完了したアニメ(2008年4月~6月期)

アニメの記事が混乱して来たので、ここらでいっちょ閲覧用ガイドでも作ろうかと思い立ちました。

「アニメ総合」の方より、最終回を迎えたアニメを切り分けております。各タイトルにリンクを貼りましたので、クリック頂ければ作品ごとに並び替えられた記事が表示されます。

テンプレートの方をあまりごちゃごちゃさせたくなかったので、このような形にしました。ひと手間掛けることとなりますが、多少でも見やすくなればこれ幸いです。

このページはヘッダーとして残しておきますので、その下から記事になりますです(ちょっとだけスクロールして確認してね!)。

では今後ともお楽しみください。

<完了アニメ>
xxxHOLiC◆継
純情ロマンチカ
紅(くれない)
仮面のメイドガイ
図書館戦争
あまつき
ギャグマンガ日和3
ヴァンパイア騎士
PERSONA-trinity soul-

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : xxxHOLiC◆継 純情ロマンチカ 紅(くれない) 仮面のメイドガイ 図書館戦争 あまつき ギャグマンガ日和3 ヴァンパイア騎士 ペルソナ

2008/08/13 15:09 | 完了アニメCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ヴァンパイア騎士」最終回


ヴァンパイアとして覚醒しかけているゼロ君が鎖に繋がれ苦しんでいたり、学園内に隠された秘密だとか、ヴァンパイアの頭領であるカナメ先輩の思惑だとか、全ての「?」が一挙に噴出して終わった最終回でした。

何気に押さえていましたよ。感想はほとんど書いてませんでしたが、実は全話見てたんです(笑)
最終回となってはいますが、実際のところストーリーは何ひとつ完結しておらず、むしろあらゆる謎を投げかけられたまま、10月から始まると言うセカンドシーズンへ持ち越しのようです。

お恥ずかしいながら、途中から流して見てたので、ちょっとストーリーを見失ってます(笑)。終始、画が綺麗なのはよかったですね。

<総評>とするには不十分なところですので、本当の<総評>は次シーズンが完了してから下すことと致しましょうか。ってことは、次も全部チェックしなきゃいけないってことですね(笑)。



@ムハンホウっちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ヴァンパイア騎士

2008/07/06 17:14 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

深夜アニメもろもろ ~クリスタルブレイズに驚愕・狂乱家族日記は。。。?~

「ヴァンパイア騎士」第二話
思いのほか悪くない展開へ(笑)画もキレイだしね。もう少し様子を見ましょうか。

「BLASSREITER」第二話
あともう少しでとてもおもしろくなりそうな要素を持っているのに、そのようにならないのは何故なのか。カーチェスになると途端に全てがCGになる。例えば、怪物は全てCG、人間はどんなときも従来のアニメ。とメリハリをつけた方が良かったのでは?(視聴者の無粋な進言ですけど)無味乾燥なCGで興を削がれる感が無きにしも。

「あまつき」第二話
第一話でも感じたことですが、やはりこの江戸庶民の生き生きとした生活感を描いているところが楽しいですねぇ。朽葉を演じる朴路美嬢の柄にもない(失敬!)、ツンデレぶりが意外と萌える(笑)普段は鬱陶しいほどにハイパーテンションだもんで(失敬再び!)。

「クリスタルブレイズ」
第二話にして初めてチェックしてみましたが、今時なんて古風な画風!言ってみれば「ビッグスピリッツ」みたいな感じ(それを言ったら小学館に悪いか)。アテレコに関しても、今時「ギャグマンガ日和」ですら“プレスコ”と呼ばれ、音声を先に録ってその演技に合わせて画像を制作する手法を取っているのに対し、本作に至っては素人の私が見ても、明らかに画が出来上がった後から声当ててますよね?(まあそれってもちろん普通なんですけど)やたらと画と音声が乖離している気がして、全体的に妙なギクシャク感が漂っています。作風としてはハードボイルドなんですが、キャラのアクションとかギャグセンスが、ふたつもみっつも昔の印象(今時、全速力で走ってきた犬が止まるとき、「キキーッ!」ってやるか!?)。なんか“昭和”ですわ、“昭和!”ある意味おもしろんですけどね(笑)もしかして全てネタとして狙ってるんですかね。しかし主題歌とエンディングテーマは、作品のキッチュさに反してジャジーでかっこいいっす。
http://anime.biglobe.ne.jp/crystal-blaze/

「狂乱家族日記」
この作品の背景には、なんだか千年前の因縁が絡み付いているようですが、基本的にはネコ耳娘やロリータ趣味、または腐女子や不思議動物の数々に、萌えたり突っ込みを入れたりするのが目的の「ネタアニメ」の趣向が強いようです。もしかしたら終盤に超展開を見せて壮大な物語へと発展する可能性が無きにしもですが、やはりどう考えても、オタクが見て「このアニメ、ダメだよなぁwww」と言いつつ、「でも俺、最終回まで見ちゃったよ。俺もなんてダメなヤツなんだ!」と、自分のオタク度を示すバロメータとして存在する作品なのでしょうね。
http://www.kyouran.jp/pc/index.html


@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 狂乱家族日記 クリスタルブレイズ あまつき BLASSREITER ヴァンパイア騎士

2008/04/17 23:22 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

今期スタートの深夜アニメ3

~パート3~

「フタコイ オルタナティヴ」
電撃G's magazine連載の企画が原作。2005年に放映されたアニメの再放送だそう。探偵一人、助手2人(双子の女子高生)を擁するの双葉探偵事務所を舞台に繰り広げるスラップスティックコメディ。二子玉川をモデルにした「二子魂川」と言う架空都市で、アッパーなギャグとノスタルジーが同居する。この世界観が意外と心地よいです。3年前の作品となりますが未だ斬新さは健在でしょう。悪くないなぁ(笑)
http://www.ufotable.com/2koi/

「隠の王」
月間Gファンタジー連載の漫画原作。主人公、六条壬晴(ろくじょう みはる)の体内に宿る「隠の世(なばりのよ)」最大の秘術「森羅万象」を巡って、忍の戦いが現代で繰り広げられる。スタイリッシュな感覚の伝奇アクションと言った趣き。比較的バランスが良いですかね。後ろに魅力的なキャラが控えているようなので、今後の展開次第では化けそうな予感も。絵柄の好き嫌いはともかくとして。
http://www.nabari.tv/index0.html

「ネオアンジェリーク Abyss」
中世風のパラレルワールドで、「タナトス」と呼ばれる魔物と、「オーブハンター」の攻防を描く異世界ファンタジー。個人的な話で恐縮ですが、現在王道ヒロイックファンタジーにハマっている身としては、ストライクど真ん中の作風(笑)少女漫画/宝塚風な画に拒絶感を抱く向きがあるかも知れないし、魔物の造形にチープな感があるのは否めませんが(まだ雑魚キャラですけどね)、分かりやすいファンタジーとして、その世界観に安心して身を委ねられる感覚は捨てがたい。
http://www.gamecity.ne.jp/neoromance/tv/neo/index.htm

「ソウルイーター」
月間少年ガンガン掲載の異世界ファンタジーアクション。なんと木曜深夜にはスペシャル映像を追加した形で、「ソウルイーターレイトショー」としてリピート放送もあると言う興味深い趣向。深夜は他のとダブってしまっているので、夕方の放送分だけチェック。うむ。画はなかなかに斬新だと思うんですがね。雰囲気的に、大人気の「ワンピース」辺りに通じる作風で(「D.Gray-man」も思わせるか)、個人的趣味には合致せず。アニメゴールデン枠にしては露出が高かったと思いますが、と言うことは、深夜枠のリピート放送ではエロ度割増し!?それだったらちょっと気になるなぁ(笑)
http://www.souleater.tv/

「ヴァンパイア騎士」
月間LaLa連載のコミック原作。全寮制の名門校に隠された秘密。なんとエリートクラスの生徒はみなヴァンパイア!妖艶でミステリアスな学園生活が始まる。風変わりな学園ものになるのか、秘められた陰謀が表出してバトルものになるのか。原作未読のため今後の展開が全く読めませんが、作品全体を覆うダークな雰囲気がゴシック風味を強くしております。現段階ではなんとも評価出来ず。画は美麗。にしても、今期アニメは線の細い少女漫画チックな作品が多いなぁ(笑)
http://www.vampire-knight.jp/

「BLASSREITER」
近未来ドイツで頻発する謎の事件。死体が蘇り人々を襲う。しかしそこへまた別の「異形なる者」が現れバトルが繰り広げられる。この設定だけ読むなら、バイオハザード的なゾンビ作品と捉えられるでしょう。しかしその造形はどちらかと言うとサイバネティックであり、これらが作中で「融合体」と呼ばれることから分かるように、「機械」と融合し変容して行く様から、「ロボコップ的」な雰囲気が漂ってきます。主観によるところ、70%くらいがCGなのでは?それも3Dゲーム的な「いかにもCG」と言った、ポリゴン的コンピュータグラフィック。ハイテクノロジーの世界を描いていながら、そのディテールに関しては一昔前のレトロな未来観が支配的で、今時のアニメ/SFの基準から見るとかなりキッチュな印象(笑)今期アニメの中では珍しくシリアスなSFハードアクションで、緊張感溢れるサスペンスを堪能できる貴重な存在と言えるか。
http://www.blassreiter.com/

<いい加減にしろと言われそうですが、淘汰されるまでは今しばらく!(でもされないかも:笑)>

@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : フタコイオルタナティヴ ネオアンジェリーク ソウルイーター 隠の王 ヴァンパイア騎士 BLASSREITER

2008/04/09 21:19 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking