「秘密-トップシークレット-」最終回

どわっ!なんだこのどんでん返しに次ぐどんでん返しは!?

先週は、第九のエンジニアである小野木田さんまで殺られちゃって・・・。

殺人犯であった貝沼は実は第九の田城所長と取引していて、一方薪さんは貝沼の罠にはまり催眠術にかかって第九に殴り込みをかけて、そしたらそこへ田城所長がやってきて「実は私はインサイダー取引やってて云々」と、オペレーターの仙道ちゃんが人質に取られて第九メンバー手足出ないところへ委員会よりの長嶺審議官が助っ人参戦、田城所長を射殺した彼が言うには「実は委員会は田城所長の行状を知っていて云々」、しかしまだ息の根があった田城所長がMRIシステムに向かって発砲、防御プログラムが作動して防犯扉が閉まるが、逃げ遅れた長嶺審議官を中へ残したままシステムは自爆・・・。

って、あらすじ書いてたら論文になっちゃいますよォ!

それはともかく、シュベルツ博士によって開発されたMRIシステムの真の目的が明らかにされました。


<総評>やっていいですか?(笑)

ほぼ全話見ていたわけですが、あまり本腰入れてないと言うか、デザート感覚で見ていたところもあり、またそう言ったレベルでの満足感は充分得られたと思っています。

特に原作読んでいたわけでもないので、アニメの演出はどうよ!?って言う批判は持ちません。

ときどき印象的なエピソードがあって、個人的にはそこそこ楽しませて頂いたと。最終回まで見てなんぼ!って感じでもなかったので、面白い回に当ったらラッキー!みたいな(笑)

制作がマッドハウスだったので、必要以上にグロい描写が盛り込まれていた気がしますが、まあそこまでしなくても、と思う部分もありましたか。

エンディングテーマはドラマチックな名曲ですね。オープニングも80s風ニューミュージックな味わいがあって捨てがたいかも。最終回はアニメーションが別のバージョンだったので、改めて良さを感じたと言いますか(笑)

そうか、なんだかんだで何気に毎週楽しみにしてたのか(笑)



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 秘密-トップシークレット-

2008/10/01 21:46 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「秘密-トップシークレット-」第23話

衝撃!なんと今週は第九の職員が被害者に。

宛名のないキャリーケースが捜査課に届けられたのですが、その中には職員である天地奈々子の写真と脳が収められていた、「SEARCH MY BODY」のメッセージと共に。

検視の結果、残念なことに悪い予感が的中。その脳は天地ちゃんのものと判明してしまったのです。
いやぁ、驚天動地の展開ですね。正義感に溢れてはいるけど、基本まったり系の女性だったのに。どこでこんな残酷な死亡フラグが立っていたのか!?

よくよく考えてみれば、この正義感が逆に犯罪者からは疎まれる要素であったかも知れない。

意外にも主要人物死んじゃう系ですか、このアニメ?ちょっとビックリしたなぁ。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 秘密-トップシークレット-

2008/09/10 22:19 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「秘密-トップシークレット-」第15話


拳銃を持った犯人による空港立て篭もり事件が発生。犯人の要求は、ガンで亡くなった都議会議員の脳を見て17年前の記憶を辿れ!と言うものだった。すぐさまMRIを使った捜査を生業とする“第九”にお鉢が回ってくる。タイムリミットは12時間、それを超過するようであれば武装隊の強行突入が開始されてしまう。

と言うわけで、その17年前の事件が起こった場所が、なんと千葉県市川市!私んちと同じ市内じゃないですか。なんだ、第九って意外と近くでお仕事してたんですね、って違うか。

フィクションの世界を身近に感じた瞬間。地域に密着したシチュエーションで(いや第九が市川警察署にあるわけじゃないんだが)益々応援したくなりますね。

と言うわけで、別にあんまし本編の感想ってわけじゃないんですが、ご一報までに。




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 秘密-トップシークレット-

2008/07/16 21:46 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「秘密-トップシークレット-」第六話

先週からのお話の後編です。父親による家族惨殺事件で唯一生き残った長女が実は実行犯。父親は娘をかばうためにあえて死刑となる。しかし長女である露口キヌコは、少年連続殺人にも関わっていた、と。

キヌコによる被害者の一人である盲目の少年がいるのですが、こちらの声優が高城元気くん。でもって、キヌコ役には桑島法子さん。

これって、「クレイモア」での「クレア&ラキ」のカップルじゃないっすか!

これらのアニメ、どちらも制作はマッドハウス。このキャスティング、時々ネタとして繰り返されるんですかね。やってくれるよなぁ(笑)

でも今回、高城くんのキャラは殺されちゃいます。これってクレイモアに例えたら、覚醒したクレアがラキくんの内臓を喰らうと言うフラグになるんでしょうか?
まあ別のアニメでフラグ立ってもしょうがないっすけどね(笑)でもやっぱりこの組み合わせは、クレイモア・ファンにとって感慨深いものがありますなぁ。

次はガラテア様が出てくるかな?それともミリアーズ再結成か!?

いやいや、そう言うところで期待しちゃいけないんでしょうが、これからも豪華ゲスト期待してます!(結局、期待してるんだろが)


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 秘密-トップシークレット-

2008/05/14 12:25 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「秘密-トップシークレット-」第四話


昨今、自殺サイトや殺人依頼サイトに端を発する事件が巷を賑わしていますが、今回は正にそう言ったお話。孤独な老人たちを「処分」するため、現代における姥捨て山を題材としたってところでしょうか。アニメのテーマになるほど、老後に希望の持てない日本って何なの?と思うところです。一方で犯罪を捜査する警察官の側が、家庭や日常の問題で悩む姿が描かれており、平凡な公務員の苦悩が垣間見られる辺りが面白いですね。アニメだけど人間描写が掘り下げられていて、サラリーマン辺りに受けそうな作風かも(笑)


@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 秘密-トップシークレット-

2008/05/03 00:59 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

今期スタートの深夜アニメ4

~パート4~

「あまつき」
コミックZERO-SUMにて連載中の漫画原作。補習授業のため、江戸幕末を再現したテーマパークへと訪れた主人公の高校生。彼はそこで突如現れた妖怪に襲われ、江戸幕末に似た異世界「あまつき」へ飛ばされてしまう。わけも分からずトリップした主人公同様、原因や理由などまだ明らかにされない現在、見ているこちらもわけが分からず(笑)この唐突さがP・K・ディック的、と解釈したら都合良過ぎか(笑)それはともかく、江戸の生活が生き生きと描かれているところが意外な魅力に繋がっているかも。“キャラ萌え”の大量生産商用アニメと切り捨ててはもったいない気がする。
http://amatsuki.com/web/index.html

「RD潜脳調査室」
士郎正宗原作の電脳SF。最初に断っておきますが、私は「攻殻機動隊」を未見なので、本作との共通項を見出すことはかないません。しかしさすがは士郎正宗、SF者にとっての楽しいディテールが満載。セキュリティが強化された新たなネットワークシステム、通称「メタル」の中で自由を謳歌する人類。しかしその電脳空間に溺れた人々の意識が、やがて現実との間に摩擦を生み、世界に異変を起こし始める。その原因究明のため、「電脳ダイバー」と呼ばれるエキスパートがメタルの海へ飛び込むと言うお話。などと言われても、多くの人にとっては「何がなんだか?」って感じでしょうか(笑)ともあれ物語は始まったばかり。かく言う私もよく分かってません(笑)しかし第一話目でかなりおもしろいので、今後もチェックして行くこととしましょう。舞台が「海」であり、その「語る海」とのコミュニケートを計る電脳ダイバーの姿が、どことなくレム原作の「ソラリス」を思わせるものがあると言っておきましょうか。
http://www.ntv.co.jp/RD/

「秘密-トップシークレット-」
月間メロディ連載の漫画原作。近未来、増加する凶悪犯罪における犯人検挙のため、科学警察研究所は「MRI捜査」を導入する。被害者の脳から記憶を呼び起こし、生前に見た映像を再現するのだ。脳から機械的に記憶を掘り起こすため、個人が生前ひた隠しにしていた出来事まで明るみにされる。死者にとってはもはや必要のない事であっても、この世に残された者にとっては知りたくなかった事実に直面することもあるだろう。ミステリ/サスペンス的要素よりは、人間の内面に潜む心理を浮き彫りにするヒューマンドラマ的指向が強い。手法がオーソドックスなので、第一話を見た限りは「普通だなぁ」と言った印象。今後、各話のエピソードが積み重なることによって、ある種の叙事詩的広がりを見せればおもしろいかな、と思います。
http://www.ntv.co.jp/secret/

@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : あまつき RD潜脳調査室 秘密-トップシークレット-

2008/04/10 17:39 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking