「伯爵と妖精」第12話 最終回

<伯爵と妖精>

ユリシスによってバンシーの記憶が解かれる。真の青騎士伯爵として認められるのは、果たしてユリシスかエドガーか?黒妖犬の群れがリディアたちに襲い掛かる!

遂に終了しましたね。とは言え、物語はまだまだこれからと言った雰囲気で、第一章の幕が閉じたってところですか。次期があるのか分かりませんけど、無理矢理完結させないで余力を残した最終回は、これはこれで潔くてよかったのではないでしょうかね。

黒妖犬とレイヴンの対決は良く動いたし、スピード感があってよかったです。レイヴンが戦うときって結構燃えます!

エンドカードは、「ありがとう、僕の妖精」だってさ!


<総評>

まったり妖精ゆるファンタジー。エロい伯爵エドガー氏、空気読まない不思議っ子リディアちゃん。リディアちゃん一筋のストーカー馬ケルピー(コラコラ)、エドガーに忠実な龍の化身レイヴンなどなど。主要キャラはみな個性的でした(笑)

そうそう、一番の名演を見せたネコ妖精のニコも忘れちゃいけませんね!彼って一番おいしいポジション(笑)。個人的には、終盤から登場した琥珀妖精のバンシーちゃんに最高に萌えました。この子、カワイイ!

いろいろ突っ込みどころの多いアニメでしたが、何より英国的な押さえた質感が心地よかった。でも本当におりこうさん過ぎたら、可もなく不可もなくの印象に残らない作品となったでしょうが、しばしエロモードに入るエドガー伯爵にいつも脱力させられました(笑)

気合いの入ったアニメが多い今期で、この作品を見て肩の力を抜いていた感じ。和みました。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 伯爵と妖精

2008/12/26 21:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「伯爵と妖精」第9話

<バンシーの記憶>

琥珀の涙を流すと言う妖精バンシーが行方不明に。ポールとニコが跡を追ってゆくと、そこには「自分こそが青騎士伯爵だ!」とのたまう男がいた!果たして、本家青騎士伯爵であるエドガー氏はいかに!?

そんな不安な日々を過ごすエドガー様は、今夜は深酒しバーボンとジンですっかりご機嫌。そんなところへ、彼が心配でリディアちゃんが駆けつけたもんだから、エドガー様の「男」が発動!エロエロエドガーへと変身してしまったとさ。緑川さま、いよいよ本領発揮ですね!

ついでに先週の話をすると、エドガーの召使であるレイヴンくんの女装も凄かったっす。ありゃあ、ちょっと男前過ぎだw

いつも楽しいエンドカード。今週はエドガー様のありがたいお言葉。
「今夜は一緒に過ごしたい・・・はぁと」だって。
このエロオヤジがっ!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 伯爵と妖精

2008/12/04 22:26 | アニメ感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

「伯爵と妖精」第4話

<貴族の義務>

今回のオープニングは凝ってましたね。プロローグから主題歌が始まっても、そのままストーリーが続いている。先週登場した狼型の精霊と、レイヴンくんの対決が展開しておりました。最終回でもないのに、この時点でこのような演出をしたのが意外でした。

何気にこちらのレイヴンくんの生い立ちばかりが紹介されて、肝心のヒロインであるリディアちゃんの背景がおざなりになっていたりして。主人公の魅力が上手く伝わっていないところがもどかしいかも。ストーリーはサクサク進むので、そう言った意味でRPG的な面白さはあるのですが、やはりファンタジーはキャラの魅力あってこその“物ダネ”と思うので、今後の人物描写に期待したいところです。

エドガー氏がメロウによって連れ去られた海底の描写が、単純に竜宮城を思わせてしまった(笑)。もう少し突き詰めれば、ロシアSF文学の嚆矢ザチャーミンが描いたディストピア小説、「われら」を思わせる光景が広がっていたのが印象的でしたか。イメージとしては「ラピュタ」っぽいのを思い浮かべてくれればと存じます。

確かに地味だけど古典ファンタジーの王道作品。このレイドバックしている感覚が捨てがたい。キャストは人気・実力と共に定評のある人選だけに安心感がありますね。

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 伯爵と妖精

2008/10/30 22:04 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「伯爵と妖精」第1話

<あいつは優雅な大悪党>

コバルト文庫刊。

時間が半分づつカブっている番組の内、「ONE OUTS」は見ないし、京極堂原作「魍魎の匣」はメジャー作品なのでレンタルで出るってことを期待して、大英断の末、こちらの妖精ファンタジー「伯爵と妖精」を見ることに決定しました!

妖精が見えることで、世間からは「痛い子」と思われているリディアちゃんが主人公。そんな彼女が「青騎士」の末裔と言われるエドガー伯爵と出会ったことから(ってか、彼にさらわれたに近いが)物語が始まります。

意外にサスペンスな展開で面白そうですね。甘ちゃんではなく、ちょっと辛口のファンタジーなのかも知れません。

ヒロインが水樹奈々ちゃんなので、最近までやってた「いたキス」を思い出しちゃって、それがちょっとイタイ(ヲタ的にと言い換えてもいいかも:笑)。いやでも基本的に水樹ちゃんは好きっすよ(念のため)

それとエドガー伯爵には、スラムダンクの(古い例えを出すなあ)流川楓さまです。その他キャストも人気者ぞろい。何気に豪華なんですよ(声優ヲタ以外には興味ないかもですけど)

初回なのでエンディングテーマの間もストーリーが続いており、その間にエドガー伯爵によって物語の概要を説明させる演出に、思わず「巧い!」と唸ってしまいました(笑)

ファンタジーって、やっぱり素晴らしいですね!

〈番組HP〉
伯爵と妖精
NEWアニメ2008/10

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ


テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 伯爵と妖精

2008/10/09 21:34 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking