「アスラクライン」最終回

<呪われた罪人の烙印>

アスラクラインを操る加賀篝(かがかがり)によって、修学旅行中の洛芦和(らくろわ)高校の生徒が飛行機ごと人質に取られてしまう。イグナイターとの引き換えを要求する加賀篝の前に、智春がひとり向かう。

と、一人で乗り込んで行く予定だった智春くんですが、彼と一心同体である射影体の操緒ちゃんはともかく、途中で嵩月ちゃんが合流。最終決戦の場には、第三と第二の生徒会長である、それぞれ橘高会長と倉澤会長が到着。更には朱浬さまと真日和くんまで参戦すると言うオールスターキャスト。

なんとかかんとか加賀篝を追っ払うことが出来た彼らですが、飛行機は今しも墜落の一途を辿っている。智春くんは鐵(くろがね)を発動し飛行機の降下を抑え、佐伯第一生徒会長は彼のアスラマキーナである翡翠を使って氷の滑走路を出現させました。壮大です。

無事に飛行機は無事に着陸したものの、翡翠の原動力となっていた佐伯第一生徒会長の射影体であるアイネたんは力を使い果たし・・・。うわぁ、なんて悲しいラストなんだ!

アイネたんの最期。慟哭のエンディングでした。


<総評>
最終回までかけて徐々に役者が揃って来、物語は正にこれから!と言ったわけで、早速第二期が発表されております。

パラレルワールド的な魔法ファンタジーにロボットアクションを絡めたSF色もあるジャンルミックス・アニメでした。緻密な作品設定に少しばかり付いて置いてけぼりを喰らい、把握しきれてない部分もあったのですが、安定した作風で最後までなかなかに楽しませてもらいました。

キャラ自体の魅力があったし、キャスティングも良かったのでしょうね。女の子たちなどみんな可愛らしくて素敵でした(笑)

原作などを読めばまた一段と作品に対する理解が深まるのでしょう、当たり前ですけど。課題図書が多すぎて読みきれてないラノベ(ってかほとんど手ぇ付けてないですけど)。アニメと言う形で三雲岳斗の作品に触れられたのが貴重であったと。



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : アスラクライン

2009/07/02 22:59 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

タユ。アスラ。ティアラと

昨日は飲みすぎ。

でもペース的にはさほど無理がなかったみたい。午後中いっぱいをかけてウィスキーのボトルを半分くらい空けました。普通だよね?

酔いが回り、夜は興奮して寝付けず、久しぶりに深夜アニメをリアルタイムで見ようとテレビを点けたのが、午前1時過ぎ。

するとあるはずのない映像が飛び込んで来ましたけど。

「あれ?こんな時間にアスラクラインなんてやってるはずないんだけど」

そう言えば、先週「タユタマ」の予告で「来週はお休みじゃ!」とカワイイ鵺(ぬえ)さまがおっしゃっていました。

そうか。つまりは千葉県市長決定の特番があって番組編成が変わり・・・、なんですとぉ!?

デッキを見ると、やはり予約録画が作動していない。ってか、普段この時間はアニメやってないから当然予約してるはずもなし。

偶然テレビ点けてよかった。危うくアスラクラインを一週飛ばしちゃうところでした。

これは本編も保存してないし、ただラストのエンドカードだけはコレクトしているので、最後予告が終わった辺りから録画ボタンを押しました。よかった、無事撮れた。

でも本編はパーティにお呼ばれしなどして、まったり回でした。見逃してもストーリー的には差し支えなかったか。

その後、流れで次のティアーズ・トゥ・ティアラも視聴。

今週もオクタヴィアさんフィーチャー。帝国兵士リディアさんと因縁の対決でした。

こちらのリディアさん、物語ラストまで絡んでネチっこく狂い咲いてくれるのかと思ったら、案外掘り下げられることなくあっけなく討死。

アクの強いキャラがいなくなってちょっと残念でした。

二日酔いもなく今朝は意外と元気。疲れも確かにありましたが、むしろ心地よい疲労感。飲酒もある意味スポーツですね。スポーツ飲酒。

こまごました出来事もあったのですが、大概忘れました。でもきっと忘れた方が良いのでしょう。

今夜もガス菅の工事があるみたいです。今、作業車がアパートの真下に止まってます。

雨の中ご苦労さん。工事、特急で終わらせてね!5分以内くらい。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : アスラクライン タユタマ ティアーズ・トゥ・ティアラ

2009/06/15 22:10 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「アスラクライン」第3話

<科学の光が落とす影>

生徒会長である佐伯に捕えられた嵩月ちゃんを救出すべく、アスラ・マキーナの入ったトランクを掲げて乗り込んだ夏目くんです。

佐伯の操る翡翠と言う筐体も登場し、ついに本格的なロボット対決が実現しました。迫力はなかなかのものでしたけど、展開詰め込みすぎて半分くらい理解できませんでした(笑)原作読んでないとキツイのかなぁ。

って、それよりも!時折挟まれる嵩月ちゃんの萌えショットは一体なんなんでしょう!?一応ストーリーに沿ってはいるのですが、画のタッチが違ってて凄く唐突な感じ。まあでも、「囚われの少女」っぽい雰囲気が全開で、ある意味嬉しいサービスショットとなっていたわけですが(笑)



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : アスラクライン

2009/04/21 22:49 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「アスラクライン」第1話

<機巧魔神-アスラ・マキーナ>

気鋭の越境作家、三雲岳斗原作によるアクション・ファンタジー。

とりあえずのところ、様々なディテール、そしてキャラを説明もなしに総出した、「始めに手の内をぶちまけた」回でありましたね。

基本はどうやら学園ラヴコメのようですが(?)、終盤で示唆された映像から判断すると、これよりロボットアニメへと移行する予定なんですかね?でもファーストインプレッションとしては悪くなかったです。

意外とほのぼのまったりと進行するのかなぁ。キャストも随分可愛いどころを揃えてますね(笑)。Angelaの歌うOP&EDもアニソンらしくてとても良い曲です。さてどこまで魅せてくれるか。

〈番組HP〉
アスラクライン

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

NEWアニメ2009/4

タグ : アスラクライン

2009/04/09 20:18 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking