「RIDE BACK」最終回

<光の舞台へ>

テロリストに捕まった尾形琳。フィーゴに乗り込み市街へ飛び出す。そこは厳戒態勢の最中。危険を賭し琳が向かった先は、友人のすずりが亡くなった公園だった。亡き友のため、最後の舞台で琳が舞う。


<総評>
怪我をしてバレエの道を絶たれた少女が、RIDEBACKと言う新たな足を得、再び舞うことへの夢を掴む。しかし、そのようにして希望を掴んだと思った矢先、RIDEBACKと言う乗り物が実は兵器であることを知り、そして軍事機構とテロリストとの争いに巻き込まれてゆく。

凄まじいロボットアクション、そして怒涛の展開。後半は悲壮感に満ち、非常に重い内容となりましたが、大変見ごたえのあるアニメでした。いろんな暗喩が込められた印象のある作品で、単純に楽しんでおしまい。と言う具合には見れないところもあったり。

短いスパンでしたが、充実した力作でした。最終回まで見たあと初回から見直すと、また違った印象になりますね。繰り返し見て新たな発見をする楽しみもあるかと。

文学的と言うか、ドキュメントを思わせるような。まるで身体に鉛を打ち込まれたような感覚を覚えました。ゴッツイ作品でしたね。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : RIDEBACK

2009/04/05 18:52 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「RIDEBACK」第1話

<深紅の鉄馬>

「月刊IKKI」にて掲載。最近では珍しく連載の完了した作品が原作となっています。

靭帯断裂の怪我によりバレリーナへの夢を絶った少女が、「RIDEBACK」と呼ばれる人型オートバイに出会う。自由に動かせる機械の「足」を得た少女は、新たなる世界を見出し始める・・・。

と言った感じですが、ヤバイ。すごくイイ!作画の見事さ、そしてこのスピード感と爽やかさ!久々にマッドハウス・クオリティって感じなんですけど!?見ていて凄く気持ちイイ。もしかして“名作”の予感かも?

お嬢さん、スカートのままマシンに跨ったのでパンツ丸見えですが、決してパンツアニメってわけじゃないすよね、きっと。

OP、EDともスタイリッシュでお洒落なサウンド。作品のイメージにも合ってるし、何よりカッコイイ!センスが光りますな。

〈番組HP〉
RIDEBACK

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/1
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : RIDEBACK

2009/01/13 20:11 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking