「懺・さよなら絶望先生」最終回

最初のお話は「誤字院原の敵討」。

小さな間違いには気付いても大きな間違いは見逃してしまうって言うエピソード。ある展覧会で抽象派のモネの絵を、逆さまに飾ってしまったと言うことがあったそうです。

私が知っているのは、レコメン系ドラマーで画家でもあるクリス・カトラー氏が、江古田にある喫茶店に「絵を飾ってくれ」と言うのでファイルを送信したのですが、あまりにシュールな絵なのでどっちが上か下かわからず、プリントアウトしたデザインをマスターの采配によって展示してみた、と言う実話があります(私も現場を見ました)

本来はカトラー御大が来日する予定だったのですが、映画を観ていたらギックリ腰になったので中止(年齢的にはもうおじいちゃんだし)。ギックリ腰には拍子抜けだったけど、「この絵、どっちが上か下かわかんねぇよ!」って言う方が問題だったと言う・・・(おじいちゃんのことちゃんと心配しろよ)
まあ、そう言うことですよね!?

2話目は「われらライナス」。

例えば「枕が替わると寝られない」と言った、愛着の品についてのお話。

なんかそこから話が突飛な方向へ向かい、ソ連時代を彷彿させるエピソードへと発展。社会主義になった日本が品物不足になる展開へ。でも、ソ連もそこまで酷くなかったですからぁ!ペレストロイカ以降や、ソ連崩壊直後くらいですからそんなに品物がなかったのは!とか。ソ連の国民のほとんどは「家庭菜園」を持っていたから、例えお店に品物がなくとも食べるのには苦労してませんでしたからぁ!とか、ロシア好きの私なら突っ込むところですが、でもやっぱり当時のソ連は貧乏でした。

そして「絶望先生えかきうた」では、なんとオーケン(@筋少)が登場!アテレコ現場では凄く恥ずかしそうにしていたのが目に浮かぶw オフステージでは、あんたシャイ過ぎ!


<総評>

終了したっつっても、まあ絶望先生ですからw

いつも通りなんで、特に「まとめ」ないですっ。

社会は斜めから見た方がおもしろい!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : 懺・さよなら絶望先生

2009/09/29 21:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

シンボウたまらん

と言うわけで、先々週から2話づつ溜めていた、「懺・さよなら絶望先生」8話9話と、「化物語」の7話8話を視聴しました。

絶望先生はアレですね、答えが決まっててあえて質問する人を題にした「最後の、そして始まりのエノデン」と、大人の世界ではときに正解が間違いとなる「三十年後の正解」のお話が特に面白かったです。

「~エノデン」はいつもの画風と違い、奇怪で幻想的なアーチスチックな演出でした。綺麗だね。

どちらも内容はいつも通りに「放送ギリ」な感じで、社会の欺瞞をぶった切る・・・、いや、投げっぱなしで辛辣な笑いを誘ってくれます。

8話のエンドカード、「テガミバチ」の浅田先生でした。

9話の「絶望先生えかきうた」、井上喜久姉の絵が、絵が・・・。絵のヘタッピな女子って萌える。

化物語は「するがモンキー」が完結。アララギ君が自分の内臓まで飛び出させて大奮闘。するがモンキーたる、神原(かんばる)ちゃんに取り付いた悪魔を払おうと、体を張ったのです。

怪力なんですね。だからアララギ君、フルボッコ。

神原ちゃんは百合(レズ)で、戦場ヶ原さんのことが大好き。でも彼女には既にアララギ君と言う彼氏がいる。そこで嫉妬の嵐が渦巻いたと。

半ばスプラッタ。

と言うわけで、監督はどちらも新房さん。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : 懺・さよなら絶望先生 化物語

2009/09/02 23:22 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「懺・さよなら絶望先生」第1話

えー絶望先生、性懲りもなく第三期です(笑)

相も変わらず新房監督節全開でお送りする絶望ワールド。女の子が更にかわいくなったように見えるのは「まりあほりっく」以降だからと言う色眼鏡が働いているからでありましょうか。

初回は「春の風物詩」と「自分探しで自分晒し」に関する毒を吐きまくってくれました。

いつものごとく情報量が過多で、ホントは録画してストップモーションかけながらでないと細かいディテールまで追うことが出来ません。でも今回はリアルタイムで見ちゃった。

面白いと言うか、毎度、失笑交じりで拝見をば板抱かせて・・・、いや、頂かせております。

にしても、今期は「化物語」でも監督を務めております新房氏。多忙ですな(どっちかはもう最終回まで仕上がってるのかな)

みんなも絶望しよう!

〈番組HP〉
懺・さよなら絶望先生

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/7

タグ : 懺・さよなら絶望先生

2009/07/06 00:11 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking