「ティアーズ・トゥ・ティアラ」最終回

<力の言葉>

す、すげぇ……。

ストーリーの紹介なんて野暮なことはやりません。

この感動、長い長い大河ドラマを経て覚えるカタルシスの絶頂。

最後の聖戦。友情の剣(つるぎ)が重なって、人智を越えた神の力をも凌駕する。
原初の子は言葉を取り戻し、邪悪な魔物を灰に帰す。
やがて安息が訪れ、小さき王は晴れて世界を統べる冠を、その頭に頂く。


剣と魔法と友情が織り成す壮大なファンタジー。

ここに見事、完結いたしました!


<総評>

今期最高のアニメと言うには謙遜に過ぎる。私が今まで見た中でも、最も感動した作品であったと断言してしまおう!

これほどまでに重厚なディテールを破綻させることなくまとめ上げた完璧な脚本。ゲームが元になっているので、その時点でかなり練り込まれたプロットがあったのでしょうね。しかしそれらを差し置いたとしても、各回に於いて唸らされた場面がしきり。特に最終回などは、もはや奇跡としか思えない感動を私に与えてくれました。何もかもがドラマチック!

そしてこのアニメにおける特筆すべき点は、「全てのキャラを生かしきった」ことに尽きるでしょう!「忘れ去られたキャラが誰ひとりとして存在しなかった」のが凄い。彼らはみな自分に与えられた役割を精一杯に演じきり、その魅力を遺憾なく発揮してくれました。

アロウンさまとアルサルの友情。リアンノンちゃんの嫁っぷり(本当の意味でアロウンさまの正妻ですからね!)。女戦士、モーちゃんとオクタビアさんの間に生まれた絆。オガムのこれぞ「ご家老」っぷり。元気いっぱいラスティちゃん。どじっ子スウィールちゃんに商魂たくましいエポナちゃん。リムリスとエルミンの妖精メイドたち。そして孤高の詩人タリエシン。

みんな最高でした!

もちろん、これは演じた声優さんたちの奮闘によるところも大きいかと。中でもやはりアロウンさまの中の人、大川さんがお気に入りです。飄々としていながらも、内に熱い想いを秘めた魔王!なんて設定、他に誰ができるでしょうか。今期、他作品でも大活躍している大川さん。私、男ですけど、ファンになりました(笑)

作画も良く動いたと思います。深夜アニメでこれだけのアクションをするなんて、ちょっと信じられないクオリティだったと思います。むしろゴールデンのアニメより動きが滑らかだった気がするくらい。描き込みも凄まじかった。スタッフさまには誠に頭が下がる思いです!

ケルトミュージックやらフォークロアなどを土台にしたかのBGMも作品にマッチしてました。本当に雰囲気が良かった。もちろん、OP、EDの曲も共に素敵でした。これらの相乗効果もあって、作品がさらなる高みに上ったのだと信じます!

コアな視聴者の中には、掘り下げが足りないエピソードがある、と言った意見もあるようですが、原作ゲームを知らない私からしたら全く気にならない程度でした。先にも書きましたが、ほとんど完璧と言えるストーリーだったと思います。

このアニメを賞賛する言葉はいくら書いても尽きることがない・・・(笑)

これほどの作品に出会えたことを私は本当に嬉しく思います。

とてつもなく大きな「ありがとう!」をティアーズトゥティアラに捧げたい。

王道ファンタジーの金字塔がここに打ち立てられた!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/09/29 00:24 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第21話

<初源の歌>

先週からのストーリーは凄かった!

その前の週から繋がるんですが、洞窟の中で姿を消したタリエシンさん、秘密の神殿みたいなところへ迷い込み、その空間に記憶されていた太古の世界を垣間見る。

それはアロウン様生誕の秘密。天上の十二精霊が統べる天地創造の神話へと遡ります。

「12」で完全を成す彼らの間に、13人目の精霊、後のアロウン様が生まれてしまうのです。「13」とはまた悪魔的な数字なわけで、精霊たちは彼を凶兆とみなします。ところが精霊の一人であるメルリネスは彼を引き取り、「ルキフェル」と名づけて自分の息子としたのでした。

メルリネスは人間を愛しており、精霊たちとの誓約を破って地上に「春」をもたらします(地球は氷期にされていたのだ)。しかしそのせいで力を使い果たし、彼は命を落とすはめに。

そしてメルリヌスの後を継いで12番目の精霊となったルキフェル、すなわちアロウン様ですが、間もなく精霊たちの欺瞞を知ることとなります。

そこでアロウン様は精霊たちに宣戦布告します。懐を分かって地上へと舞い降りたアロウン様は、いまや堕天使。もうお分かりでしょうが、「ルキフェル」とは要するに「ルシフェル」のことであったと!(ラテン読みなのかな?)

物語は一気に壮大で深遠な広がりを見せ、なんとスケールの大きな話になったのか!とガクブルしちゃったワタクシ。

そして今週。

以上のことがあり、大昔に起こった事件を知ってしまったタリエシンさん。自らに課せられた重大な使命をまっとうするため、(アロウン様、ひいては人間どもを抹殺するために)神々が派遣した大軍勢にたったひとり立ち向かう決心をするのです。自分の命と引き換えに・・・、壮絶!

いやぁ、すげぇ。2週に渡って「神回」でしたね。元より「神々のお話」であったわけですけどw

これでエンディングへ向けてのお膳立ては揃った感じですかね。残り話数も充分。どんなカタルシスが待ち受けているか、ほんっと楽しみだなぁ!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/08/26 23:10 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第15話

<カンディド>

帝国軍へ専制を企てたアロウン様ご一行。森を突きぬけ・・・、突き抜けるはずが!なんと罠にはめられ「アンデッド」の集団による奇襲を受けてしまうのでした。

軍団のピンチに一世一代の浄化魔法を駆使するアロウン様。しかしその反作用によってアロウン様の命が危険にさらされてしまうのです。更にそんな折、ある種の天啓を受けたアルサル厨が、彼の父を殺した犯人が実はアロウン様であったことを知ってしまう。

何かに取り憑かれたようにアロウン様に刃を向けるアルサル厨。兄の暴挙を阻止しようと、妹であるリアンノンちゃんがその眼前に立ち塞がるのだが、遂にアルサル厨の剣は、これまで盟友であったはずのアロウン様を刺し貫いてしまう。

我に返ったアルサル厨、しかし時既に遅し。なんとか一命は取り留めたアロウン様ですが、自らの過ちにおののいたアルサル厨は、失踪してしまったと言う。

なんと衝撃的な展開!正に風雲急を告げた今週。物語の闇の部分が徐々に明らかにされて来た感があります。アロウン様がかつて暴虐の限りを尽くした忌まわしき過去の再燃か。

この様子をスパイしていた帝国軍の密偵により、情報を伝え聞くと言った感じでストーリーが進行。この演出が決して「手抜き」ではなく、「計り知れない何かが蠢いている」風に感じたのがスリリングでした。上手いなぁ。

アルサル厨の失踪!ってのも、また人間の心理を突いていてリアル。この顛末がどのような結果を生むのか、次週が待ち遠しい!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/07/15 21:22 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第14話

<白の精霊>

今週のアロウン様ご一行は軍資金調達のため、アロウン様がかつて倒れたときに埋葬された霊廟へと墓荒らしに向かったのでした(笑)

墓の番人でもある怪物オウガが襲い掛かる。アルサル厨を筆頭に、皆で連続の波状攻撃。

うーむ。相変わらずアクションが素晴らしい!セルをふんだんに用いたスムースな動作でスピード感たっぷり。例え血まみれになってもオクタビア、やはり君は美しい!

そして鉱山妖精のラスティ君は相変わらず「鍋」を作ることにこだわっているw キャラを生かすね。

さて、霊安室の壁に描かれた「12人の精霊」を見て、アルサル厨が何かに気づく。自分の父を殺した連中に似ている、と。

復活する前のアロウン様の過去が少しだけつまびらかとなり、アルサル厨の父を殺した犯人が示唆された結構重要な回じゃなかったでしょうか。

ホントに面白いなぁ。これからの後半戦も楽しみであります。

あ、リアンノンちゃん!夜中にアロウン様の寝室へ!?狼の檻にウサギが入り込んだら、そりゃあ・・・。

思わず本気で心配しましたが、恥ずかしい出来事はなにもなく(笑)



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/07/08 21:56 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

タユ。アスラ。ティアラと

昨日は飲みすぎ。

でもペース的にはさほど無理がなかったみたい。午後中いっぱいをかけてウィスキーのボトルを半分くらい空けました。普通だよね?

酔いが回り、夜は興奮して寝付けず、久しぶりに深夜アニメをリアルタイムで見ようとテレビを点けたのが、午前1時過ぎ。

するとあるはずのない映像が飛び込んで来ましたけど。

「あれ?こんな時間にアスラクラインなんてやってるはずないんだけど」

そう言えば、先週「タユタマ」の予告で「来週はお休みじゃ!」とカワイイ鵺(ぬえ)さまがおっしゃっていました。

そうか。つまりは千葉県市長決定の特番があって番組編成が変わり・・・、なんですとぉ!?

デッキを見ると、やはり予約録画が作動していない。ってか、普段この時間はアニメやってないから当然予約してるはずもなし。

偶然テレビ点けてよかった。危うくアスラクラインを一週飛ばしちゃうところでした。

これは本編も保存してないし、ただラストのエンドカードだけはコレクトしているので、最後予告が終わった辺りから録画ボタンを押しました。よかった、無事撮れた。

でも本編はパーティにお呼ばれしなどして、まったり回でした。見逃してもストーリー的には差し支えなかったか。

その後、流れで次のティアーズ・トゥ・ティアラも視聴。

今週もオクタヴィアさんフィーチャー。帝国兵士リディアさんと因縁の対決でした。

こちらのリディアさん、物語ラストまで絡んでネチっこく狂い咲いてくれるのかと思ったら、案外掘り下げられることなくあっけなく討死。

アクの強いキャラがいなくなってちょっと残念でした。

二日酔いもなく今朝は意外と元気。疲れも確かにありましたが、むしろ心地よい疲労感。飲酒もある意味スポーツですね。スポーツ飲酒。

こまごました出来事もあったのですが、大概忘れました。でもきっと忘れた方が良いのでしょう。

今夜もガス菅の工事があるみたいです。今、作業車がアパートの真下に止まってます。

雨の中ご苦労さん。工事、特急で終わらせてね!5分以内くらい。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : アスラクライン タユタマ ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/06/15 22:10 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第10話

<気高き剣士>

先週、文字通りアロウン様に「お持ち帰り」されてしまった帝国剣士オクタヴィアさんです。

ちょっとした陰謀に巻き込まれた彼女。倉庫の箱の中に閉じ込められ、ちょうどそこへアロウン様一行が物資を強奪しに来たと言う・・・。

敵であるオクタヴィアさんを迎えてしまったアヴァロン城でひと騒動。とくに頑固者のアルサル厨が彼女を敵視している。

しかしそこは戦場に身を置く戦士同士。剣を交えることによってお互いに分かり合えるものがあったのですね。これにて一件落着っと。

そんなわけでオクタヴィアさんが大フィーチャーされた回でした。期待通りの保存回となりましたね。強いっす、美しいっす!

空気読まず、人の領分にずけずけ入り込んでくるモーちゃん。でもそんな彼女を嫌な顔せず受け入れるオクタヴィアさん。孤高の剣士が少し心を開いたかな?

モーちゃん、グッジョブ!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/06/09 23:10 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第8話

<ルブルム>

アロウン様におとずれたひとときの休息。眠るエルミンたんを傍らに、リムリスちゃんとの和やかな空間が。もちろん彼女は魔王付きの妖精だから当然なのですが、やっぱリムリスちゃんも魔王の「嫁」なんすね!?

その一方で神聖帝国治安部隊「ルブルム」が、アロウン様の本拠であるアヴァロンへ上陸を果たそうとしていた。真っ赤な夕日を後にし、赤い鎧をまとった精鋭部隊がやってくる。

その筆頭がリディアさんと言う、残忍で容赦のない司令官。なんたって中の人が沢城先生ですから、そりゃオットロシーわけっすよ。でもこのお人も美しい!

でぇ結局、ルブルムにこてんぱんにやられたゲール族の兵士たち(つまりアロウン様の配下ですな)。その第一の騎士たるアルサル兄貴、今回の戦いで何か目覚めたようですね。これまでは猪突猛進型が厨房チックで、従ってあまり彼に触れて来ませんでした(笑)でも今週ちょっと利巧になった感じ?これはいい展開ですねぇ。アロウン様の相棒として、これからの活躍に物凄く期待できそう!

先週から魔王の仲間になった鉱山妖精のラスティ君。ショタなのかロリなのか、その属性は幼すぎて判別できません(笑)ある意味、凄いキャラっす。

アルサル兄貴がゲール族の兵士たちの名を呼んでましたね。みんなカッコイイ名前。肩を負傷した中肉中背のおじさんが「テンペスタ」って!メタルバンド、ホワイトゾンビのドラマーみたいっす。

この2,3週でホントにおもしろくなって来たなぁ



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/05/25 22:55 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第6話

<非情の谷>

新キャラ登場。あざらし妖精(!)のスウィールちゃん。魔王復活を祝いにやって来た彼女。ところがこともあろうに、その魔王たるアロウン様がスウィールちゃんが着て来た大事なあざらしの皮の洋服を燃やしてしまったのです!それはあざらし妖精に伝わる由緒正しき聖衣。それがないと彼女は故郷に帰れなくなるのです・・・、ってことは!?

アロウン様のモテっぷりは更に加速。なんと、「責任取って!」とばかりにスウィールちゃんは魔王へ嫁ぐ決心を固めます(笑)

アロウン様、どんだけ嫁をもらえば気が済むんだw とりあえず2人目ゲトですか。

新人のスウィールちゃんも抜群に可愛いけど、確かにこのアニメには多くの美少女が揃ってますな。

ヒロインのリアンノン嬢に、メイド妖精(出自が分からんのだがとにかく家政婦なのだ)のリムリスちゃんに相方のロリ属性エルミンたん。少年っぽいエポナちゃんがいるかと思えば、オヤジ属性でもってなんだか毎週泥酔している気がするモーちゃん(笑)ホント、だらしないくらい酒好きなところが共感できるのですが、女の子なんだからも少し自重ください!

敵キャラのオクタヴィアちゃんも美しいです。凛々しい麗人。切ない過去を背負ってそうで、なかなか奥の深いキャラとなりそう。一番入れ込める存在かも知れない!

今更ですが、OP曲が良いんですよね。普通アニソンって言うと、元気いっぱいハイテンションなイメージが先行するのですが、これはオーガニックなグルーヴが心地よい大人のロックと言った雰囲気。リラックスしたサウンドがファンタジーの世界に不思議と良く合います。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/05/12 22:50 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第1話

プレステ3用シュミレーションRPGが元。

こりゃまた大そうな正調ファンタジーの登場ですね。初回を見る限りでは予定調和の大定番と言った印象がありますが、押さえたトーンでじっくりと描いてくれるので、物語の世界を堪能させてくれそうです。画も綺麗だしね。

今期はこう言う正統派なファンタジー作をよく見かける気がします。

〈番組HP〉
ティアーズ・トゥ・ティアラ

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/4

タグ : ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/04/09 20:09 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking