完了したアニメ(2008年4月~6月期)

アニメの記事が混乱して来たので、ここらでいっちょ閲覧用ガイドでも作ろうかと思い立ちました。

「アニメ総合」の方より、最終回を迎えたアニメを切り分けております。各タイトルにリンクを貼りましたので、クリック頂ければ作品ごとに並び替えられた記事が表示されます。

テンプレートの方をあまりごちゃごちゃさせたくなかったので、このような形にしました。ひと手間掛けることとなりますが、多少でも見やすくなればこれ幸いです。

このページはヘッダーとして残しておきますので、その下から記事になりますです(ちょっとだけスクロールして確認してね!)。

では今後ともお楽しみください。

<完了アニメ>
xxxHOLiC◆継
純情ロマンチカ
紅(くれない)
仮面のメイドガイ
図書館戦争
あまつき
ギャグマンガ日和3
ヴァンパイア騎士
PERSONA-trinity soul-

@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : xxxHOLiC◆継 純情ロマンチカ 紅(くれない) 仮面のメイドガイ 図書館戦争 あまつき ギャグマンガ日和3 ヴァンパイア騎士 ペルソナ

2008/08/13 15:09 | 完了アニメCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「あまつき」最終回


狐の化け物と対決。倒した!と言うよりは、救ったと言う感じ。元の狐の姿になった物の怪が可愛かったかも(笑)。動物の描写が上手いですね。

という訳で、このアニメも何気に最後まで見てしまいましたが、あれ?こんな終わり方って、第二期があるフラグじゃないんですか!?

なんかHPとか、ブログ関係見てもそんな記述がないようですね。終盤、神々との戦いが始まる!風な前フリが入ってるんですけど?従ってこれも<総評>とし辛いところがあるのですが・・・。

善悪に対して、東洋的な思想が入っていたのが新鮮なアニメだったわけですが、個人的には朴“王路”美(ぱくろみ)女史演じるところの“朽葉たん”のツンデレに萌えた次第(笑)

“ツン”は分かるけど、決して“デレ”と言う性格じゃないだろ!って言うのは、集英社のジャンプフェアで本人を見た印象から想像して。どう見積もっても、チャキチャキの姉御だもんね(笑)

生き生きとした江戸の描写が魅力的でした。主題歌もドラマチックなメロディで、サビでグッと来るのが良いです。たまに某牛丼チェーン店とかで耳にしますな(笑)



@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : あまつき

2008/07/06 17:43 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「あまつき」第四話


あやかし、物の怪と、次第に次第に「スタンド」系のバトルものになって来ましたかね。舞台が神社だったので、巫女さんがたくさん出てきて萌えた。とか言う見方をしちゃいけない!?(笑)


@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : あまつき

2008/05/01 01:42 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

深夜アニメもろもろ ~クリスタルブレイズに驚愕・狂乱家族日記は。。。?~

「ヴァンパイア騎士」第二話
思いのほか悪くない展開へ(笑)画もキレイだしね。もう少し様子を見ましょうか。

「BLASSREITER」第二話
あともう少しでとてもおもしろくなりそうな要素を持っているのに、そのようにならないのは何故なのか。カーチェスになると途端に全てがCGになる。例えば、怪物は全てCG、人間はどんなときも従来のアニメ。とメリハリをつけた方が良かったのでは?(視聴者の無粋な進言ですけど)無味乾燥なCGで興を削がれる感が無きにしも。

「あまつき」第二話
第一話でも感じたことですが、やはりこの江戸庶民の生き生きとした生活感を描いているところが楽しいですねぇ。朽葉を演じる朴路美嬢の柄にもない(失敬!)、ツンデレぶりが意外と萌える(笑)普段は鬱陶しいほどにハイパーテンションだもんで(失敬再び!)。

「クリスタルブレイズ」
第二話にして初めてチェックしてみましたが、今時なんて古風な画風!言ってみれば「ビッグスピリッツ」みたいな感じ(それを言ったら小学館に悪いか)。アテレコに関しても、今時「ギャグマンガ日和」ですら“プレスコ”と呼ばれ、音声を先に録ってその演技に合わせて画像を制作する手法を取っているのに対し、本作に至っては素人の私が見ても、明らかに画が出来上がった後から声当ててますよね?(まあそれってもちろん普通なんですけど)やたらと画と音声が乖離している気がして、全体的に妙なギクシャク感が漂っています。作風としてはハードボイルドなんですが、キャラのアクションとかギャグセンスが、ふたつもみっつも昔の印象(今時、全速力で走ってきた犬が止まるとき、「キキーッ!」ってやるか!?)。なんか“昭和”ですわ、“昭和!”ある意味おもしろんですけどね(笑)もしかして全てネタとして狙ってるんですかね。しかし主題歌とエンディングテーマは、作品のキッチュさに反してジャジーでかっこいいっす。
http://anime.biglobe.ne.jp/crystal-blaze/

「狂乱家族日記」
この作品の背景には、なんだか千年前の因縁が絡み付いているようですが、基本的にはネコ耳娘やロリータ趣味、または腐女子や不思議動物の数々に、萌えたり突っ込みを入れたりするのが目的の「ネタアニメ」の趣向が強いようです。もしかしたら終盤に超展開を見せて壮大な物語へと発展する可能性が無きにしもですが、やはりどう考えても、オタクが見て「このアニメ、ダメだよなぁwww」と言いつつ、「でも俺、最終回まで見ちゃったよ。俺もなんてダメなヤツなんだ!」と、自分のオタク度を示すバロメータとして存在する作品なのでしょうね。
http://www.kyouran.jp/pc/index.html


@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 狂乱家族日記 クリスタルブレイズ あまつき BLASSREITER ヴァンパイア騎士

2008/04/17 23:22 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

今期スタートの深夜アニメ4

~パート4~

「あまつき」
コミックZERO-SUMにて連載中の漫画原作。補習授業のため、江戸幕末を再現したテーマパークへと訪れた主人公の高校生。彼はそこで突如現れた妖怪に襲われ、江戸幕末に似た異世界「あまつき」へ飛ばされてしまう。わけも分からずトリップした主人公同様、原因や理由などまだ明らかにされない現在、見ているこちらもわけが分からず(笑)この唐突さがP・K・ディック的、と解釈したら都合良過ぎか(笑)それはともかく、江戸の生活が生き生きと描かれているところが意外な魅力に繋がっているかも。“キャラ萌え”の大量生産商用アニメと切り捨ててはもったいない気がする。
http://amatsuki.com/web/index.html

「RD潜脳調査室」
士郎正宗原作の電脳SF。最初に断っておきますが、私は「攻殻機動隊」を未見なので、本作との共通項を見出すことはかないません。しかしさすがは士郎正宗、SF者にとっての楽しいディテールが満載。セキュリティが強化された新たなネットワークシステム、通称「メタル」の中で自由を謳歌する人類。しかしその電脳空間に溺れた人々の意識が、やがて現実との間に摩擦を生み、世界に異変を起こし始める。その原因究明のため、「電脳ダイバー」と呼ばれるエキスパートがメタルの海へ飛び込むと言うお話。などと言われても、多くの人にとっては「何がなんだか?」って感じでしょうか(笑)ともあれ物語は始まったばかり。かく言う私もよく分かってません(笑)しかし第一話目でかなりおもしろいので、今後もチェックして行くこととしましょう。舞台が「海」であり、その「語る海」とのコミュニケートを計る電脳ダイバーの姿が、どことなくレム原作の「ソラリス」を思わせるものがあると言っておきましょうか。
http://www.ntv.co.jp/RD/

「秘密-トップシークレット-」
月間メロディ連載の漫画原作。近未来、増加する凶悪犯罪における犯人検挙のため、科学警察研究所は「MRI捜査」を導入する。被害者の脳から記憶を呼び起こし、生前に見た映像を再現するのだ。脳から機械的に記憶を掘り起こすため、個人が生前ひた隠しにしていた出来事まで明るみにされる。死者にとってはもはや必要のない事であっても、この世に残された者にとっては知りたくなかった事実に直面することもあるだろう。ミステリ/サスペンス的要素よりは、人間の内面に潜む心理を浮き彫りにするヒューマンドラマ的指向が強い。手法がオーソドックスなので、第一話を見た限りは「普通だなぁ」と言った印象。今後、各話のエピソードが積み重なることによって、ある種の叙事詩的広がりを見せればおもしろいかな、と思います。
http://www.ntv.co.jp/secret/

@ムハンホウちぇっそ@
テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : あまつき RD潜脳調査室 秘密-トップシークレット-

2008/04/10 17:39 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking