「そらのおとしもの」第13話 最終回

【空の女王(オトシモノ)】

トモキくん宅ではクリスマスの準備が進行中。

しかしニンフちゃんの身に危険が迫っていることを察したイカロスたんは、マスターに別れを告げ、彼女の元へと飛び立って行く。

シナプスからガンマとハーティの二人の刺客が送り込まれて、ニンフちゃんを甘言で釣り、イカロスたんをおびき寄せる企てが進行していたのでした。

遂に避けられない対決が勃発し、イカロスたんは自分が「兵器」であることをトモキくんに知られるところとなってしまったわけですが、トモキくんはとっくにそのことを知り、そして受け入れていたのですね。

トモキくん、意外や人間としての器がでかかった(笑)そして友達を救うために、イカロスたんに戦闘の開始を命令するのです。

復活したイカロスたんの強いこと!ウラヌス・システムが全面発動し、壮大すぎる戦略システムに驚愕!イカロスたんの最強伝説がここに樹立いたしましたw

最終回のEDは「そばにいられるだけで」。エンジェロイドとして生まれたイカロスたんが「マスターといられるだけで幸せ」と、そんな気持ちをそのまま代弁しているかのような曲ですね。
(※後記:1話目のEDでもありオリジナルの曲でしたねw)

雪降るクリスマス。

舞い降りてくるのは恐怖の大王の力を秘めた、だけどスイカをなでるのが大好きな心優しい天使なのでした!


【総評】

掛け値なしで今期一番のアニメでした!

今更何を語ることもないのですが、普段は印象に残った週にしかアニメの感想を書かない私が、「そらおと」に関しては毎週欠かさず綴っておりました。いつの間にかね!w

この事実がどれだけ「そらおと」が好きだったかの全てを物語っていたと思います。

イカロスたんと違って、えげつないマスターに従っているニンフちゃんが不憫で不憫で・・・。

そう。その「カワイそう」と思う気持ちが、このアニメには通じていたのかも知れない。

それは最終回でトモキくんが「お前が兵器だって言うのがカワイそうでさ」と言ったセリフに表れていたとも。

いいじゃないか。同情的でセンチメンタルなだけだとしても!(笑)

自己完結した感情の中にこそ、「萌え」ってあるもんじゃないか?なんてw

まあこのアニメはトモキくんのハーレムであって、彼の妄想が実現して行く世界であったと捉えることが出来るかもw

懐メロ特集となった、毎週替わるエンディングにもとっても楽しませてもらいましたにょ。

「そらのおとしもの」は本当にカワイらしい落とし物でした!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

タグ : そらのおとしもの

2009/12/31 19:35 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「そらのおとしもの」第12話

【逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)】

エンジェロイドであるイカロスたんは笑ったことがない。「人間らしくある」ためにはそれじゃいけない!と、笑い方をマスターしようとするのですが・・・、と言う回。

後半はニンフちゃんの案で、3人でデートをすることになったのですが、ニンフちゃんが言った言葉尻を間違え、イカロスたんが動物園で大暴れ。動物の檻を片っ端から破壊して、トモキくんが猛獣に襲われてしまう。

服がボロボロに噛み千切られ、いつの間にやら全裸になっているトモキくん。なんでそこまで?

彼って、基本「酒飲むと脱ぎたくなるヤツ」属性だよねw

ところが最後に明らかになる。「デートをしよう」と言ったニンフちゃん、これって実は彼女にとっての「最期の」思い出作りだったのです!

そっと2人の下を去るニンフちゃん。彼女のマスターによって首輪に仕掛けられていたのは時限爆破装置。どうやらそのタイムリミットが近づいているようで・・・。

突然であまりに切ない別れがあって、そこでエンディングテーマが流れ始める。

その歌が「赤い花 白い花」って・・・。シーンにマッチしていることもあって、悲しすぎる!

このところずっとニンフちゃんターンですよね。昨今の作品の中でも、本当に健気でいとおしいキャラと思います。




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/12/23 21:32 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

「そらのおとしもの」第11話

【いざ征かん!我が銭湯領域(パラダイス)】

今週のそらおとは、どうしてもみんなで銭湯へ行きたい(行って女湯のぞきたい)トモキくんが、守形先輩をそそのかして先輩が調査用に所有していたイカロスたんのカードを使い女の子になって、堂々女湯に潜入する大作戦が敢行されました。

このカードは量子変換機になっていて、物理的に女の子になれるのですね。

「女子になったらこんなことしてみたい!」トモキくんのそんな妄想が爆発。トモ子と名のり、先ずは転校生になって学校へ侵入。

遅刻しそうになってトースト咥えたまま家を飛び出て、通勤路で同級生に激突。転んだ拍子にパンツ見られちゃう定番を実行。

そうなんだよね。確かに自分が女の子になったら、本来は同姓である男子にサービスしたくなるのが人情ってもんで・・・ふがっ!(自重

家庭科の時間、エプロンがないトモ子は「まだ転校したてだからこれしか持ってないんですぅ」と言って、ネコ耳メイド(しっぽ付き)しかもパンツ半分見えている姿で登場・・・。

・・・って、そんなカッコで出てくるかぁ!?いやでもたしかにそんなカッコで出て来たいよねぇ、わかる。わかるなぁそのきも血ィィィイ!?・・・ふがっふががっ!!(自重×2

確かにカワイイんだが、アピールする「層」が間違っている(笑)

そんなこんなで女湯に見事潜入できたトモ子ですが、欲望に打ち勝てずに覚醒。「人でないもの」へとメタモルフォーゼし、最後は半殺しの憂き目にあったとさ。とまあ、お約束の展開。

いやぁしかし道徳的にはとんでもなくヒドイ回でした(笑)放送もギリだったよね、正直www

しかし収穫も少なくなく、トモ子のなりふりを見て「あれがトモキの『かわいい』と感じるツボなのか?」と、2次元的なしぐさを真似て「にゃんにゃん」とかやるニンフちゃんが抜群にかわいかったなぁ。

今週のエンディングはアリスの「チャンピオン」、トモキとトモ子のディエットになってました。谷村&堀内によるねちっこい歌い回しが再現されていればもっと良かったなぁw




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/12/15 22:50 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「そらのおとしもの」第10話

【天使の旋律(ストーリー)の向かう先】

今週は文化祭。しかし田舎で生徒数の少ない空見町では、隣りの私立高校と合同で開催されるのです。

金持ちのボンボンに貧乏人呼ばわりされて憤慨する新大陸発見部(今まで当ブログで説明してませんでしたが、まあいつものメンバーがいる部活です

私立はフルオーケストラ、かたや新大陸発見部はバンド演奏で迎え撃つ。音楽勝負の行方はいかに!?

バンドの練習風景がやばかった。みんな初心者なわけですが、中でもベースを弾く五月田根会長の動きが地球外生命体のようで恐かったw

ニンフちゃんはキーボードが上手なんすね。

私立の資産家たちが買収した町民と、五月田根会長(組の娘なのだ)の根回しでグルになった町民が川を二分して応援合戦。

関が原か川中島か?いくら戦国ブームだからってそんなw

本番では冒頭でトモキくんが暴走。「チクチク・B・チック」と言う変態的な自作曲を披露。途中でドラムのそはらちゃんに止められてましたが、ホントはフルコーラス聴いてみたかったw

ホントのヴォーカルはイカロスたんが担当。正に天使の歌声。透き通るメロディで清々しさを覚える楽曲でした。やっぱ早見ちゃんの声、好きだなぁ。

イカロスたん、「マスターLOVE!」の想いがさらに進行。

ニンフちゃんの健気さにサディスティックな欲望を喚起させられる!?いやいや、守ってあげたくなるかわいさがあります。

そしてエンディングは、来生たかお「僕等のダイアリー」。渋いって言うか、歌詞がスゴイよね。

キュートな歌声の五月田根会長と、ダンディな低音が魅力の守形先輩とのデュエットでした!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/12/07 22:13 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「そらのおとしもの」第9話

【嘘から始まる妄想劇場(ストーリー)】

今週はOPがなく、いつもと赴きを変えてスタート。

シナプスにいるマスターのところへ戻ったニンフちゃん。マスターが何やら良からぬことを思いついたらしく、ニンフちゃんの首輪に何やらいかがわしいアイテムを追加して、彼女を地上へと送り返したのでした。

戻って来たニンフちゃんを「いなくなるときは一声掛けろよな!」と心配していたトモキくん。そのやさしさにニンフちゃん頬を赤らめる。

ここへ来てツンデレ全開です。かわいいよニンフかわいっ

一方で、かくかくしかじかあって「人間らしくあらねば!」と思い込んだイカロスたんは、「嘘を付く」ことが人間らしいと勘違い。

「そはらさんは可愛くない」とか「マスターとは一緒にいたくない」とか、「生徒会長はいい人です(ん?)」とか反対のことを言ってしまうのでした。

トモキくんの幼少期が少し明らかにされ、自分の浅はかな行動が友達を遠ざけてしまった過去があったのです。だから友達を失うことを極度に恐れる彼だったと。

そんなマスターを不憫に思ったのかイカロスたん、ななな、なんとトモキくんにキッス!それもちゃんと口にですよ、お口にブッチュですよ!

自我に目覚めたイカロスたんは、その可愛さを倍増させてます。ヤバイ・・・!

全編通してから見直すと、イカロスたんに「マスターと一緒にいたくない」と言われたときのトモキくんのショックが良く伝わってくる。

是非一度リピートして観ることをオススメします。心に「ズキっ!」とキますよ。

エンディングは「初恋」(@村下孝蔵)。この内容でこの歌、今週はハマリでした(笑)



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/12/01 23:05 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「そらのおとしもの」第8話

【血斗(まつり)は誰がために】

右手に銃。棺おけを引き摺りながら登場した謎のガンマン。

「荒野の用心棒」っすか!?

実は祭りの射的屋。しかしそこには大量の銃はあれど的がない。

男の正体は、五月田根会長が祭りのイベントとして呼んだ「プロの夜店屋」。町民にコルク銃を貸し出し、優勝賞金1000万円を掛けたサバイバルの開始となりました!(なんちゅー

さてその一方で、イカロスたんをシナプスへ連れ帰ろうとしているニンフちゃんが、かつての自分が何者であったのか思い出させようと、ハッキングによってイカロスたんのプロテクトされている回路の一部を解除・・・。

・・・解除したところ!なんと全てのプロテクトが解け、イカロスたんが殺人兵器としての機能を完全復旧させてしまったのでした。

しかし現在のところのマスターであるトモキくんへの忠誠は保たれているようで、威嚇し、ニンフちゃんを退却させただけで、今回はその場を収めるに留めました。

危うく暴走するかと思ったので、一先ず何よりでした。

でぇ、賞金の行方は?

最後まで生き残っていたのは、そはらちゃんとトモキくん。

実は貸し出した銃の中には「本物」も混じっていて(!)、そはらちゃんが握っていたのが正にビンゴだったと(笑)

そうとは知らずトモキくんに狙いを定めたそはらちゃんが引き金を引くと、そこへイカロスたんが割って入り、正に身を盾にしてマスターをお守りしたと言う次第。

でもそんな危険なことはもうするな!と、トモキくんから愛あるお叱りを受けたわけで。

するとなんと、マスターの優しさに涙し、トモキくんの背中に顔を埋めて泣き崩れるイカロスたん!

ハッキングされたとき、同時に「感情」のプロテクトも解除されていたことになるんですよねぇ。

「感情」を表に出すことができるようになったイカロスたん。これはもう、本格的なラヴロマンスへと一気に雪崩れ込む展開でしょうか。

人間味に溢れたイカロスたんが、たまらなく愛しく見えます。

でぇ、今週のエンディングテーマはぁ・・・。

「ワイルドセブンwww(!)」

さすがにネタが分からないので調べました。

週間少年キングに連載されていた警察ドラマだそうで。劇画タッチのEDアニメも楽しかった。

今週は全体的にウェスタンな雰囲気が満載で、いろんなところからネタを引っ張って来ている風ですが、古いのばかりなのでさすがに分かるものではありません。

もしかしたら、特に「日活西部劇」の色合いが濃厚だったのかも知れません?いや、わかんないっすよw

個人的には赤木圭一郎が主演した「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」(1960)辺りを思い出しました。

すんません。昔たまたま見ただけの映画を引き合いに出しちゃいけませんねw

日活ウェスタンについては詳しくもなんでもありません。でも見るとおもしろいんだな、これがw


なるほどね。画もオリジナルのパロディだんだぁ(→ワイルド7

タランティーノ辺りに捧げるオマージュ回でもあった、とか?

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/11/23 22:31 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「そらのおとしもの」第7話

【電脳少女(トキメキ)の転校生】

今週はイカロスたんとニンフちゃんの2人が、トモキくんの通う学校へと転入してきたと言うお話。

こう言う展開になると大方、大騒動が巻き起こり・・・。って感じになるのでしょうけど、それほど大きな事件は起きず。

しかしどうやら「タイプα」を監視する目的で送りこまれて来た様子のニンフちゃんが、当のイカロスたんと四六時中を共にすることで「何か」を発見した模様。

「シナプス」よとばれる世界(パラレルワールドか?)で、かつてイカロスたんは何かをしでかしていたようで。

ニンフちゃんがイカロスたんを「スキャン」した結果、彼女の機能には色んな箇所に制御が掛けられていたと言う。

予想されるのは、過去に大戦争があり、そこでイカロスたんが恐怖の大王のごとく世界を蹂躙した!なんて展開でしょうか。

さて今週のEDは、多くの方にも耳に馴染みあるメロディ「ふり向くな君は美しい」でしたw

今までのEDに比べると選曲にひねりがない!とか思いそうが、なんのなんの。夕日をバックに下校風景を描いたアニメーションが素晴らしかった!

作詞は阿久悠。これぞトリビュートの精神。感涙っす!

最後に、第二話のEDテロップが違っていたとのお知らせがあり、「岬めぐり」の正しい作詞・作曲者を表記し、お詫びと訂正を入れておりました。

深夜アニメを見ているような人種で、いちいち気にする人なんていないかと思われるところですが、そこら辺にまでこだわるあたり、律儀で丁寧な仕事をするなぁ!と感嘆致しました。

そんなわけで「ガンガレそはらたん!」とエールを送り、今週はお別れするとしましょう。




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/11/16 22:42 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「そらのおとしもの」第6話

【水着軍団(ミナギワ)GO!GO!GO!】

朝目が覚めたら、天使がひとり増えていた!

トモキくんを指して「そこの虫」呼ばわりするそのロリっ子は、自らをイカロスたん(タイプα)の後継機だと名のる、ニンフと言う名の新たなるエンジェロイドだったのです。

これまでも意味深なカットで少しだけ登場してましたね。

今週は福引で当った懸賞でもって、みんな揃って海へお出掛け。

ビーチバレーで胸揺らすそはらちゃんにドキっとしたり、ナマコで遊ぶイカロスたんだったり、何故か開催されていた大食いに出場し優勝をかっさらう守形先輩だったりが展開。

いやぁ、青春ですなぁ。

ボートで沖へ流されたそはらちゃんを助けに、トモキくんを担いで天使の羽でひとっ飛びしてくれたニンフさん。どうやら悪い人でなさそう?

ところがその夜に事件が!

ひきこもごもあったわけですが、マスターであるトモキくんを守るためイカロスたんが覚醒しかける。

これは一体どうゆうこと?そしてそうなるよう仕組んだ形となったニンフさんの目的とは?

先週の「獄門湯」の件に絡んでくる不穏な雰囲気が。近々、新展開が待ち受ける予兆でありましょうか。

そんでもって今週のエンディングは、「何を言う!しょう油!早見優!」と言うわけで、村上ジョージのギャグではありませんが、「夏色のナンシー」で彩ってくれました。

なんか意外な方向へ行ったな。と言う印象。

こう言ったアイドルソングもありでしたか。

これがありなら、荻野目ちゃんの「湾岸太陽族」が聞きたいなぁとか思ったりして(笑)

特に有名な「六本木純情派」でも「ダンシング・ヒーロー」でもなくて、あえてこの辺りがいいんですよね。

他には「さよならの果実たち」なんてのもありだなぁ。「夏色のナンシー」と時代で合わせるなら、「未来航海」や「さよならから始まる物語」も。

さっきヨウツベで検索してたら、あまりの懐かしさに思わずのけぞっちゃったっ

おっと、いつの間にかリクエスト大会になってたw

ちなみに私の「ショートヘア好き」と言う設定は、荻野目ちゃんをルーツとしています。「レコード」なら何枚も持っとります。

やっぱりこの頃のアイドルは今とは一味ちがいますな。優タソ、カワユスカワユs!



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/11/09 23:41 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

「そらのおとしもの」第5話

【任侠(セレブ)と初夜(アツイヨル)】

先週、パンツ爆弾により家が破壊されてしまったトモキくん。ひょんなことから生徒会長の五月田根さんのお宅にお邪魔することに。

しかしそこは地元を仕切る「組」の家柄。座敷には親分が鎮座し、その周りをおっかねぇ子分たちが取り巻いていると言う。

手厚いもてなしを受けたトモキくん。食事を済ましお風呂へ向かった彼でしたが、こともあろうに一族しか入湯を許されない「獄門湯」へ入ってしまったからさあ大変!

組の掟により殺されそうになるも、生徒会長の計らいで組が所有する無人島へと非難。

しかしそこで待ち受けていたのは、夜な夜な恐ろしい怪物の声が咆哮し、待てど暮らせど助けが来ない過酷なサバイバルだった!

とまあ、そんな感じでひと月の間無人島で過ごしたトモキくんとそはらちゃん。これで夏休みのクールが完了した感じです。なんだよ、それw

それより今週もお楽しみEDですが、なんと今週は「ゆけ!ゆけ!川口浩」

しかも、嘉門先生本人歌唱です!

2009年版ってことになるでしょうか。これは豪華ですねぇ。ある意味、感動っすw


クレジットにちゃんと出てきますよ

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/11/03 22:31 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

「そらのおとしもの」第4話

【愛と三角形地帯ふたたび】

ひ、ひでぇ。先々週に引き続き、パンツネタ引っ張りすぎw

ってか、そのときのパンツが渡り鳥よろしく、トモキくんの部屋へと舞い戻って来たんですけど。

そしてあまりにパンツにご執心なトモキくんをたしなめようと、イカロスたんのカードを使って、そはらちゃんが「ある仕掛け」を施したから、さあ大変!

トモキくんが見たり触れたりしたパンツは全て、「爆弾」になってしまうのでした。

内容は愚にもつかぬほどくだらない。

しかし今回のEDテーマがなんと、町田義人「戦士の休息」なのだから度肝を抜かれた!w

森村誠一原作、高倉健主演による「野生の証明」のテーマソングであります。

渋すぎる。

深夜アニメの予算でそんな使用料とか考えたら採算ベースに乗るんですか!?

どうにも、おかしなことになってますな。




@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ

タグ : そらのおとしもの

2009/10/26 21:49 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
FC2 Blog Ranking