「大正野球娘」最終回

<土と埃にまみれます>

タイトルがなんとも言えず傑作ですね(笑)

ついに男子校と対決ですよ。その結末やいかに!

すんません。他の番組とカブってたので、Aパートの途中までしか見てません(涙


<総評>

そんなわけで、テレ東の「PHAMTOM」と時間帯が同じなため、評価できるほど視聴出来ていたわけではないのです。ネット配信かなんかでチェックしておけば良かったのかも知れませんけどね。そこまでしてアニメを追っかけしているわけでもないので(笑)

確かに野球部は屋外で活動するものだけど、雨が降ったらお休みね!とかやってて、なかなか野球をしてくれない大正乙女たちに悶絶させられることしばしw

そう言った時代背景を生かした設定が微笑ましかったです。

現代の女の子はもうしっちゃかめっちゃかとなっているので、このような古風な女の子たちに癒された次第。ツンデレとかヤンデレとかのいない時代。やっぱ一度原点に立ち戻るべきですね(なんの?

そんなわけで、お疲れ様でしたぁ!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : 大正野球娘

2009/09/25 22:14 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「大正野球娘」第1話

<男子がすなるという、あれ>
神楽坂淳原作のラノベ。

内容は読んで字のごとく。と言ったわけで、大正時代に野球をすることになった女の子たちのお話。

ヒロインの小梅ちゃんが冒頭、いきなりエノケンの「パイのパイのパイ」を歌いだす。おい、どうしちゃったんだ!?(笑)ミュージカル風味のある昭和の映画みたいな演出で、大正浪漫を分かりやすく提示しました。

ちなみに「パイのパイのパイ」とは、南北戦争期に歌われた行進曲に当時の世相を語った日本語詞を付けたもの。それでもって戦前にエノケンが歌ってヒットさせた流行歌ぞな。

さて本編。「野球を始めますわよ!」と、同級生の晶子さんに連れられやって来たのは男子の練習場。そこでは「軍隊形式の特訓」が繰り広げられ、恐れおののく女子一同。まあ、分かりますよ(笑)

これはしかし、素敵なアニメが始まったもんです。画こそ現代的ですが、大正時代の雰囲気を上手く再現していて、レトロなのにモダンな作風を作り出しております。

「うみねこ~」(時代設定は80年代だが絵的には昭和モダン)といい、ちょっとだけ昔の日本を舞台にしたアニメが今期注目!?

しかし惜しむらくは、「Phantom」と時間がかぶっているため、途中で録画が切れてしまうこと(笑)これ見たいなぁ。まったく、このタイムスケジュールはなんとかならんものか。

「パイのパイのパイ」の出自を確認するためにいろいろ調べちゃったw もちろん曲なら知ってましたけど。

〈番組HP〉
大正野球娘

戦後にこちらの方がカヴァー


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/7

タグ : 大正野球娘

2009/07/05 15:59 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking