完了したアニメ(2008年4月~6月期)

アニメの記事が混乱して来たので、ここらでいっちょ閲覧用ガイドでも作ろうかと思い立ちました。

「アニメ総合」の方より、最終回を迎えたアニメを切り分けております。各タイトルにリンクを貼りましたので、クリック頂ければ作品ごとに並び替えられた記事が表示されます。

テンプレートの方をあまりごちゃごちゃさせたくなかったので、このような形にしました。ひと手間掛けることとなりますが、多少でも見やすくなればこれ幸いです。

このページはヘッダーとして残しておきますので、その下から記事になりますです(ちょっとだけスクロールして確認してね!)。

では今後ともお楽しみください。

<完了アニメ>
xxxHOLiC◆継
純情ロマンチカ
紅(くれない)
仮面のメイドガイ
図書館戦争
あまつき
ギャグマンガ日和3
ヴァンパイア騎士
PERSONA-trinity soul-

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : xxxHOLiC◆継 純情ロマンチカ 紅(くれない) 仮面のメイドガイ 図書館戦争 あまつき ギャグマンガ日和3 ヴァンパイア騎士 ペルソナ

2008/08/13 15:09 | 完了アニメCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「紅(くれない)」第十二話


再び紫ちゃんを救いに九凰院へ舞い戻った真九郎君一行。追っ手を粉砕し、紫ちゃんの父であり、九凰院の当主である蓮丈と対峙する真九郎君。そのとき、紫ちゃんは自分の意思で生きてゆくことを決心します。九凰院を出るのではなく、古いしきたりと戦って自由な生き方をつかみとる決意をするのでした。

ぎゃあ!なんと今週で最終回でした。1クールだとは思ってたんですが、あともう一話あるかと思い込んでました(笑)。ってまあ、HPチェックしてれば分かったことなんですが。
あまりにサックリと終わってしまったので、最終回のカタルシスと言ったものは希薄でした。って言うかもったいないなぁ(笑)。もっと見ていたかった。でもまあ、これは第二期があることのフラグなんでしょうか。原作はまだ続いてますもんね。

ってなわけで、いきなり<総評>って感じになるんですけど。今期、何気に楽しませてもらったアニメでした。真九郎君の住む五月雨荘の住人たちによる、グダグダなやり取りにかなり癒されましたね。このしょーもない感じで延々引き伸ばすのも捨て難いものがあったわけですが、時折挟まれる殺伐とした裏世界の描写に、幸せとはかくもはかなき土台の上に成り立っているものだと、この世の諸行無常を覚える感慨しきり。

尻切れと言うか、この満たされなさをどうしてくれる!と言ったわけで、そうなると原作を手に取りたくなるのが人情(笑)。もっとも、2クール26話くらいでガッチリ制作してたとしても、この作品の場合、やっぱりラストはやるせない感じで終わるんでしょうがね(笑)。

途中からチェックし始めたので保存してないのが悔やまれます。個人的には、当初さほど期待していなかったために思わぬ伏兵となりました。繰り返し見たい作品のひとつです。でもこの作風なら原作が続く限り、第二期、三期と継続できるんじゃないですか?そんな期待を込めて締めくくっておこかうと思います(笑)。

にしても紫ちゃん、可愛かったっす!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 紅(くれない)

2008/06/20 23:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「紅(くれない)」第十一話

紫ちゃんを救い出しに、九凰院へ向かった真九郎君一行。しかしそこで待ち受けていたのは、手練の暗殺者集団。一行は逃げ出すので精一杯。しかしどうしてもあきらめきれない真九郎君は、一人また九凰院の中へ突入する。

アニメにありがちな、「怒りに任せて一発逆転!」ってのがなくて、強い相手に普通に負けて帰ってくる主人公たちがリアルっすね。しかしまあ、次回もうひと悶着ありそうなんで、どんなに惨めなことになろうと、命からがらで良いから紫ちゃんを連れ出して来て欲しいもんですな。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 紅(くれない)

2008/06/14 22:30 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「紅(くれない)」第十話


前回、護衛していた紫ちゃんを九凰院に連れ戻されてしまった真九郎くん。あれは避けられないミス、仕事をする上で起こりうる試練だと、表面上は気丈に振舞っていましたが、本心はやはり相当に悔しかったよう。自分のふがいなさに憤慨し、もしかしたら死ぬかも知れない覚悟で九凰院へ向かうことを決意します。普段は冴えない真九郎くんが、初めて自分の意志で英断を下しましたね。苦悩する真九郎くんのこの普通っぽさが共感を呼ぶんです!

あの天真爛漫だった紫ちゃんが、帰れば虐げられることとなる九凰院に連れ戻された途端、完全に怯えきった表情になってしまう。思わず胸が締め付けられるのですが、声を担当している悠木碧ちゃんの演技が良いわけです。必ずしも決して幼女好きと言うわけではない私が心動かされるとは!(笑)


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 紅(くれない)

2008/06/07 00:30 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「紅(くれない)」第六話、第七話


先週と今週に渡ってまったり回でしたね。第六話はみんなでミュージカルの練習、ただそれだけ(笑)
今週はサブキャラの女子大生環(たまき)ちゃんが、男に振られるお話でした。彼氏と言い合いをする環ちゃん、なんかホントに別れ際のカップルの痴話喧嘩そのもので笑っちゃいました(笑)。お相手である彼氏役の声優さんも上手くて、急に他人行儀になった男のリアクションを良く表現してました。このアニメ、人間ドラマだけでホント見せてくれます。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 紅(くれない)

2008/05/17 00:31 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「紅(くれない)」第五話

今週、主人公の真九郎君は自分が修行した家に帰って、鍛錬をし直して来ました。大した事件は起こりませんでしたが、穏やかさの中に殺伐とした空気が漂う感覚はやはり独特。


@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 紅(くれない)

2008/05/05 00:28 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「紅(くれない)」第四話


そうそう。原作から想像される紅ってこんなイメージ、って回でした。ヤクザに殴られて痛い感じ(笑)救われないファミリードラマと化して来ましたが、「家族ゲーム」的な退廃に通じるものがあるでしょうか。


@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 紅(くれない)

2008/04/27 22:00 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

深夜アニメもろもろ ~紅(くれない)を初めて見る~

「紅(くれない)」第三話目
揉め事処理屋の少年紅真九郎は、裏社会に生きる自分と、平凡な生活を望む普段の自分との間で葛藤している。ある日受けた依頼で、大財閥の娘である九鳳院紫の護衛を命じられる。真九郎のアパートで居候することになった紫との奇妙な同居生活が始まる。第三話目にして初めてチェックしてみました。なかなかおもしろいっすねぇ。劇画タッチとは言いませんが、リアリズムに徹した作画は丁寧ですね。セル画でもって実に細やかな描写をしていて、玄人好みの渋い作風かも。制作スタッフの苦労が偲ばれますが(笑)
オープニングとエンディングのアニメはポップアート風のスタイリッシュなもので、曲調もアップテンポ。作品のイメージとは趣きを異にしますが、写実的な本編との良いコントラストになっていて、これはこれでアリだなぁと思います。
昨年のジャンプフェスタで制作発表に立ち会っており(ギャグマンガ日和でも同じ事を言った気が:笑)、主演の沢城みゆき嬢や、悠木 碧ちゃんや黒田崇矢氏などが出演されてましたね。そう言った意味で初回からちゃんとチェックしたかったんですがね、今期は色々とカブり過ぎちゃって、やむなく途中からの鑑賞を余儀なくされました。でも趣味に合う作品とそうでない作品が分かってきたところなので、「紅」に切り替えようかなって感じ。
http://www.samidareso.com/

「ゴルゴ13」第二話
ゴルゴが容疑者に。名うてのスナイパーが狙撃失敗か?警部補から執拗な追求を受けるデューク東郷。元来無口な性格ゆえセリフこそ少なめですが、今回はゴルゴ節炸裂の緊迫感溢れるストーリーでした。警部からカマをかけられても、眉ひとつ動かさぬポーカーフェイス。さすがはデューク先輩であります。ひとつ面白かったのが、依頼の待ち合わせに遊園地が使われていて、子供たちで溢れる和気あいあいとした場所に、眼光鋭いデュークが佇んでいる姿が違和感バリバリでおかしかった(笑)しかも依頼の打ち合わせが観覧車の中って。どう見てもカタギじゃないオッサン2人が乗り込むなんて、係員の人が不審に思うこと請け合いでしょ。

「マクロスFRONTIER」第三話
正調少年漫画系のベタな展開がちょっと恥ずかしい感じでしたが(笑)、やっぱバルキリーはカッコいいなぁ。

「仮面のメイドガイ」第三話
いやぁ、いいですよぉ!正統派メイドのフブキさんが一番可愛いかも(笑)だって本編で一番のイジラレキャラなんですもの!萌えます。

「二十面相の娘」第二話
怪盗たちのアジトへやってきた知津子ちゃん、いよいよ国外逃亡です。やはりルパン3世のようなスパイアクションみたくなって来ましたが、何気に宮崎アニメ風ファンタジーの要素も出て来ましたか。なんかいい感じかも。

「我が家のお稲荷さま。」第三話
天狐であらせられるクゥちゃんが学校に興味を持ち、居候先のお兄ちゃんの高校へ遊びに参る。3話目にして既に妖怪や神仏的な要素が希薄に。早くもグダグダですけど、本作に至ってはむしろ持ち味に繋がっているか(笑)しかし思った以上に深いレベルでまったり感が進行している気が。

「純情ロマンチカ」第二話
うーん、今週もスゲェなぁ!(笑)2話目にしてもうそこまで関係が進んじゃいますか!?この描写、深夜とは言えかなりきわどいっすよ。ってか、普通NGじゃね?これから先、大丈夫なんでしょうか(え、なに?テレビ局にクレームが入るか、私の理性が崩壊するのが先か、ですって?)

「図書館戦争」第二話
なんかノリがヤングジャンプ的になってきたかな。でもまあ許容範囲。

「xxxHOLiC◆継」第三話
結構シリアスな展開になってきました。これなら面白い。座敷童子が可愛いっすね(皆さん想像するグロい子供容貌ではなく、かなり萌えな女の子)。

「ネオアンジェリーク」第三話
相変わらず戦闘シーンに緊張感がないですけど(笑)、今回出てきたしたクラゲの化物は良かった。今は最終決戦に至るために仲間集めをしている段階ですね。そして傑作なキャラ登場。忠義の人で、女王の卵であらせられるアンジェリークちゃんに忠誠を誓ってました。儀礼的で大げさな振る舞いが時代錯誤で笑えます。ってか、前から気になってましたが、男性キャラで一番のメインキャストとなるレインさん、あんた一番弱くないか!?いつも助っ人に助けられてる気がします。でもこの緩さが好きなんだなぁ。


@ムハンホウちぇっそ@

タグ : 紅(くれない) ゴルゴ13 マクロスFRONTIER 我が家のお稲荷さま 二十面相の娘 純情ロマンチカ 図書館戦争 xxxHOLiC◆継 ネオアンジェリーク

2008/04/23 21:19 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking