「涼宮ハルヒの消失」

「ハルヒにもう一度出会った!」そんな感慨がひとしおの劇場版でした。

ハルヒがいなくなることによってハルヒのことを考えさせる。ベタな手法ですが、エキセントリックに見えて元来ハルヒと言うのは予定調和のラノベなのです。ひっくり返せば、定石を踏まない展開はラノベでないとも言えるわけですけどw

それはともかく、これまで散々語りつくして手垢の付きまくったハルヒと言う存在を一旦綺麗に洗浄し、初めてハルヒと出会ったときのように全く新鮮に再会させてみせた展開に脱帽しました。

「やっぱ俺、ハルヒ大好き!」もっと言えば、ハルヒの世界観が好き!とも。

SFとミステリが混合した物語の構造は、一連のシリーズに慣れ親しんだものにとっては馴染みの深い世界ですが、ハルヒの魅力はそんなエキセントリックな部分だけではないことは周知。

作品に漂う空気感と言うか、その日常性だとか、意外に醒めた視点だとか・・・。実は上手く言い表せないのですが、歩く不条理とも言えるハルヒに振り回され、だけどやらされることは意外に普通のことだったりする(笑)

この「日常を非日常」に感じさせる不思議なパラドックスに心地よさを覚えていたのかも知れませんね。

この劇場版に於いてハルヒを新鮮に蘇らせてくれたのは、主人公キョンによる「自己批判」だったのではないかと考えます。それによって「何かが」ニュートラルに戻され、ハルヒを新しい存在に仕立て直してくれた。

「お帰りハルヒ!」と言いたくなるところをこらえ、「初めまして、ハルヒ!」と声を掛けたくなってしまう。

そう。私は「もう一度ハルヒと出会った」のです。

常々、主人公のキョンと言うのは、私たち視聴者の立場に近い存在ではないかと感じていました。作品の主人公でありながら、どこか作品を客観的な立場から傍観しているような、そんな雰囲気が漂っていると感じていたのです。

だからこそ彼の立場は視聴者に近く、私は彼に自分自身を写して見ることが出来たのです。逆もまたしかり、私はキョンと同じくハルヒに振り回される被害者であったとも言えます。

つまりキョンへ向けられた課題は、そのまま私へ向けられた疑問でもあったと。

「お前ら、ハルヒをどう思う?」と言った具合にね。

作品的な作りではどうだったかと言えば、元よりハルヒ作品に見られる世界観がそうであることから、素早いカット割りやスピーディーな展開で圧倒することもなく、いわゆるアニメっぽいと言うよりは、より「映画」に近い感覚がると言えましょうか。

タイムトラベルの連続が時系列を分断しますが(笑)、ひとつひとつのシーンでは定点カメラで時間経過を長く捉えると言ったことをしています。

アニメの手法としては間違っているのかも知れませんが、ことハルヒに関してはこれが王道なのです。この「まったり感」がないとハルヒとは言えない。

いや。この停滞した場面は、前後に挟まれるシーンの関連によっては、むしろ緊張感を生み出すカットにも成り得る。

この辺りの多様性と言うか可変性と言うかが多用な解釈を生み、本当の意味での文学性を与え、いつまでも飽きさせない要素となっているのかも知れませんね。

さて、ハルヒを知る者としては以上のような印象を受けたわけですが、ハルヒを知らない人には一体どう映るのかは保証の限りではありません。正直なところ、ハルヒを知らない人には厳しい内容なのではないかと、個人的には邪推していたのですが・・・。

しかし某辛口映画批評のサイトでは、筆者がハルヒ未見にも関わらず高い評価を得ていました。もしかしたら、ハルヒ初体験の人の方が偏見なしに楽しめるのかも。

ハルヒを見ていた私が一番ぐっと来た場面は、やはり後半部分。でもここで得られるカタルシスと言ったら、ハルヒを知っていればこそ得られる最高の感動がここにはあったのです。

「京アニ」凄いと思いました。全く、素晴らしい構造をしてやがる!と。

そう言えば、長門さんには一切触れて来てませんでしたね。文字通り作品のキーパーソンとなる人物だけに、ネタバレに直結してしまう危険を考慮し、あえて除外した次第。でも映画を観れば一目なので、そこんとこはご自分の目で確かめられては如何かと。

ただひとつ、「ハルヒの消失」は「長門の憂鬱」だった、と言い換えることも出来ると示唆しておくに留めます。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : 涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒの憂鬱

2010/02/24 23:59 | 映画/DVDCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

エロ日記とかアニメとかまとめて

昼休み、幕張テクノガーデン内のホールでミニコンサートがありました。

関西出身の美人姉妹2人によるピアノとヴァイオリンのデュオ。ユニット名は失念。

ピアノを弾くお姉さんはゴールドのドレスをまといゴージャス。ヴァイオリンの妹も花柄っぽいドレスが爽やかでキュート。

お姉さんの胸元は大胆に開いていて、たわわに実った豊胸に目が釘付け。演奏そこのけで胸の谷間ばかり眺めていたワタクシでした。

「花より団子」ならぬ、「音楽(おと)よりオッパイ!」って感じ?

オッパイ大好き!

録画したまま溜まってた深夜アニメ、今夜やっといくつか消化出来ました。

宙まに」第8話、視聴。文化祭で天文部がプラネタリウムを作成。評判よろしかったようで何より。それよりも終盤に登場した小夜さんのお父さん(住職)が、暴走キャラで最高でした(笑)

続いて「ハルヒちゃん」第21話、涼宮ハルヒの溜息Ⅱ。ハルヒ“超”監督指揮の下、SOS団は映画撮影のクランクインへ。何はともあれ、ウェイトレス姿になった(させられた)みくるちゃんがネ申!カワユス

うみねこ」第9話、Skewer。シャロンちゃんカワユス。ミニスカートでガーリーな制服バージョンのベアトリーチェ様もギザカワユス!もちろんジェシカもマリアもテラカワユス。ストーリーは依然として錯綜してます。

GA 芸術科アートデザインクラス」第8話、今週はシュルレアリスムのお勉強。このアニメを見ていると実際、芸術に関しての知識を得られます。とっても可愛らしいアニメで好きだなぁ。

青い花」第9話、夏の夜の夢。今週は久ぶりにしがらみだらけの百合展開を抜きにして、夏休みで別荘に行ったお話。最後「チャンチャン」なオチで終わって、ほんわか和ませてくれました。

ゴールデンの番組はつまんなくて今はほとんど見てないので、アニメを見る時間はたっぷりあるはずなんですけどね。こうやっていつも溜めちゃう。

帰宅してから3時間程度ならお茶の間ってテレビ点いてますよね、普通?日々そんだけあれば余裕なはずなんですが、どうしてこんなに時間がないんだろ。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : 宙のまにまに 涼宮ハルヒの憂鬱 うみねこの鳴く頃に 青い花 GA芸術家アート

2009/08/27 23:06 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「涼宮ハルヒの憂鬱」第19話

<エンドレスエイト>

センセー!大ニュースです!

なんと今週、エンドレスエイトのターンが遂に終了しましたー!

思えば、8月17日から31日の間を15,532回も繰り返されたわけで、時間に換算したら595年。

8週(でいいんだろな)に渡って繰り返された同じ話。それが終わった今、ある意味ですごいカタルシスを感じるw

原因は、ハルヒが夏休みに「やりのこした課題」がまだあると感じていたこと。だから「世界の創造主足りうるハルヒ」によって、延々と夏休みが続くこととなったわけです。

その「やりのこした課題」に遂に回答が出て、実はそれは「ハルヒにとっての課題」ではなかったのですが、一か八かで繰り出したキョンくんの提案によって、見事この無間地獄からの脱出と相成ったわけであります。

不意を疲れてムキになるハルヒしゃんの表情がかぁいかったw

スゲェな。

「エンドレスエイトだけに8週で終りか?」と言う説があり、その通りとなりました。

実は辛抱たまらずWikiでちょっと見てしまっていたので「15,532回」と聞こえたとき、「おお、今週で終り?」と予想がついてしまい、ザンネンな人に成り下がってましたわw

しかし私が予想したのは逆にもっと長くて、「8月いっぱいやんじゃねぇの?」くらいな勢い。だから油断してたものだから、ここで急に終わって正直ビビッたw

果たして「エンドレスエイト」とは、ありだったのか、なしだったのか?

前期監督が(今回は自分が参加してないせいで)謝罪までしてしまったこの事態。後の歴史が証明してくれるのか。もっともネットでは既に叩かれまくっていたわけですがw

個人的にはカート・ヴォネガットやジャック・フィニイらが描くエンドレス・ループSF(そんなジャンルがあれば)についての免疫があったせいか、全面的に肯定する気はありませんが、幸いにして「耐えることが出来た」と言ったところでしょうか。

だから意外と平気。

自分の父親がいつも同じ話を繰り返すのは嫌だけど、物語であればさほど気にならないかな。毎回、絵が違っていたのは功を奏していた点ではあります。「救い」があったとも言えるが。

毎週の放送で観てたから良かったのでしょうね。これをDVDで連続して見るのは確かに辛いな、きっとw

終わってみると意外と早かったなと言う印象も(やせ我慢してねぇか、それ)

そんなわけで、来週からやっとストーリーが動くわけですかね。ふむ、やっぱ長かったな。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : 涼宮ハルヒの憂鬱

2009/08/13 00:03 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「涼宮ハルヒの憂鬱」第18話

<エンドレスエイト>

さて暑いですね。

幕張のマックは空調が弱めなのでサウナです。今日は混んでいたので、マックの近くにあるドトールへ初めて入りました。店内狭いので寄りたくないと思ってたんですが。

でも室内はアホみたいに空調が効いてて最高でした。みんなドトールへ来ればいいのに。

そんなわけで、ハルヒの感想なのに普通のブログ風に始まりました。

だってハルヒちゃんは今週で8話分、話が全部同じなんですもん!

こないだの京都への遠征でも、ウチのヴォーカル氏が「同じ話が続いてるそうですね」とたずねたので、私が「そう」と長門さんばりに鬱っぽく答えたのが記憶に新しい。

つまり「エンドレスエイト」つって、P・K・ディックがよくやるタイムループを繰り返し、いつまで経っても夏休みが終わらないと言う無間地獄へ。

ハルヒが無意識で行っている恐ろしい超常現象と言ったわけなのです。

それはともかく、気になったことがひとつ。

市民プールへとやって来たハルヒご一行様。水筒のフタのコップを口にしながら、キョンくんが「市民プールと言うより、これじゃ庶民プールだな」とお馴染みになったセリフを吐いた直後。

彼が長門さんをチラっと横目にす。そして長門さんへとカットが移った次の瞬間、またしても「市民プールと言うより~」と、同じセリフを繰り返すキョンくんのカットへと逆戻り。

き、キョンくん?き、君・・・、ひとりだけ秒殺ループしてないか!?

これって演出ですか?放送事故ですか?(明らかに画像とんでる

ちなみに私んちではチバテレビを観てます。まあ、放送事故に関しては常習ですよねw

本編の内容と相俟って「ものがたり内ものがたり」ならぬ、「ループ内ループ」とも言うべきレアケースだったかも知れません(入れ子構造のメタフィクションだな、もはや)

なので、あえて今週だけは保存回にしておきました。

チバテレビーム、ナイスボート!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : 涼宮ハルヒの憂鬱

2009/08/05 20:29 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「涼宮ハルヒの憂鬱」第9話(旧8話)

<ミステリック・サイン>

周知の通り再放送のハルヒですが、情報によると先週は新エピソードだったようで。

「何故ハルヒは七夕に憂鬱となってしまうのか?」初回放送時に紹介されなかった、過去のお話でした。

もしかして今週も?なんて期待もあって感想を書かなかったのですけど、今週は既成ルートに戻ったようで。

恥ずかしながら私は今回初めてハルヒを視聴していて、しかも事前情報なく見ていた次第。普通に良きエピソードで、後に事情を知ったところでも違和感なく自然な流れに感じられました。

感想って言うか、こでまで見てきたハルヒの印象について一言二言を。

当初ハルヒってドタバタ学園もので、ツンデレとか(ハルヒはしかしツンデレなのだろうか?)、その辺りの普及に貢献したことから話題となったアニメかと思い込んでました。

でも実際には全く違ってまして。

内実はSFでもあり(それも相当ハイブリットな)、とんでもない奇想に満ちた世界が展開し、宇宙人やら未来人やら超能力者などの奇人変人が入り乱れる、正にマジックリアリズムな幻想譚であったのだなぁと驚いてます。

リアルタイムで見てなくて「しまった!」と言った感が強いです。でもまあ再放送で出会えて良かった。

今からでも遅くはないでしょう。SF好や幻想文学好きは必見じゃないですかね。

こりゃハマりましたね。語り継がれる名作だけのことはあります。内容はグチャグチャなのに、独特のテンポでまったりと達観した雰囲気がクセになる。




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : 涼宮ハルヒの憂鬱

2009/06/03 22:13 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ハルヒやらヴァルキュリアやらオロチョンやら

今、チバテレビでは涼宮ハルヒの憂鬱を再放送してるんですね。遅まきながら、見てます(笑)

なんかすごくハイテンションなアニメかと思ったら、初回は意外とまったりなんすね。

まあそれよりも、文芸部員の長門さんが読んでいた本が、ダン・シモンズの「ハイぺリオンの没落」ってのにウケました(笑)。ちょっとした筋トレが出来るほど分厚い書籍を読むなんて、筋金入りのSF者なんですね、彼女って。

戦場のヴァルキュリア2話目を見ました。疾風の如く速い戦車って、まるでソ連が誇る世界最速戦車「T-34」を思わせますね。しかも車体が青。

ソ連って言うと「赤」ってイメージでしょうが、元来ロシアを象徴する色は「青」なんですよ。ウスペンスキー寺院の屋根の色しかり。だってロシアン・ブルーって言うでしょ。

そんなことを考えていると、余計にヒロインのアリシアちゃんが可愛く見えてくる。

でもなんか麻里奈ちゃんの声がキャラのイメージに少し合ってない気がしてきたかも。麻里奈ちゃんも大好きなんでちょっと微妙な心境なんですけど。そこら辺のジレンマが。

今夜は海浜幕張駅前のラーメン屋で激辛オロチョン味噌ラーメンを食べて来ました。1~5倍で辛さが選べ、私は3倍に挑戦。

最初はそれほど辛くなかったのですけど、次第に舌がやられてきて、スープのちょっとした熱さにも敏感になってしまいました。辛さと言うよりは、熱さでもってだいぶもっていかれた気がします。

具も多くて、ニラ、もやし、たまねぎ、メンマがたっぷり。それらがひき肉と一緒に炒められて麺に覆いかぶさっている。更にチャーシュー2枚が乗って、これがデフォルト。850円、お腹いっぱいです。

辛いけど、美味い!今度はゆっくり食べたい。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : 涼宮ハルヒの憂鬱 戦場のヴァルキュリア

2009/04/14 20:25 | 日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking