「タユタマ-Kiss On My Deity-」最終回

<裕理>

愛する者を守ろうとする気持ちが、裕理に「やちまた」の力をもたらした。強敵の応龍に立ち向かう裕理だったが、そこに立ちはだかったのはなんと、ましろとアメリであった。

「たゆたゆ(魑魅魍魎のたぐい)」と人間の共存を目指すましろちゃんにとって、この争いは本意ではなかったわけですね。

裕理しゃんを巡る恋の争い。アメリちゃんとましろちゃんと間に錯綜していた誤解も解けたようで何より。ちょっと嫌な性格だなぁと思っていたアメリちゃんも、最後には物分りのよいいい子になりました(笑)結構キュンとしたよ

んで、応龍の大暴れによって破壊された街を、ましろちゃんが神気のほとんどを使い果たして修復。その結果、床に伏せてしまう彼女。病床に伏せるましろちゃんと祝言を挙げることを決意する裕理しゃん。今のこの「生」を後悔しないために、そんな切なる想いからなのですね。

「最終回」であることをじっくり堪能させてくれるエモーショナルな展開でした。裕理しゃんの想いと、ましろちゃんの想いが痛いくらいに突き刺さってくる感動的なお話。何気にスゴく良かったなぁ。カタルシスも充分!


<総評>
何かとアレでアレなところがあり、結構突っ込みどころ満載だったのかも知れませんが、最終的には上手く着地した気がします。

とは言え、例の「たゆたゆと人間の共存」と言うことに関してそれが本当に実現したかどうかは、結局のところ作中では明確にされていない。しかしながらそれが決して不可能ではないと、解決の糸口を示唆して終了したと言ったところでしょうか。

最終回に於けるこのエンドの仕方、余韻を残す感じで私は好きでしたね。

何はともあれ、本作の一番はやはり鵺(ぬえ)さまでした!最終回もいつもの予告みたいのが付いて、いつもの通り鵺さまが暴走気味にナレーションして終劇しました(笑)最後の締めが鵺さまなんて最高っ!

散々悪さをしてきた応龍も、ラストでは悪態つきながら主人公を鼓舞するガキ大将的な役割に転じ、ちょっとイイヤツなところを見せ付けました。岸尾が吼えました。

そしてちょっと早いですが、今期一番グッジョブな声優さんが決定です。もはやこの人しかいないでしょう、裕理しゃんのお父さんです!

今期は他に「ハヤテのごとく!」や、「戦国BASARA」での第六天魔王こと織田信長公を演じておりますね。芸の広さと言うかアクの強さと言うか、大御所ならでは幅広い演技で圧倒的な存在感を示しておられます!

果たして「エロオヤジ」をやらしたらこの方に追随できる人がいるのか!?(笑)毎度、美味しいところをかっさらって行くものです。

と言うわけで、「タユタマ」終わってみれば意外な良作でしたぁ



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : タユタマ

2009/06/25 23:58 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

タユ。アスラ。ティアラと

昨日は飲みすぎ。

でもペース的にはさほど無理がなかったみたい。午後中いっぱいをかけてウィスキーのボトルを半分くらい空けました。普通だよね?

酔いが回り、夜は興奮して寝付けず、久しぶりに深夜アニメをリアルタイムで見ようとテレビを点けたのが、午前1時過ぎ。

するとあるはずのない映像が飛び込んで来ましたけど。

「あれ?こんな時間にアスラクラインなんてやってるはずないんだけど」

そう言えば、先週「タユタマ」の予告で「来週はお休みじゃ!」とカワイイ鵺(ぬえ)さまがおっしゃっていました。

そうか。つまりは千葉県市長決定の特番があって番組編成が変わり・・・、なんですとぉ!?

デッキを見ると、やはり予約録画が作動していない。ってか、普段この時間はアニメやってないから当然予約してるはずもなし。

偶然テレビ点けてよかった。危うくアスラクラインを一週飛ばしちゃうところでした。

これは本編も保存してないし、ただラストのエンドカードだけはコレクトしているので、最後予告が終わった辺りから録画ボタンを押しました。よかった、無事撮れた。

でも本編はパーティにお呼ばれしなどして、まったり回でした。見逃してもストーリー的には差し支えなかったか。

その後、流れで次のティアーズ・トゥ・ティアラも視聴。

今週もオクタヴィアさんフィーチャー。帝国兵士リディアさんと因縁の対決でした。

こちらのリディアさん、物語ラストまで絡んでネチっこく狂い咲いてくれるのかと思ったら、案外掘り下げられることなくあっけなく討死。

アクの強いキャラがいなくなってちょっと残念でした。

二日酔いもなく今朝は意外と元気。疲れも確かにありましたが、むしろ心地よい疲労感。飲酒もある意味スポーツですね。スポーツ飲酒。

こまごました出来事もあったのですが、大概忘れました。でもきっと忘れた方が良いのでしょう。

今夜もガス菅の工事があるみたいです。今、作業車がアパートの真下に止まってます。

雨の中ご苦労さん。工事、特急で終わらせてね!5分以内くらい。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : アスラクライン タユタマ ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/06/15 22:10 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「タユタマ-Kiss On My Deity-」第9話

<硝子の向こう>

今週は冒頭から入浴シーン!さすが18禁ゲー原作アニメ、遂に発禁モード全開か!?

と思ったら、まだまだ妄想の域でした。その妄想の中で、ノーブラ・ノーパン(下半身は未確認だが俺の脳内で補完した)でライダースーツを着た創聖学院女子学部の美冬さんがセクシー過ぐる!

キワドイところまでジッパーを下し、裕理しゃんに身を任す・・・。恥らう表情がまたよし!

まあストーリー的に今週は中休みと言った感があり、ちょっとした伏線を臭わせただけで、みんなでカラオケ行ったり東京タワーへと骨休みな回でしたかね。

にしても、4話から登場の鵺(ぬえ)さまがレギュラーになってよかったなぁ。1話のましろちゃんが早々とその幼児性を喪失してしまったのを補完するかのように、現在の幼児担当は、我らが鵺さまが期待を一身に背負っております。

っつーか、鵺さまがいっちゃんメンコイ!

やっぱり、やばい趣味に走りそうだ(笑)




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : タユタマ

2009/06/02 22:01 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「タユタマ-Kiss On My Deity-」第4話

<乙女の悩み>

フローレス女子寮に“鵺(ぬえ)と呼ばれるタユタマが出現。ましろちゃんの神通力によって女装・・・、いえ、あくまで女の子となって寮に潜入したユウリしゃんの活躍によって無事に退治。

観念したヌエの正体は、なんといたいけな幼女!現代の多種多様な「パンツ」を穿いてみたかったと言うのが、女子寮を襲った理由。そんな泣きべそをかいている幼女があまりにカワイく・・・。おっと、あぶねぇ!

怪物の触手に陵辱されるましろちゃんとか、物凄くセクシーな食い込み系パンツを穿こうとする幼女など、さすが18禁ゲームが元ネタだけのことはあります。お約束の連続ですが期待はしちゃいますよね、やっぱ(笑)

にしても、作画がなぁ(苦笑)。「動かさないための演出」が随所で見られるような?

まだ4話目ですよ。大丈夫なのかなぁ。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : タユタマ

2009/04/29 23:05 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「タユタマ-Kiss On My Deity-」第1話

<太転依(たゆたい)>

Lump of SugarによるPC用ゲームソフト。09年1月より「月刊コンプエース」で漫画版が連載開始。

ふーん。キャラの画風は「ご愁傷さま二ノ宮くん」、世界観は「我が家のお稲荷さま。」に近いか。いわゆる「神事系」ですけど、ヒロインのマシロちゃんは獣耳ですしね(なんの動物かは特定できないが)。

ってか最初、出現したてのマシロちゃんは幼児で、そして舌足らずなところがスゲェ可愛いくて、もうちょっとでやばい萌えに走りそうになりました(笑)。一晩寝たら成長して女子高生くらいになったんですけど。

まあこれで完全体になったみたいですが、でももうちょっと幼児でいるスパンを取って欲しかったな。惜しいことをした(だから危ないって笑)

全く未知数なのですが、暖かく見守って行きたい!

〈番組HP〉
タユタマ-Kiss On My Deity-

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/4

タグ : タユタマ

2009/04/09 20:12 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking