「フルメタル・パニック!Invisible Victory」第8話

【ワン・マン・フォース】

愛ゆえに

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : フルメタル・パニック!InvisibleVictory

2018/06/10 20:49 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ひそねとまそたん」第9話

【ギャーーー!!】

これは事故!事故ですからっ

続きを読む »

タグ : ひそねとまそたん

2018/06/10 19:47 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

True Thrash Fest 2018

実はこの3連休、江坂MUSE HALLで開催の「True Thrash Fest 2018」(以下、TTF)を観に行っていたのであります!


記念すべき10回目の開催に辺り、今回は3DAYSに規模を拡大。その中でもTANKARD19年ぶりの来日は今回の目玉であると言えましょう!


19年前、目黒ライヴステーションで見たTANKARDを今でも思い出します。あれは私が観た中でも一番楽しいライヴだったんじゃないかと思うほど、カオスとビールにまみれた一夜だったことを記憶しております()だから今回も絶対楽しくなる!そんな確信でもって大阪へ向かう決意をした次第。


しかし来日するのはそれだけではないと来ているではありませんか。RAZORSACRIFICEのカナダ組、そしてHIRAXBLOOD FEASTAT WARが大挙してやってくるというスラッシュ三昧!これは観に行かなければ~!


というわけで、当初は2日目、3日目だけ行く予定を急きょ変更。当日券を求めて主催の松尾氏が経営するメタル専門店ROCK STAKKへ向かい、23日目の予約分と合わせて精算してしまいました。というわけで結局、全日行ってしまったという次第。これなら最初から通し券でおkだった!


ほんとはいつものようにライヴレポートと行きたいところですが、あまりに数が多く、そしてあまりに疲弊とカオスで記憶が半分抜け落ちているので()覚えている限りひと言づつご紹介して行きたいと思います!


<DAY1>

この日のトップはABIGAIL先輩でした!ホテルのチェックインがあったので少し遅れましたが、ほぼオンタイム!スラッシュ番長たる貫禄のステージは今回のイベントに相応しい幕開けとなりました!


次はHYDROPHOBIA!観るのは久しぶりwゴア系ですがブラスト全開のブルータルさはスラッシャーの心もがっちり掴んでおりました!途中、マイクが下がり過ぎて歌えなくなってたのがおかしかったw


次はEXCUSE!こちらはヘルシンキのバンドでしたでしょうかね。すいません。最近のバンド良く分かってませんw溌剌としたプレイ!スラッシーだけど北欧らしい透明感があるのが特徴でしょうか。スラッシュの種がこういうバンドの中に根付いているのが分かります!


次は今回のイベントの共同主催を務めるRIVERGE!地元大阪が誇る生粋のライヴバンドと言ったところでしょうか。客の煽り、ステージの使い方の上手さ!人気のほどが伺えるパフォーマンスでした!


そしてここからは海外勢の登場。先ずはBLOOD FEASTから!今回のために各バンド予習して来たんですけど(すいません。スラッシュ好きと言っておきながら実はあまり知らないw)正直なところBLOOD FEASTは「Kill For Pleasure」くらいしか分かりません()だけどこの辺りのバンドってそれくらいの認識で

いいじゃない!そしてその「Kill For~」でひと暴れ。私もだいぶイイ感じに出来上がって来ましたw


そして次は、今回個人的にはTANKARDに次ぐお目当であったSACRIFICEが登場!もうちょっとこれはヤバイ・・・。特に3rdが好きで「In Dafiance」が始まった瞬間、我を忘れてモッシュピットに飛び出して行きました。いやむしろ自分からサークルを作りに行きました()最後に「Re-Animator」をやってくれてたのが最高でした!もちろん1stからも「Homicidal Breath」とかやってくれて、こういう渋いじくじく系のナンバーで緩急をつけたステージは実にドラマチックでした!


そして初日のトリはカナダからのスラッシュ、RAZOR!こちらも最高でした!「Take This Torch」や「Speed Merchants」などの名曲はもちろん、「お前らShotgun Justiceアルバムは好きか!?」みたいな煽り()もちろんスラッシャーなら嫌いなわけなじゃん!そして「Parricide」かなんかやったんだよね?すいません、もう記憶がw個人的には「Violent Restitution」が堪らんかったです!最後は大勢の観客をステージにあげて「Evil Invaders」の大合唱!なんだこれ!?すごいわ、すご過ぎるわ!!

そんなこんなで初日のラストは激烈スピードで過ぎて行ったのでしたw


<DAY2>

トップはFASTKILLABIGAIL先輩が番長ならこちらは若大将って感じでしょうか()そんな彼らも今や日本を代表するスラッシュ選手ですね!いつまでも若々しさを失わない演奏は切れ味バツグンでした!久しぶりに観られて良かったです(そんなのばっかw


次はROSEROSE!さすがはベテランらしい余裕のあるステージ!パンキッシュなハードコアサウンドと言った感じで、2日目の良いアクセントになっていたと思います!いぶし銀っす!


そして今回2度目の登場となるEXCUSE!最新のバンドらしい洗練されたテクニック。ただ彼らの場合、自分のライヴが終わった後はただのファンと化していて、モッシュからダイブからガンガン跳ね回る姿が()お主ら、相当スラッシュ好きと見たw


こちらも2回目の登場RIVERGE!なんとこの日はフロアで演奏。正に観客と入り乱れての南米スタイル!バンドと目線が同じところにあるって熱い!とここで気が付いてしまったワタクシ。あれ?FASTKILLのカズ君がドラム叩いてる!?すいません、初日は気づきませんでしたwなるほど、そういうことだったのね!


そして2日目の後半戦、先ずはAT WAR!このバンドも正直なところ予習不足で曲とか「Ordered To Kill」くらいで全く分からない状態だったのですが、なんか妙に楽しいライヴでした()最後は「At WAR!」の大合唱でエンディング!バンド名知ってれば誰でも歌える曲って強い!(こらw)で、結局「Ordered To Kill」はやらなかったけど、なんかすごい盛り上がったのでよし!


そして2回目のSACRIFICE1曲目から「Hiroshima」をやったあと、早くも「In Dafiance」がさく裂!もうこれだけで悶絶。後はもうカッコ良すぎてもうよく分かりません。一緒に観てたフジシマ君も汗だくwそして私はダイバーとバッティングして流血()幸い?液体絆創膏というので塗って固めて応急処置。なんとかなった、かな?で、ホテルに戻ってからTwitterに「SACRIFICEマジ好き!」って書いたら早速SACRIFICERob Urbinatiからリツーイトがっ!?え。オレこれなにか返した方がいいの?どうやったらいいのかよく分かんなくて何にもしてないよ~!時代について行けてない自分に衝撃を受けています。


そしてBLOOD FEAST2回目の登場!もうほんと覚えてなくてすんません()でもこの日のBLOOD FEASTも楽しかった!思わずTシャツ2種類買っちゃったw


そして2日目のトリは遂に登場HIRAX!今やTTF常連と言った感じの彼ら。とは言え、私は初見ですが。このバンドを最も特徴たらしめているのは黒人ボーカリストのKaton W. de Penaの存在!もうね、すごいです。表情豊かな表情と言いますか、ものすごいパワフルでしかもフレンドリーな感じwクラウドサーファーをステージに引き上げたり、ステージダイヴしに上がって来たファンにマイクを向けてみたり。しかも背後にいるファンに振り返りもせず肩越しにコーラスを歌わせるとか()これどこかで打ち合わせして来たの!?ってノリw何もかもが「ロックスター」って感じでした!曲も全部知っているわけじゃないけれど、キャッチ―なメロディはメタル好きなら誰でも気に入る明朗さがあります。いやすごいわ。めっちゃくちゃエンターテインメントしていたステージは爽快なカタルシスがありました!


<DAY3>

そしていよいよ最終日!トップはRIVERGE!もう3日目のはずだけど全くテンションが落ちず!並外れた勢いで圧倒してくれました!


続いてはTTFとしては初のビジュアル系バンドとなるROSENFELDが登場!意外な組み合わせとも言えますが、ビジュアル系の中ではスラッシーな曲をやるバンドとして定評があるようです。すいません。名前はもちろん知っていましたが、今まで見たことありませんでした。音だけならビジュアル系だなんてわからないくらい速い!正直、マジでカッコよかったです!お客さんのノリも良かったのですが、いつもと全く違うファン層の前で演奏することになったバンド本人たちが何より楽しんでいる雰囲気に思わず和んでしまうものがありました()


そして次は日本のSABBATが登場!すいません。実は初めて観たかも知れない。SM的なファッションに身を包んだベースボーカル氏が正にイーヴル!奏でられる音はどこまでもカルト!呪術的な音色はかつて人間と魔物が一緒に暮らし、そして魔法が本当にあった時代を思わせる異空間を演出していたように感じるほど。もう大好きです!日本のサタニックの原典を正にここに見た気がしました!


そして次から海外勢!2回目となるAT WAR2回目もやっぱり楽しいですねwドラムが70年代ロックっぽいスタイルなんですよね。見た目はゴツいニール・パートみたいなドラム氏()が繰り出すのはクラシックロックぽい豪快なパッセージ。クロススティッキングも駆使してマックス・ローチなどジャズからの影響も感じさせる。これがドラマー的にはツボに入りました()突撃スラッシュの裏でさり気なく職人芸を見せてくれる辺りが渋いです!


そして2度目の登場HIRAX!実は初日にROCK STAKKへ立ち寄った際、黒人ボーカリストのKaton W. de Penaがちょうど来店したのです。そこにいたお客さんみんな「おお!?」みたいになって、みんと握手!もちろん私もwアフリカンアメリカンって感じの気さくなリアクションが粋ですな!ライヴはこの日も盛り上がりました!最後はKatonがスピーカーの台に乗ったところ、バランスを崩したために、後はもう観客にダイブするしかないって状況になって飛び込んで来ました。もちろんこれを受け止めないスラッシャーはいない!本人はちょっと苦笑いしてましたが、ファン的にはむしろご褒美でしたw


そしてこちらも最終日に再び登場のRAZOR1曲目が1stの「Killer Instinct」でしたよね?たぶん!NWOBHMの流れを汲むこの楽曲、逆に燃えるんですよね!RAZORは初期とその後でちょっと毛色が変わるのですが、それが良いコントラストになってるような気がします。最後はやっぱり「Evil Invaders」で大合唱!何回見てもこの光景すごいなぁw


さあTTF最後を飾るのは遂に19年の歳月を破って再来日を果たしたTANKARDの登場!1曲目は最新作から「One Foot in the Grave」続く2曲目で早くも「Morning After」がさく裂!もうね、TANKARDの中で一番好きな曲なのです。TANKARDを最初に知った思い出の曲と言ってもいいかも知れない。「NOISE」レーベルのビデオクリップ集に収録されていたのがこの曲だったのです。ですから最初のリフが始まった瞬間、涙が出て来ました。19年前の思い出が蘇るとでも言いましょうか!またこの曲が聴きたくてここへ来た甲斐があったってもんです!


後はもうお馴染みの、って過去に1回しか見てないんだけどねw強烈なインパクトでとっくにイメージが出来上がってます()


TANKARDってスラッシュでありながらみんなで歌えるようなシンガロングの曲が多いんですよね。だから歌って踊ってモッシュしてwTANKARDなら「こうなるでしょ!」っていうそのまんまの光景がそこに広がっていたのでした。


ライヴの最中もずっとビール飲みっぱなし。1曲につき1本空ける感じとか、ちょっと飲み方おかしいんじゃない!?と思わなくもないようなw


そしてボーカルのゲレはお姉ちゃんが大好きらしく、客席にいるお姉ちゃんにばっかりちょっかい出してました()手にキスしたり、ステージに上がって来たメタル女子とダンスを踊ったりw途中ベースの人が曲進行を間違えてましたが、まあそんなのは気にしないことにしましょう!


最後はお馴染みの「Empty Tankard」で締めくくり!ガーって疾走した後は、シャッフルのリズムで盆踊り状態に()これぞ酒飲みバンド、そして酒飲みスラッシャーたちの饗宴。何度も繰り返される「アリガトー!」と「カンパーイ!」の言葉。そこにはもう感動の想いしかありませんでした!


TANKARDありがとう!そして再来日を実現させてくれた松尾”MIKI”幹稔氏に盛大な感謝を!


そんなこんな最初から最後まで堪能したTTFでございましたが、10回目にしてこの規模このメンツということで、ある予感はあったのですよね。それが案の定、松尾氏の最後のあいさつでほのめかされる?ことに。


「辞めはしないけど、来年はちょっとお休みもらおうかなと」


やっぱそう来ましたかと。あり得ない話ではないと思っていたのです。個人でこれだけのメンツを揃えるなんて並大抵のことではない。もしかしたらここで一区切りということは充分にあり得ると思い、だからこそこれは見逃したらいかんなと感じて全て見届けるために大阪へ向かったということがあったのです。


でも「やっぱやろうかな?」とかも言っていたので、もしかしたら来年も引き続きやるかも知れないし、共同開催のRIVERGE氏が「来年もやる!」って言ってくれたので()規模は今回ほどでないにしろ、来年開催の可能性は充分あるかも知れませんw


本当に素晴らしいフェスティバルでした。運営も実に手際がよくストレスなく観覧できました。スタッフの方々の温かいサポートがとても素晴らしかったです!


みんなで作って行くフェスティバル。正にそれを体現していたように思います!


来年もあるならまた是非行きたいですね。それを期待して待つとしましょう!


TTF最高!どうもありがとう!


P_20180213_151400_vHDR_On.jpg 

@ちぇっそ@

2018/02/13 18:02 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

視聴アニメ(2018年1月スタート分)

アニメましておめでとうございます!昨年はどうもありがとうございました!そして今年もよろくし!ってなわけで早速新作アニメ視聴スケジュールをお届け致しましょう!今期はビッグタイトルがない?いやいや!そもそもどれがビッグタイトルか分かってない私には関係のないこと!どんなアニメも偏見なく見ていきますよ!

それでは続きからどうぞ!

続きを読む »

2018/01/01 21:22 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

Fate/Apoclypha

【聖杯戦争】
あなたが救ってくれた

続きを読む »

2017/12/24 18:02 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ジャンプフェスタ2018 2日目


2日目もかっ飛ばして行きまっしょい!

P1050807.jpg 

(かっとばせ~!@君はホームランしちゃダメだし


昨日のよりは早く出発出来たのですが、朝はね、ウンチがいっぱい出たので時間が足りなくなりそうで焦りました。でも喰ったら出しておかないと、屋台村コンプリートできないもんね!

P1060215.jpg 

(ウンチ、ブリブリ~!!!


と言うわけで、先ずは怪物事変&BLACK TORCHのステージを見にジャンプスクエアステージへ!

P1060207.jpg 

(オレの出番だな!@惜しい。君ブラッククローバーだよね?


それぞれ原作者であらせられる藍本先生とタカキ先生がいらっしゃって、その場でライブ作画を描いてくれました!

P1060184.jpg 

(カバネかわいいよカバネw


藍本先生は黒のレースのドレスがとてもシックでステキなお姉さまでございました。タカキ先生はどこのチーマーが紛れ込んだのかとw(失敬!

P1060147.jpg 

(チーマーってオレのことか?


人情話なんも盛り込んだ怪物事変は私のお気に入り。劇画調のBLACK TORCHも玄人好みで良いんですよね。これからジャンプスクエアを背負って立つ次世代の漫画家として頑張って欲しいです!

P1060168.jpg 

(下のほうなっ!@ブラックトーチ


そして間髪入れず、同じくジャンプスクエアステージでメルヘンメドヘンのトークショーを観覧!

P1060212.jpg 

(網あみでもメルヘン!


アニメ、コミック、ノベルのメディア展開をする昨今流行のスタイル。来年1月から始まるアニメのキャストさんたちが勢揃いしてくれました!

P1060226.jpg 

(そう!ワタシたちがオネエ勇者!@乙女勇者です


デビュー作でいきなり主役を務める楠木ともりちゃんはアニメと同じ学生服のコスで登場!もうまぶしいくらいカワイイですねw久々にガチでファンになりそうになりました(笑)

P1060143.jpg 

(中の人が女子高生・・・だったらいいな


珍しい苗字の末柄里恵さんはしっかり者のお姉さんって感じでしたw

P1060212.jpg 

(呼んだ?@呼んでません


日高里菜さんは昔より大人っぽくなってイイ女になってましたw(お前が何を言うって感じですね。すいませんっ

P1050885.jpg 

(ののしって欲しい


マリヤ・ラスプーチン役の大津愛理さんは豪快な感じの人で、そんなゴーイングマイウェイなところがロシア人の役にぴったりだな!と思って見てましたwオレは好きよ!

P1060041.jpg 

(自由に生きるのよ~!


そして加隈亜衣さんはさすが業界で鍛えられただけあってお約束をはずさない芸達者な方でしたwそしてマッサンだったかマッセンだったか・・・マッセン王に私はなる!と宣言していましたw

P1050734.jpg 

(この国の王様の顏が見てみたいわ


そんな楽しいメルヘンメドヘン!もちろんアニメ見ますよ~!

P1060141.jpg 

(見るきゅんっ


それからちょっと休憩して・・・今度はジャンプスーパーステージで血界戦線を見に向かいました!


すごい!血界戦線がスーパーステージに!かつては知る人ぞ知る漫画くらいで・・・まあ原作の内藤先生はトライガン等で既に有名ですけど、血界戦線の原作が始まった当初はジャンフェスとは言え、路地裏みたいなブースでこじんまりやってたものなんですけどね。

P1060050.jpg 

(こじんまりと、ね!@大宴会じゃねぇか


そのときのノリそして内藤先生のお話がとても楽しくて、漫画はちゃんと読んでないんだけどなんかよく遊びに行ったもんです(笑)言ってみればタモリ倶楽部みたいな感じ?それがよくもまあここまで!と感慨深いものがあるのです。

P1050927.jpg 

(なんか浸っちゃうのよね


キャスト登場と共にいきなりクライマックスを向かえたステージ!スティーブン役の宮本充さんが「高いところ苦手なんです」と言ってステージを降りようとすると、それを追ってクラウス役の小山力也さんもステージ下へ。

P1060199.jpg 

(こんなセクシーな小山さんだったらイヤだ


そしてそのままオーディエンスの前を駆け抜けて行って大騒ぎwww

P1060139_20171217205702f94.jpg 

(そりゃもう大騒ぎさ!


小山さんは声だけ聴けばダンディで男前なのに、リアルだと何をしでかすか分からない鉄砲玉みたいな人だけに、その発言にも終始ヒヤヒヤしながら見ておりました(笑)

P1060062.jpg 

(こっちは冷え冷えよ


いやあ、ここに共演の小林ゆう画伯がいなくて良かった。2人が一緒になったらもう収拾がつかなくっちゃう!?(いや失敬w

P1060137.jpg 

(男ってさ、朝とかまっすぐ飛ばないときとかあるよね


そして始まった生アテレコでは、中井和哉氏と阪口大助氏が挑戦!ところがセレクトされたシーンではザップさん(CV中井さん)がレオくんをいじりまくるだけのお話。

P1060139_20171217205702f94.jpg 

(ココはイジっていいんだぜ?


技名を叫びたかった中井氏は不完全燃焼。「これじゃオレ、ただのクズじゃないか!」とw

P1060133.jpg 

(トイレで手を洗っているなら大丈夫!


冒頭では4人がステージにいるところを、司会進行役の阪口くんが「今日は3人でお送りします」と間違えてしまい、「それ、オレカウントされてないんじゃ?」と言って落ち込む場面も・・・

P1050804.jpg 

(3人ふんどし!


今日の中井さんはぜんぜん良いところ無しでした(笑)まあネタ的には一番美味しかったけどねw

P1060041.jpg 

(美味しい~!!!


原作の内藤先生も登場し、あまりにたくさんのお客さんを前にしり込みし「居酒屋移っていい?」とヘタレる場面も(笑)わかります、最初の頃のトークショーは正にそんな感じでしたからねぇ・・・

P1050902.jpg 

(居酒屋スマッシュ


そんな内藤先生が最後のあいさつでこんな風に言ってました。

「お客さんはもちろん、製作スタッフやプロモーションに関わる方々、そのおかげでこの血界戦線がある。自分はステージ降りるから、その人たちをステージに上げたい気持ちです」

P1050731.jpg 

(あげあげ~


なんか熱いじゃないですか!これが血界戦線の熱さに繋がっている。そして今日のステージも作品の舞台となっている摩天楼、ヘルサレムズロットがそのまんま現実になったかのようなハチャメチャなものでした(笑)これ誰がまとめんだ?って本気でハラハラしたほどw

P1060229_20171217211627acd.jpg 

(こう見えても小心者


それも司会の阪口ちゃんが見事に時間通り締めておりましたが(笑)そんな楽しいステージでした!第3期、あるといいね!

P1060144.jpg 

(3期あるかも!?@あんたは先ず第2期をがんばれ


それではここからは恒例のジャンプ屋台村の食レポ第2弾を開始します!

P1060191.jpg 

(卯!うじゃうじゃ食す!卯!@いろいろ間違ってるし


先ずはONE PIECEから「サンジ特製マドモアゼルとクソ野郎どもに贈る東の海(イーストブルー)風 海鮮パスタ」ネーミングが長いっ!

P1060125.jpg P1060127.jpg

あさりとイカとエビが入ったけっこう本格的なシーフードパスタ。パスタの食感もイイ感じだし、ミートソースの風味もイイ!そして何より嬉しいのがONE PIECEのフォークとスプーンが付いてるところ。こういうアミューズメント的なのが楽しいじゃないですか!これで食べたらオイラも海賊王になれるかも!?腕は伸ばしてもパスタは伸ばすな!パスタの茹で過ぎには気を付けようなっ!


続きましてはハイキュー!!の「影山飛雄の温玉カレーポテト」でございます!

P1060129.jpgP1060130.jpg

予めカレーフレーバーが振りかけてあるフライドポテトに温玉が付いている。つまりこの温玉に付けて食べればマイルド!と言う趣向。ところがその温玉が既に冷えているのがシュール!冷えていても「温玉!」温度が問題なんじゃないぜ!当然ポテトも冷えているので・・まあ味は推して知るべし!でもシナシナになったポテトは個人的には嫌いじゃないw 温玉がポテトに絡みづらく結構余るので最後は「ロッキー飲み」しました。卵は飲み物!


そしておやつには鬼滅の刃「禰豆子の竹筒クレープ」を頂きました!

P1060157.jpg P1060159.jpg

作品は存じ上げなかったのですが、そういう漫画のそういうキャラが所有している道具がモチーフのようですね。竹の爽やかな風味と黒蜜ですかね?で味付けされたお餅がふわっふわでね、それをクリームが更に優しくオブラートする甘さ控えめの和風テイストでこれは絶品でした!やっぱ日本に生まれて良かったな!と思える味わいでした~


そして早々にフェスを撤退し幕張公園のベンチで早めの夕飯を取りました。食したのは血界戦線Back 2 Back「正体不明のHLバーガー」グガガががぁぁぁぁぁあああ!!!

P1060258.jpg P1060262.jpg

いやこれなんですか!?ほんとに得体の知れない「なにか」が入ってるんですけどォ!?触手的なこれっていったい・・・?(まあイカとかなんでしょうけど)異国情緒ならぬ異世界情緒漂う食感と味覚に舌つづみを打つワタクシ(弱冠の拒絶反応を示しながらw)。これぞ正にヘルサレムズロット!技名を叫んでから食す!「ちぇっそもっさ式血闘術!T三十四式雪月新年(スノーヴィムゴーダム)!」@えーそれロシア戦車の型式だしロシア語で「あけましておめでとうございます」って言ってるだけですよねぇ?今年のB級グルメ大賞に認定!


最後に僕のヒーローアカデミアから「爆ギレから揚げ」で〆とさせていただきます!

P1060268.jpgP1060269.jpg

主人公のライバルのあの火を使う人ね。彼が頑張って挙げてくれました!唐辛子フレーバーが辛そうに見えるけどお子様でも食べられるマイルドな感じに。甘口カレーくらいのレベルかな?でも大人でも充分イケる!ビールのつまみにこれ以上のものはないでしょ!?5個も入っててボリュームも凄かったんですけどちゃんと全部食べないと彼はキレキャラですからね。キレられちゃうから平らげました!


というわけで今年もキッズプレート以外はコンプリート!また来年のメニューも楽しみにしております!


そんなこんな今年も一年ありがとうございました!え?早い?

P1060282.jpg 

(今年の戦果です


また来年!幕張で会おうぜ!でもその次の年は東京オリンピックでどうなるのかな?小池さん、是非なんとかしてください。

P1060139_20171217205702f94.jpg 

(再来年もメッセでヤろうぜ!


って待てよ?メッセって千葉じゃんかよぉ!

P1060243.jpg 

(とりあえず来年もまた!


果たして小池さんの行政が及ぶのかどうか知りませんが、再来年もメッセでよろしくね!とフラグだけ立てておきたいと思いますw

P1060218.jpg 

(未来に向かって!


@ムハンホウちぇっそ@




2017/12/17 21:23 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」

昨日、114日。さいたま新都心で行われた「さいたまクリテリウム」へ行って来ました!

P_20171104_122826.jpg 

今年はチームSKYのエースであるクリストファー・フルームがツールドフランスとブエルタエスパーニャを同年に2冠達成するという偉業を成し遂げたので、まあそのお祝い的な意味も込めてこれは観に行かねば!と思い足を運んだ次第にございます。

そのフルームはもちろん、他にはリゴベルト・ウランとマーク・カヴェンディッシュの初来日。そしてツールで最多ステージ優勝を果たしてキまくってるキッテルが来たりと豪華な布陣が勢揃い!個人的には、こちらも初出場となるミカル・クヴィアトコウスキーの走る姿を見るのを楽しみにしておりました(笑)これはもう否が応にも期待が高まるというもの!

私が到着したころには沿道にすごい人だかり。こんなにみんな集まるのかよ!と一瞬ビビったほどですが、自転車好きが大挙集っている様子に思わず嬉しくなったのも確かw

オープニングセレモニーからオープニングランがスタート。私はこれをメインステージ裏で開催されている「サイクルフェスタ」側から観覧していたわけですが、控室でマッサージを受けているフルームが見らたのは感激至極でありました!

最初は個人スプリントが開催。予選を勝ち残った4選手が決勝進出。ここは前評判通り、マルセル・キッテルが優勝をかっさらって行きました。自転車が小さく見えてしまうほど鍛え上げられた肉体。弱虫ペダルで言えば田所先輩のような重戦車ですからね。ちょっともう反則じゃないかと思うほどでした(笑)

そしてパラサイクリングのレースがあった後、今度はチームタイムトライアルへ。

ここでは宇都宮ブリッツェンが優勝をもぎ取りました!世界の強豪たるSUNWEBやBMCを下しての勝利。なんという快挙!大金星です!これは日本ロードレースの将来が楽しみになって来た!

そしていよいよクリテリウムメインレースがスタート!

いやもうこれがすごかった!途中で形成された先頭集団のメンツ。フルームにバルギルにウラン、そして今年のワールドツアーランキングで最も高いポイントを稼ぎ年間1位となった(グランツールを征したフルームよりも高かったのだ!)BMCのフレフ・ヴァンアーヴェルマートというチームのエースたちが勢揃いする豪華布陣!

ツールドフランスでもなかなかお目にかかれないすごい光景に思わず鼻血が出そうになりましたw

そしてその後方ではクイックステップフロアーズとディメンションデータがメイン集団をコントロールし、それぞれキッテルとカヴェンディッシュを発射させるタイミングを図っているという状況。

しかしそんな中でも様々な動きがあり、日本が誇る我らがエース新城幸也選手が単独で逃げを試みたり(これには胸が滾ったぜ!)、最後のゴールスプリントではこれまた新城選手と共に日本の2大看板を背負う別府史之選手がトップ争いに絡んだりと、実に目まぐるしい展開で一瞬たりとも目が離せないレースが続いたのでした。

そして優勝したのはなんとマーク・カヴェンディッシュ!やはりこの人が来たかと納得の勝利である共に、途中あれほどあった先頭集団と差をあっと言うま縮めたチーム力に脱帽と言いますか、これが世界のトップレベルなんだなと実感させる走りで圧倒された次第でございます!

ペーター・サガンとの接触でツール本選は骨折によりリタイアしてしまったカヴだけに(もう愛称で呼んじゃってるぜ)、この勝利は本人はもとよりカヴファン及びツールファンにとって感慨深いものだったと思います。復活の狼煙を見られたのが本当に嬉しい!

別府選手も2位で表彰台に。今年のジャパンカップでは残念な結果に終わりましたから、ここは勝手欲しかったというのが正直な気持ちですが、最後まで魅せてくれた走りは次のシーズンへの期待を抱かせてくれる手応えがあったと言えましょう!

というわけでメチャクチャ楽しんださいたまクリテリウム。観覧されているお客さんも各々の楽しみ方で満喫されていたようで、酒盛りをしながら見ている人、お子さんを肩車している背高のっぽの外国人のお父さんがいたりと、自転車レースならではフレキシブルなノリには実に心地よいものを感じました。

かくいうワタクシも、近くのKALDIで「コルク抜けますからクリテリウム観戦にいかがですかw」という言葉に誘われてワインを購入。ご機嫌で動画撮影に応援に勤しんでいたうちは良かったのですが、その夜からさっそく酷い二日酔いに見舞われてしまったとさ(苦笑;


@ちぇっそもっさ@

2017/11/05 21:43 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE in 宇都宮2017

いやはや、この週末も雨と、2週連続の台風に見舞われた日本でございます。というわけで久々に普通のにブログなどを。

続きを読む »

2017/10/29 21:34 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

視聴アニメ(2017年10月スタート分)

セーフ!まだセーフですよね!?秋アニメで始まってるのは・・・3分のエロ枠と銀さんだけだから・・・あ~良かった。まだ全然セーフw(アウトだよっ)いや~データは既にまとめてあったのですが、アップするタイミングをしくっただけで(それをまとめてあるとは言わない)そんなわけで早速!(遅延しとるがな)今期アニメ視聴予定(無謀なヤツ)をスケジュールしてみました!やっぱり本数が多いのでね、こんごまたリスケ(リ・スケジュール)する可能性があるかもですがあしからず!
続きからどうぞ!

続きを読む »

2017/10/02 22:25 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「夏目友人帳 伍」第1話

【変わらぬ姿】
変わらぬおもしろさ!

続きを読む »

タグ : 夏目友人帳

2016/10/05 22:45 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
FC2 Blog Ranking