもこれも自分の腕を信じているからこそ出来ることだ。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2011/09/13 23:27 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

この色っぽいドラマー誰?Lux Drummerette!


今朝は京王線で人身事故があり、直結している都営新宿線まで影響を受けてすごい混雑になりました。

疲れた。

朝からこんなに体力使いたくない。2,3駅ならともかく、そこそこ停車駅があるのできつかった。


そんな私の活力の源はやっぱりエロです!

こんなローズなビスチェを着て激しいドラミングに興じるディーバにドッキドキ!

ツーバスすげーなとか思っていたら、足元に映像が移ってさらにびっくり。なにこのピンヒール!?

テリーボジオよかすごか。

ブラストこそないけど、足技すごいなこの姉ちゃん。

厳密に聴くとスネアがずれているところがあるんだけど、足の安定感は抜群。ライヴで聴いたら違和感ないでしょうね。

誰だかどのバンドの人だかわからないんだけど、とにかくビッチ万歳!


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村

2011/09/12 23:54 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

もしドリ ―その後―

昨日お伝えしたドリームシアター・ドラマーオーディション、遂に決定しましたね!

栄えある栄誉に輝いたのは、Mike Manginiです!
URL:http://www.drummerworld.com/Videos/mikemanginidream1.html

いやぁ、ベストな人選だと思いますよ。

ドリームシアターってバンドは、ドラムがかなりフィーチャーされていると同時に、前任のマイク・ポートノイのようにドラマーがバンドのスポークスマン的な役割もこなしている。

まあマンジーニがそう言う風に前面に出てくるかは分からないけど、ただ上手いだけじゃなくて、バンド全体を捉えてオーガナイズして行くような、バランスの取れた人でないといけない気がするんですよね。

だからマンジーニはそこら辺ですごくプロらしい視点を持っている気がする。加えてパフォーマンスも派手でステージ映えもする(笑)

間違いないでしょう。

こうなるとマンジーニの加入したドリームシアターを観てみたくなるってもんです。

いやぁよかったよかった。映像からはバンドもマンジーニもお互いに円満って感じが伝わって来ました。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

2011/04/30 13:22 | スーパードラマー列伝!COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

もし下町デスメタルのドラマーがドリームシアターのオーディションに参加したら

おっす!

オラ自称・下町デスメタルを名乗るREEXAMINEってバンドでドラム叩いているちぇっそってんだ!

今度ポリシックスのカバーを演るってんで楽譜を買いに行ったら、間違って「ポリリズム」の譜面を買っちまって、それで今度ドリームシアターのオーディションに参加することになっちまっただ!

この変拍子ってヤツは厄介だなぁ。「5,7,5,7,7」みたいにまるっきし俳句みたいな配列になってるだ。だからオラァ松尾芭蕉の本を片っ端から読み漁って、そんで厄介な変拍子を攻略しただよ!

さあ今度はどんな強ぇー敵が現れるんだろうな。なんでも来やがれ!オラァ強ぇーヤツと戦うのが大好きだぁ!

<もしドリ・あらすじ>

―この物語は下町のどうしようもないデスメタルのドラマーがドリームシアターのオーディションに受かろうとするとっても無謀なお話です―



と言うわけで、新しい春アニメが始まったわけではありません。私なんかがドリームシアターのオーディションに呼ばれるわけがない。ドラム総合サイト、「Drummerworld」でドリームシアターのドラマーオーディションの様子がアップされていたので紹介しようと言うわけです(前フリが長い

名を連ねたのは錚々たるメンツ。さながら今をときめくテクニカルドラマーの博覧会と化してますね。

<オーディション参加者>
Mike Mangini
Derek Roddy
Virgil Donati
Thomas Lang
Marco Minnemann

URL:http://www.drummerworld.com/Videos/marcominnemanndream.html

映像は上のURLからアクセスしてそれぞれ拝見してみてください。

ドリームシアターに入りたくして仕方ない雰囲気を醸しているのがマンジーニ(笑)確かにバンドのイメージにも合いそう。意外と緊張しているのか、評価を伺っているときにちょこなんと座っているマンジーニ氏が可愛いw

デレク・ロディはあれでしょ、ただメンバーがブラストビート見たかっただけなんじゃ(笑)完全にミスマッチだけど、自分に求められていることはちゃんとこなして行った感のあるロディ氏ですw

ドナティはもう職人技を披露して帰って行った感じ?確かにすごいんだけど、彼が入ると「ドナティ・ワールド」が展開しそうでちょっと微妙かもね(笑)

トーマス・ラングがすごく良いですね。彼が加入するとバンドがまた一段別の次元にスキルアップするんじゃないかと思える。ただすごくテクニカルなんだけど、落ち着いた風貌が堅実な感じに見せてしまって華が足りないかも知れない(失礼だろ!)でも一番お洒落だw

マルコがへらへらしてるのは元来こう言う性格なのでしょうね(笑)この人はホントにとんでもないバケモノなんだけど、取り扱いがめんどくさそうw でもドリームシアターだとマルコの持ち味がよく出せてますね。まあいつでも本領発揮してるけど(笑)本人も楽しそうだ。

私の印象ではマンジーニかマルコって辺りだと思います。変拍子に対するアプローチが多彩だし、対応も早い。以前にドラムマガジンで2人の対談があったのですが、私では何を言っているのか分からないレベル(笑)

とにかくテクニカルな音楽を徹底的に分析して研究しているのですね。今回のオーディションの模様を見てよく分かったなぁ。この2人はホント変態だと思いますw

しかしこれら世界屈指のドラマーが本気になっている姿に何より感動ですよ。余裕ぶっこいて「楽勝だぜ!」なんてやっている人が1人もいない。自分を「魅せる」ところで全てを出し切る!これがプロでやって行く人の意気込みだったり、気合が伝わって来る本当に貴重な映像だと思いました。もっとも、ドリームシアターって言う難しいバンドだからこそって部分はありますが(笑)

そんなわけでドリームシアターの新ドラマーに誰に決定するのか注目ですね!


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

2011/04/29 21:57 | スーパードラマー列伝!COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
FC2 Blog Ranking