「鉄腕バーディーDECODE02」最終回

<Before Long>

ナタルを追いかけるバーディ。彼にこれ以上の殺しを行わせないために。「リュンカ事件」で壊滅した都市の廃墟の中で、バーディとナタルの壮絶なバトルが繰り広げられる。

最終回の戦闘は「動き」まくりでしたねぇ。いやもう、スゴかった!

正気に戻ったナタルが見せた友情、いやバーディに対する愛情。大事なことに気付いた彼が、自分がしなければいけないことを果たしに過去へとジャンプする。それが作中でことあるごとに語られてきたバーディの過去へとリンクし、現代とループする構造になっていたとは!

たゆまぬ感動と驚き。今期の中で最高にカタルシスのある最終回でした!


<総評>
前シリーズとは制作陣に変更があったようで、いささかの不安要素を残して始まったバーディさん第二シーズンでしたが、最終回を見た時点では上手く収束させた感があるでしょうか。

作画については、線を簡略化しスピード感重視で描ききったと言う印象。それが最終回での凄まじいバトルシーンへと繋がって行ったわけですが、時に「手を抜いてるんじゃないの?」と思えるほどの「変な画」になっていたことはたしか。

それを「味」として見れるようになるまでに時間を要したと言うか、実は見慣れちゃ行けなくて普通にツッコミどころだったのかは、まだ判断付きません(笑)

とは言え、マクロスFと違ってCGバリバリでなく、基本的にセルアニメーションを動かしまくった労力に拍手を送りましょうか。「AKIRA」を見たときに匹敵する衝撃だったかも!?(笑)

とにかく独特の作画になっており、これが有りなのか無しなのか分かりませんけど、個人的には、ある意味で新たなアニメの手法を垣間見た気がします。もっとも、限りなく原始的でアニメの基本的な手法なんでしょうけど。要するに、「絵コンテ」をそのまま本番に利用したと言ったような。普通それをやったらNGだと思いますけど。それを見れるレベルにまで持ってきた、みたいな(笑)

全体としてはちょっとダレた気がしなくもないですが、とにかく最終回が凄すぎました。個人的には「終わり良ければ全てよし!」って主義ではないですが、最後で完全にもって行かれたんだから仕方ない。泣けたし、余韻も充分でした。

終始緻密だった廃墟の風景も雰囲気バッチリでした。どこかベクトルが違う気もするんですが、労力のかけ方はハンパじゃないと感じました。いろんな意味でとんでもないアニメだったのかも知れません。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : 鉄腕バーディー02

2009/04/05 19:00 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「鉄腕バーディーDECODE02」第1話

<After All>

来ましたね、バーディさん第2期!待ちに待ってました。

事前の放送先取り特番で言っていた通り、今期はバーディさんのパーソナルな部分にまで迫った作風となっているようです。早速バーディさんの幼少期が映し出されましたね。

恐ろしい兵器「リュンカ」を巡って、またしても悪党どもが地球に乗り込んで来たようです。彼らが人間に姿をなりすましたところで、「この俺様が醜悪な人間の姿になるなど!」と言い合うやり取りがリアルに描かれ生々しかった(笑)

初回はちょっとツカミが弱かった気もしますが、むしろじっくりと“魅せて”くれそうで、話数を積み重ねて行くのが楽しみ。そして今期は、幼なじみ登場でバーディさんも“発情”しそう!?(バーディさんはつとむ君の恋心を指していつも“発情”と言うんですよ)

バーディさんの地球での借りの姿、グラビアアイドル有田しおんも大フィーチャーっす!

〈番組HP〉
鉄腕バーディDECODE02

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/1
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 鉄腕バーディー02

2009/01/16 21:20 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking