「シャングリ・ラ」最終回

<理想郷土>

いよいよ最終回を迎えたシャングリ・ラ!

美邦と國子の出生の秘密を皮切りに色んな謎が解決されたり、世界の陰謀が暴かれたり、様々な人の想いが一気に噴出してそれが浄化される感じになったり。

あまりにたくさんのことが一度に展開して、お腹いっぱいで終了。

好きなエピソードはやはり、ミーコと美邦の優しさに満ちた別れの場面だったでしょうか。この2人の間に流れる愛情は全編を通して秀逸だったと思います。

詰め込んだなぁ!と言った印象の最終回でしたが、最後は國子の笑顔でもって爽やかに終わった感じ。


<総評>
あんまし感想書いてませんでしたが、全編押さえてましたよ(笑)

そんなわけで、終盤は伏線回収に終始したと言うか、話が飛躍し過ぎて少々消化不良気味でした。私の理解力が追いつかなかったのか。駆け足で畳み込まれて凄かったね。

当初はハードなSF、もしくは環境崩壊後に訪れた「炭素経済」を軸に据えたシミュレーションSFかと思っていたのですが、途中からはもはや陰陽師的な妖術入り混じった伝奇的なファンタジーと言った様相を呈して来ました。

それが良かったのか悪かったのかなんとも言えない部分ですが、なんかブレたなぁと言った印象もなくはない。期待値が高かったために、視聴する側としてハードルを高く求めてしまったと言うこともあったかも知れないっす。

キャラ的には美邦さまがとにかく可愛かった!幼女なんですけど、舌足らずな公家言葉で毎度キュン!って(笑)彼女の純粋さがまた良いのですね。

そしてニューハーフではなく、古典的正統派の「オカマ」ちゃん2人、そう!モモコさんとミーコが最高でした。なんでもシモネタに持って行くモモコさんのエロさといい、どう見ても普通の「オッサン」にしか思えないミーコのがっかり感(笑)

でもこれが良いんだな。正に「新宿二丁目」を地で行く味のあるキャラ。「やっぱオカマはこうでなくちゃ!」と座布団10枚くらいあげたい。

そして秋葉系おっちゃんトリオも忘れてはならない!オタク第一世代が爺さんになったらこんな感じじゃね?を地で行く、とても痛々しい感じが大爆笑を誘ってくれました(笑)夜中に何度悶絶したことか!

ベストの放送回は、國子が「東京大空襲」をやったときでしょうかね。それ以降は、失速したとは言いませんが、先の通り、情報過多でオーバーフロー気味でした。ちょっと残念な感じだったかな。嫌いではなかったのですけど、もっとカタルシスがあったならと。

まあ、それでもなかなかの力作だったと思います。原作を読んでいるとまた印象が違うかも知れないので、機会があったら(気力があったら)小説にも手を出してみたい。もとよりSF好きですから(笑)



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : シャングリ・ラ

2009/09/14 21:50 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「シャングリ・ラ」第1話

<少女帰還>

なんと池上永一原作によるSF超大作「シャングリ・ラ」がアニメ化!要するに、行き過ぎた環境保護対策により難民が大量発生。未曾有の格差社会となった未来の東京で、反政府組織「メタル・エイジ」が立ち上がる。

その総帥たるのが、ヒロインの女子高生(だよね?)の北条國子。

全体的な世界観としては、退廃と楽園が交差するJ・Gバラード的なディザスターな地上で、大友克洋による「AKIRA」的な活劇が繰り広げられる感じっすか!?これ凄いかもです!

アニメでしか成し得ない破天荒さが愉快痛快。実に力のこもった作画。そして当代の人気者から、往年の実力者までを兼ね備えた豪華なキャスト陣!これでハズレが許されるのだろうか!?と言った大盤振る舞い。

基本的にSF者なワタクシですが原作は未読(日本文学には疎くてスマソ!)。まだまだ未知数の作品ですが、映像を見る限りでは寄せる期待大!楽しみですね。

〈番組HP〉
シャングリ・ラ

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/4

タグ : シャングリ・ラ

2009/04/09 20:20 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking